Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

腟がん

執筆者:

Pedro T. Ramirez

, MD, The University of Texas MD Anderson Cancer Center;


Gloria Salvo

, MD, MD Anderson Cancer Center

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

腟がんはまれながんで、典型的には60歳以上の女性において、通常は腟の内側を覆っている細胞から発生します。

  • 腟がんでは、異常な性器出血(不正出血)が生じることがあります(特に性交後)。

  • 腟がんの疑いがある場合は、腟から組織サンプルを採取して検査します(生検)。

  • がんは手術により切除するか、放射線療法を行います。

女性生殖器のがんの概要を参照のこと。)

米国では、腟がんが婦人科がん全体に占める割合はわずか1%程度です。腟がんの診断時の平均年齢は60~65歳です。

女性の内性器の位置

女性の内性器の位置

腟がんは、尖圭コンジローマや子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で発生することがあります。ヒトパピローマウイルス感染や、子宮頸がんまたは外陰がんがあると、腟がんの発生リスクが高まります。

腟がんの95%以上が扁平上皮がんで、腟粘膜の表面を構成する、皮膚の細胞に似た平らな細胞から発生するがんです。これ以外の腟がんのほとんどは、腺細胞から発生する腺がんです。まれにみられる種類として明細胞がんがあり、これは流産を予防するため妊娠中にジエチルスチルベステロール(DES)を服用した母親から生まれた女性にできるがんで、これ以外の場合にはまずみられません。(米国では1971年にDESの使用は禁止されています。)

治療しないでいると、腟がんが増殖して周辺組織に浸潤します。やがて血管やリンパ管に入り込んで膀胱、直腸、近くのリンパ節、体の別の部位などに転移することもあります。

症状

腟がんの最も多くみられる症状は異常な性器出血で、性交中や性交後、月経期以外の時期、閉経後などに生じます。腟の粘膜にただれが生じることもあり、そこから出血や感染を起こすこともあります。その他の症状としては、水っぽいおりものがみられたり、性交の際に痛みを感じることがあります。症状がまったく現れない女性もまれにいます。

がんが大きくなり膀胱を圧迫すると、頻繁に尿意を感じたり、排尿痛が起きたりします。進行した患者では、腟と膀胱または直腸との間に瘻孔(ろうこう)と呼ばれる異常な通路ができてしまうことがあります。

診断

  • 生検

腟がんは、その症状、普段の内診で発見された病変、子宮頸部細胞診(パパニコロウ検査)での異常などから疑われます。腟がんが疑われる場合は、双眼の拡大鏡の付いた器具(コルポスコープ)を使って腟を観察することがあります。

診断を確定するには腟壁から組織を採取し、顕微鏡で調べます(生検)。診察で見つかった腫瘍やただれなどの異常な領域は、必ず組織サンプルを採取するようにします。

このほかに、膀胱鏡検査や直腸鏡検査などの内視鏡検査、胸部X線検査、CT検査などを行ってがんが広がっているかどうかを調べることもあります。

腟がんの病期診断

医師はがんの大きさや体内での広がりに基づき、病期を診断します。病期は、I期(早期がん)からIV期(進行がん)に分類されます:

  • I期:がんが腟壁内に限局している。

  • II期:がんが腟壁を越えて近くの組織に広がっているが、骨盤内(内性器、膀胱、および直腸がある部分)にとどまっている。

  • III期:がんが骨盤内全体(膀胱や直腸を除く)に広がっている。

  • IV期:がんが膀胱または直腸に広がっている、または骨盤外に広がっている(例えば、肺や骨)。

予後(経過の見通し)

腟がんの女性の予後はがんの病期によって異なります。

診断と治療から5年後に生存している人の割合(5年生存率)は、以下の通りです。

  • I期:約65~70%

  • II期:47%

  • III期:30%

  • IV期:約15~20%のみ

治療

  • 早期の腟がんでは、手術による腟、子宮、および近くのリンパ節の切除

  • その他の多くの腟がんでは、放射線療法

腟がんの治療も病期によって異なります。

早期の腟がんでは、第1選択の治療法として腟、子宮、および骨盤内リンパ節の切除と腟の上部の切除を行います。

その他のケースではほとんどの場合、放射線療法を行います。通常、放射線療法では、内照射療法(腟内に放射線を放出する機器[小線源]を埋め込む、密封小線源治療と呼ばれる方法)と外照射療法(体外から骨盤部に放射線を照射する方法)を併用します。

瘻孔ができている場合は、放射線療法を行うことができません。このような場合には、一部またはすべての骨盤内の臓器を切除します(この手術を骨盤除臓術と呼びます)。対象となる臓器には、生殖器(腟、子宮、卵管、および卵巣)、膀胱、尿道、直腸、および肛門が含まれます。どの臓器を切除するかや、すべてを切除するかどうかは、がんの位置、患者の解剖学的構造、手術後の目標など、多くの要因によって異なります。尿(人工膀胱造設術)と便(人工肛門造設術— 人工肛門造設術について理解する)を排出するため、腹部に固定した開口部を作り、そこを通して排泄物を体外に出し、バッグに貯められるようにします。この手術の後には、通常はいくらかの出血、分泌物、強い圧痛や痛みが数日続きます。一般的な入院期間は3~5日です。感染症、切開部の傷が開く、腸閉塞、瘻孔(臓器と臓器の間に異常な通路ができること)などの合併症が起こる可能性があります。

腟がんの治療後には、性交が困難ないし不可能になることがあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP