Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

誘発性腟前庭痛 (腟前庭炎)

執筆者:

Rosemary Basson

, MD, University of British Columbia and Vancouver Hospital

最終査読/改訂年月 2013年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

誘発性腟前庭痛(腟前庭炎)とは、腟の開口部(前庭)の痛みに対する感受性が高くなった状態で、やさしい接触や刺激でも痛みを感じます。

誘発性腟前庭痛は、性交を試みようとしたときや、性交の最中に腟口付近に感じる痛み(性交痛— 性交痛)の最も一般的な原因です。陰茎(または性具)が腟内に挿入されたときや、腟内で動いているときに起こります。痛みはすぐに始まり、陰茎の動きが止まると和らぎ、陰茎が再度動くと痛みが戻ってきます。

原因はよく分かっていませんが、外陰部からの痛みのシグナルを伝達する神経経路と、そのシグナルを処理する脳の一部が物理的に変化して(リモデリング)、感受性が高くなると考えられています。その結果、正常であれば軽いと感じられるはずの接触を、強い痛みとして感じるようになります。骨盤筋が緊張していると痛みが増すこともあります。性交後、性器周辺に灼熱感が生じたり、性交後の排尿中に灼熱感を感じる場合もあります。

再発を繰り返す性器の真菌感染症(カンジダ感染症)があると、誘発性腟前庭痛が発症しやすくなったり、悪化することがあります。

誘発性腟前庭痛は慢性疼痛症候群の1つと考えられています。つまり、治療で緩和されない限り痛みは持続し、何年も続くこともあります。腟口周辺に圧力がかかると必ず痛みが生じます。この病気の女性には顎痛や過敏性腸症候群など他のタイプの慢性痛もみられることがあります。

診断

医師は、いつ、どの部位に痛みを感じるのかなど痛みに関する患者の説明に基づいて、この病気を疑います。診断の確定のため、綿棒を用いて痛みのある部位を調べます。まず、痛まないはずの部位に綿棒で軽く触れます。次に腟口の周辺を綿棒で触れ、そこで痛みが生じれば診断が確定します。

治療

この病気は慢性疼痛症候群の1つと考えられていることから、様々な治療法が用いられます。ストレスを管理する方法や、痛みに伴う思考や感情への対処を助ける精神療法、痛みに対する具体的な治療などがあります。

マインドフルネス認知療法(MBCT— 治療)と呼ばれる精神療法の一種が有益になる場合もあります。マインドフルネスでは、その瞬間に起こっていることだけに集中します。MBCTは通常、少人数のグループで行い、慢性痛、セクシュアリティ、ストレス、誘発性腟前庭痛などについての情報提供も合わせて行います。

女性にセックスを試みる準備が整ったら、抗炎症薬のクリームまたは麻酔薬のクリーム(リドカインを含油するものなど)を腟口の周辺に塗布してもよいでしょう。これらは1日2回使用します。医師は、こういったクリームを最も効果がみられる敏感な部位に、正しく塗布する方法を女性に指導します。少なくとも最初のうちは、鏡を使うと役立ちます。抗炎症薬または麻酔薬のクリーム剤は、変化を起こして痛みに対する感受性が高まった神経経路を遮断するのに役立ちます。

石けん、入浴剤、パンティライナー、きついジーンズなど、刺激物となる可能性のあるものを避けると、症状を悪化させうる刺激の予防に役に立ちます。骨盤筋を弛緩させる練習、ヨガ、全身のリラクゼーションが骨盤筋(および他の筋肉)をリラックスさせるのに役立ちます。

誘発性腟前庭痛の女性に再発を繰り返す性器の真菌感染症がある場合、予防のための長期治療を行うことがあります。このような治療の1つに、ホウ酸カプセルの週1回の腟内投与があります。

腟口周辺の一部分を手術で切除することもときには勧められます。この処置は過敏な神経終末を取り除くものですが、神経が再度成長して痛みが戻ることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP