Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

持続性性喚起症候群

執筆者:

Rosemary Basson

, MD, University of British Columbia and Vancouver Hospital

最終査読/改訂年月 2013年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

持続性性喚起症候群は、性行為への欲望がなく起こる過度の肉体的興奮(性器興奮)で、性器への血流の増加および腟液の分泌増加を伴います。

この病気の原因は解明されていません。しかし、症状がまた起こることへの不安や心配により、病気が持続する可能性があります。骨盤筋の緊張が原因の一部である可能性があります。

性行為を望んでおらず、精神的または感情的(主観的)に興奮していないにもかかわらず、通常は性的刺激によって誘発される身体的変化が起こります。性器周辺への血流の増加により陰核(男性の陰茎に相当する部)と腟壁が膨らみます(この過程を充血と呼びます)。血流の増加により腟液の分泌が増加します(潤滑剤としての役目を果たします)。性器周辺にチクチク感や拍動感を感じることもあります。こういった感覚は数時間から数日持続します。多くの患者はこのような変化を煩わしく感じ、症状について悩み、恥ずかしく感じます。

初めはオルガスム(自己刺激によるものを含む)によって一時的に緩和しますが、徐々に効果がなくなり、満足感もなくなってくるため、現実的な解決法ではなくなります。

治療

治療法は分かっていません。バイオフィードバック法( バイオフィードバック法)を用いた骨盤筋を弛緩させる練習が役立つことがあり、特にマインドフルネス認知療法(MBCT— 治療)と組み合わせて行うと効果が高まります。マインドフルネスではその瞬間に起こっていることだけに集中します。MBCTはマインドフルネスと認知行動療法を組み合わせたものです。

この病気の存在を単純に認識し、自然に軽快しうると安心させることが、一部の女性に役立つことがあります。病気に関する情報と支援や、精神療法や薬剤を含めた不安に対する具体的な治療も役に立つでしょう。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP