Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

乳房の線維嚢胞性変化

執筆者:

Mary Ann Kosir

, MD, Wayne State University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

乳房の線維嚢胞性変化(以前は乳腺線維嚢胞症と呼ばれていた)には、乳房の痛み、嚢胞、良性のしこりなどがあります。

乳房の病気の概要も参照のこと。)

ほとんどの女性の乳房に多少のしこりがあり、特にわきの下近くの乳房の外側上部によくみられます。多くの女性に、このようなしこりや乳房の痛み乳腺嚢胞がみられ(これらの症状が同時に現れることもある)、これは線維嚢胞性変化と呼ばれています。

女性ホルモンの エストロゲン プロゲステロンの濃度は通常、月経周期とともに変動します。女性ホルモンの血中濃度が上昇すると、乳腺や乳管が拡張して体液を保持するようになり、ホルモンの濃度が低下すると元に戻ります。(月経周期の特定の時期に乳房が張ったり敏感になったりするのも、ホルモンの血中濃度の変動で部分的に説明できます。)このようなホルモンによる刺激が繰り返されることによって、線維嚢胞性変化が起こることがあります。

エストロゲンへの曝露を長くする可能性のある以下の場合に、線維嚢胞性変化のリスクが上昇します。

  • 早い初潮年齢

  • 30歳以降に第一子を出産

  • 出産経験なし

乳房の感染症など、他の乳房の病気で線維嚢胞性変化が生じることがあります。

しこりのある部分が大きくなって、重い感じや不快感、圧痛、灼熱痛を感じることがあります。症状は閉経後に軽減する傾向があります。

線維嚢胞性変化は乳がんのリスクを上昇させることはありません。

診断

  • 生検

一般的に、がんの可能性を否定するため、異常にみえたり他の部位と異なるように見える部分の組織サンプルを採取し、顕微鏡で検査します(生検)。サンプルは針で採取することもありますが、手術で切除しなければならない場合もあります。

線維嚢胞性変化があるとマンモグラフィーで乳房の密度が高くみえ、乳がんの発見が困難になる可能性があります。

治療

  • ときにしこりの切除

  • ときに症状を軽減する薬剤

しこりが1つのみの場合や、1つのしこりが他のしこりと違ってみえる場合は、そのしこりを切除します。

線維嚢胞性変化に対する特別な治療法はなく、また治療の必要もありませんが、以下のように症状を和らげる手段がいくつかあります。

  • スポーツ用ブラジャーなどの柔らかいサポートブラジャーを着用する

  • アセトアミノフェンなど痛み止めを使用する

嚢胞の内容物を吸引することもありますが、再発する可能性があります。

症状がひどければ、ダナゾール(合成男性ホルモン)やタモキシフェン( エストロゲンの作用を妨げる)などの薬剤が処方されます。これらの薬剤は長期間使うと副作用が出るおそれがあるため、通常は短期間に限って使用されます。タモキシフェンはダナゾールより副作用が少ない薬剤です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP