Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

子宮体がん

(子宮内膜がん、子宮体がん)

執筆者:

Pedro T. Ramirez

, MD, The University of Texas MD Anderson Cancer Center;


Gloria Salvo

, MD, MD Anderson Cancer Center

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

子宮体がんは、子宮の内側を覆っている子宮内膜という組織から発生するため、子宮内膜がんとも呼ばれています。

  • 子宮内膜がんは通常は閉経後に発生します。

  • ときに異常な性器出血(不正出血)を引き起こします。

  • 診断には、子宮内膜から採取した組織サンプルを検査します(生検)。

  • 通常は子宮、卵巣、卵管およびときに近くのリンパ節を切除します。手術後には放射線療法を行うことが多いですが、化学療法を行うこともあります。

女性生殖器のがんの概要を参照のこと。)

子宮のがんのほとんどは子宮内膜に発生するため、正確には子宮内膜がんと呼ばれます。米国では婦人科がんで最も多く、女性で4番目に多いがんとなっていて、35人に1人の割合で起こります。このがんは通常、閉経後に生じ、50~60歳の女性に最も多くみられます。子宮内膜がんの90%以上は50歳以上の女性に発生します。

子宮内膜がんの80%以上は、腺細胞から発生する腺がんです。子宮の結合組織から発生するがんは肉腫と呼ばれ、子宮体がん全体に占める割合は5%未満ですが、より速く進行する傾向があります。

子宮内膜腺がんには以下の2種類があります。

  • I型のがんは、より多くみられ、エストロゲンに反応し、進行はそれほど速くありません。このがんは若年または肥満の女性や、閉経期(最後の月経の直前の数年間および閉経後の1年間)の女性に発生する傾向にあります。

  • II型のがんは進行が速く、高齢女性に生じる傾向があります。子宮内膜がんの約10%がII型です。

原因

子宮内膜がんは、食事での脂肪の摂取量が多い先進国でよくみられます。

子宮内膜がんの最も重要な危険因子には以下のものがあります。

  • 50歳以上

  • エストロゲンの血中濃度が高まっても プロゲステロンの血中濃度は高まらない状態

  • 肥満

  • 糖尿病

子宮内膜がんのその他の危険因子には以下のものがあります。

  • 家系内に乳がんまたは卵巣がん、ときに結腸がんまたは子宮内膜がんになった人がいる

  • 骨盤部の放射線療法を受けたことがある

  • 5年以上のタモキシフェン使用

  • 高血圧がある

エストロゲンの血中濃度が高まっても プロゲステロンの血中濃度は高まらない状態には、以下があります。

  • 早い時期に初潮を迎えたか、52歳以降に閉経を迎えた場合、あるいは両方に該当する

  • 卵子の放出(排卵)に関連する月経異常がある(通常は出血過多、月経期以外の少量の性器出血、月経と月経の間が長いなどの症状)

  • 子どもがいない

  • エストロゲンを分泌する腫瘍がある

  • プロゲスチン(ホルモンの プロゲステロンに類似した合成薬)を併用しない エストロゲン療法などにより、 エストロゲンを含有する薬剤を閉経後に服用している

エストロゲンは組織の成長を促し、子宮内膜細胞の分裂を速くする作用があります。 プロゲステロンには、こうした エストロゲンの作用を抑制する働きがあります。 エストロゲンの濃度は月経周期の一時期に高くなるため、生涯に経験する月経の回数が多い人ほど子宮内膜がんのリスクが高くなる可能性があります。乳がんの治療に使用されるタモキシフェンは、乳房では エストロゲンの働きを阻害しますが、子宮では エストロゲンと同じ働きをします。したがって、タモキシフェンを使用することにより、子宮内膜がんのリスクが高くなる可能性があります。 エストロゲンとプロゲスチンを含有する経口避妊薬の使用は、子宮内膜がんのリスクを低下させるとみられています。

子宮内膜がんの約5%で、遺伝が関与しています。遺伝が関与する症例の約半数は、リンチ症候群と呼ばれる遺伝性の結腸がん(遺伝性非ポリポーシス大腸がん)がある女性、またはこの病気がある近親者がいる女性に生じます。

症状

子宮内膜がんの最も一般的な初期症状は、異常な性器出血です。異常出血には以下の種類があります。

  • 閉経後の出血

  • 月経期以外の出血

  • 月経周期が不規則になったり、月経の出血量が多い、あるいは正常よりも月経の期間が長い

閉経後に性器出血がある人の3人に1人は子宮内膜がんが原因です。閉経後に性器出血があった場合は、速やかに医師の診察を受ける必要があります。少量の血が混じった水っぽいおりものがみられる場合もあります。閉経後の女性では数週間から数カ月間、おりものが続き、その後に性器出血が生じる場合もあります。

診断

  • 生検

  • ときに子宮鏡検査と併せて行う頸管拡張・内膜掻爬

典型的な症状がみられる場合や、通常の診察時の子宮頸部細胞診の結果に異常がみられる場合に、子宮内膜がんが疑われます。がんの疑いがあれば外来で子宮内膜の組織サンプルを採取し(子宮内膜生検)、分析のために検査室に送ります。子宮内膜生検は90%以上の確率で子宮内膜がんを正確に検出できます。

それでも診断を確定できない場合には、子宮内膜からこすり取った組織を調べます(頸管拡張・内膜掻爬とも呼ばれます)。同時に通常は、内視鏡(柔軟性のある観察用の細い管状の機器)を腟と子宮頸部から子宮内に挿入し、子宮内部を観察します(子宮鏡検査)。超音波装置を腟から子宮内に挿入して異常を調べる方法(経腟超音波検査)もあります。ただし、診断を下すためにはやはり生検が必要です。

子宮内膜がんと診断された場合は、以下のいくつか、またはすべての検査を行います。

  • 血液検査

  • 腎機能検査および肝機能検査(血液または尿のサンプルを使用)

  • 胸部X線

  • 心電図検査

身体診察や他の検査の結果、がんが子宮外に広がっていると考えられる場合は、CT(コンピュータ断層撮影)検査を行います。これ以外の検査が必要になる場合もあります。

子宮内膜がんの病期診断

検査の結果と、がんを切除する手術の際に得られた情報に基づいて、がんの病期を診断します。

病期分類は、がんの大きさや体内での広がりに基づきます。病期は、I期(早期がん)からIV期(進行がん)に分類されます:

  • I期:がんが子宮体部(子宮の上部)のみに限局している(子宮頸部には認められない)

  • II期:がんが子宮頸部まで広がっている

  • III期:がんが近くの組織、腟、またはリンパ節に広がっている。

  • IV期:がんが膀胱または腸管に広がっている、または離れた臓器に転移している

予後(経過の見通し)

予後は子宮内膜がんの病期によって異なります。

診断と治療から5年後に生存している人の割合(5年生存率)は、以下の通りです。

  • I期またはII期:70~95%(多くは治癒に至る)

  • III期またはIV期:10~60%

全体では、女性の63%が治療後5年以上、がんがみられない状態になります。

一般に、以下の場合に予後は比較的良好です。

  • 子宮内膜がんが子宮外に広がっていない場合

  • がんの増殖が比較的遅い場合

  • がんが見つかった時点の年齢が若い場合

予防

子宮内膜がんの発生を予防できる方法はありません。しかし、リスクが高くなると考えられている状態や活動を最小限にしたり、避けたりすることで、子宮内膜がんになるリスクを低減することができます。例えば、肥満および高血圧は子宮内膜がんのリスクを上昇させます。したがって、減量、定期的な運動、健康的な食事が役立つ可能性があります。

治療

  • 子宮、卵管、および卵巣の摘出

  • 近くのリンパ節の切除

  • より進行したがんでは、放射線療法に化学療法を併用または非併用

子宮内膜がんでは、手術による子宮の切除(子宮摘出術)が治療の中心となります。がんが子宮外に広がっていない場合は、子宮摘出と同時に卵管と卵巣を摘出する手術(卵管卵巣摘出術)を行うことにより、ほとんどのケースでがんが完治します。がんが著しく進行していなければ、子宮摘出術により予後が改善します。通常、近くのリンパ節も同時に切除します。摘出した組織は病理医が検査し、がんの進展(広がり)の有無を調べるとともに、進展がある場合にはその範囲を明らかにします。これらの情報から、手術後に他の治療(化学療法、放射線療法、プロゲスチンの投与)が必要かどうかを判断します。

子宮、卵管、および卵巣を切除するために、以下のいずれかの方法が用いられます。

  • 腹部を切開する(開腹手術)

  • 柔軟性のある観察用の細い管状の機器(腹腔鏡)をへそのすぐ下を小さく切開部して挿入し、器具を腹腔鏡に通して、ときにロボットによる支援下で手術を行う(腹腔鏡下手術)

  • 腟から組織を切除する(腟式手術)

子宮摘出術について理解する

子宮摘出術とは、子宮を取り除く手術です。

子宮摘出術に用いられる方法

通常は下腹部を切開して子宮を取り出します(開腹手術)。ときには腟から子宮を取り出す手術もあります(腟式手術)。いずれの方法も全身麻酔で行われ、通常は1~2時間ほどかかります。術後に性器出血や痛みが起こることがあります。入院期間は通常2~3日で、回復には6週間程度かかります。腟から子宮を摘出した場合は、出血量が少なくて回復も早く、目に見える傷が残らないという利点があります。

技術の進歩に伴い、腹腔鏡下手術やロボット支援下腹腔鏡手術によって子宮を摘出できるケースも出てきました。

  • 腹腔鏡下手術:へその近くを小さく切開し、細い器具と小さなビデオカメラを挿入します。カメラから腹部の内部の画像がモニターに送られます。モニターを見ながら外科医が器具を手にもち、組織を切除したり縫い合わせたりします。

  • ロボット支援下腹腔鏡手術:通常の方法で腹腔鏡を挿入します。しかし、外科医ではなく、ロボットのアームが器具を持ちます。外科医はロボットのアームを操作するハンドコントロールを使用します。カメラによって撮影された非常に精細な(解像度の高い)体内の3次元画像が操作台(コンソール)に写し出されます。外科医は操作台に座って、この画像を見ながら手元の装置を操作し、コンピュータが外科医の手の動きを手術器具の動きに正確に変換します。

どちらの腹腔鏡下手術でも、術後の入院は1日で済みます。より大きな切開を伴う開腹手術と比べて、腹腔鏡下手術では通常は痛みや合併症が少なく、日常生活に早く戻ることができます。

子宮摘出術の用途

子宮摘出術は、一部の婦人科がんの治療だけでなく、子宮脱、子宮内膜症、子宮筋腫(症状が重い場合のみ)などの治療としても行われます。結腸がん、直腸がん、膀胱がんの治療の一環として行われることもあります。

子宮摘出術の種類

子宮摘出術にはいくつかの種類があり、どれを行うかは治療する病気によって異なります。

  • 子宮腟上部切断術:子宮の上部のみを摘出し、子宮頸部は残します。卵管と卵巣は一緒に摘出する場合もあれば残す場合もあります。

  • 子宮全摘出術:子宮頸部も含めた子宮全体を摘出します。

  • 広汎子宮全摘出術:子宮全体とともに周囲の組織(腟の上部、靱帯、および通常はリンパ節を含む)も切除します。45歳以上であれば、通常は左右の卵管と卵巣も一緒に摘出します。

子宮摘出術の影響

子宮摘出後には月経が止まりますが、卵巣も一緒に摘出しない限り子宮摘出術によって閉経が起こることはありません。卵巣も一緒に摘出した場合は閉経と同じ状態になるため、ホルモン療法を勧められることがあります。

子宮を摘出すると、うつ状態になったりセックスに興味がなくなるのではないかと心配する女性が多いようです。しかし卵巣も一緒に摘出しない限り、そのような影響が出ることはめったにありません。

非常に進行したがんでは治療法は多岐にわたりますが、通常は手術、放射線療法、化学療法を併用して行い、場合によってはプロゲスチン(ホルモンのプロゲステロンに類似した合成薬)も併用します。

手術の後にがん細胞が検出されずに残っていることがあるため、念のため放射線療法を行う場合があります。がんが子宮頸部または子宮外まで広がっている場合には、通常は術後の放射線療法が推奨されます。がんが子宮頸部、卵巣、またはリンパ節に広がっている場合、手術と放射線療法の併用により、経過の見通しが良くなります。

がんが離れた臓器に広がっている場合や再発した場合には、放射線療法の代わりに化学療法薬(カルボプラチン、シスプラチン、ドキソルビシン、パクリタキセルなど)を投与するか、あるいは化学療法薬の投与と放射線療法を併せて行うことがあります。化学療法薬を投与すると、半数以上の患者でがんの縮小や転移の抑制といった効果がみられます。しかし、これらの薬剤は毒性があり、多くの副作用を引き起こします。

プロゲスチンを使用することもあります。プロゲスチンの毒性は化学療法薬よりもはるかに低いとされています。

子宮肉腫(より進行の速いタイプの子宮内膜がん)の治療は、子宮摘出術に加え、卵管と卵巣も摘出します(卵管卵巣摘出術)。手術が不可能な場合、放射線療法または化学療法を行います。

子宮を摘出した後にホットフラッシュ(ほてり)や腟の乾燥などの更年期症状が気になる場合は、 エストロゲンやプロゲスチンなどのホルモン剤を単独投与するか併用投与することで、症状を緩和できます。この治療は安全で、がんが再発するリスクが高まることもありません。

妊娠と子宮内膜がん

広汎子宮全摘出術、化学療法、または放射線療法による治療により、妊娠したり、満期まで妊娠を継続したりすることが通常、不可能になります。しかし、生殖補助医療が進歩し、これらの治療後に子どもを産むことができる可能性が出てきました。出産が可能となることが自分にとって重要であれば、患者は主治医に相談し、これらの治療のリスクおよび必要性や、治療後に妊娠して子どもをもてる可能性について、できるだけ多くの情報を得るべきです。

子宮内膜がんがごく早期である場合には、ときに妊よう性を温存する治療が可能なことがあります。磁気共鳴画像(MRI)検査を行って腫瘍が広がっているかどうかを調べ、不妊治療の専門医に相談します。

妊よう性を温存する治療には、以下のものがあります。

  • プロゲスチン(ホルモンの プロゲステロンに類似した合成薬)の使用(腫瘍が縮小する可能性がある)

  • レボノルゲストレル(プロゲスチンの一種)を放出する子宮内避妊器具(IUD)の使用

  • まれに、妊よう性温存手術(保存的手術)

妊よう性温存手術では、腫瘍とその周囲および下部の組織のみを切除します。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP