Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

前立腺膿瘍

執筆者:

Gerald L. Andriole

, MD, Barnes-Jewish Hospital, Washington University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

前立腺膿瘍(のうよう)は、急性細菌性前立腺炎の結果として発生した膿が前立腺に蓄積した状態です。

  • 前立腺膿瘍は細菌によって引き起こされます。

  • よくみられる症状としては、頻尿、排尿時の痛み、排尿困難、尿閉などがあります。

  • 前立腺膿瘍を疑わせる症状がある男性には、診断を確定するために、超音波検査やときに膀胱鏡検査が行われます。

  • 抗菌薬療法と膿瘍からの膿の排出(ドレナージ)が選択すべき治療法です。

症状

よくみられる症状には以下のものがあります。

  • 頻尿

  • 排尿時の痛み

  • 尿閉

上記以外の比較的まれな症状としては、陰嚢(いんのう)と肛門の間の部分の痛み、精巣上体炎(精巣上体[精子が入っているコイル状の管]の炎症)による陰嚢の痛み、血尿、尿道からの膿の排出などがあります。ときに発熱もみられます。

直腸診(医師が行います)は痛みを伴うことがあります。通常は前立腺が大きくなっています。

診断

  • 前立腺超音波検査

  • ときに膀胱鏡検査

陰嚢と肛門の間の部分(会陰部)に長く続く痛みがある男性では、医師はしばしば前立腺膿瘍を疑います。治療にもかかわらず尿路感染症が持続したり再発したりする場合にも、この病気が疑われます。これらの症状がみられる男性は、前立腺超音波検査と状況に応じて膀胱鏡検査を受けるべきです。

しかし、多くの膿瘍は前立腺の手術や尿路の内視鏡検査(膀胱鏡検査)の際に偶然発見されます。前立腺膿瘍の男性では尿中に膿と細菌が認められるのが一般的ですが、人によっては膿も細菌も認められない場合があります。

治療

  • 抗菌薬

  • 膿の排出

治療としては、抗菌薬(例えば、トリメトプリム-スルファメトキサゾール)の投与と膿瘍から膿を排出させる処置(ドレナージ)を行います。膿を排出させるには、2つの方法があります。1つは、医師が尿道内に器具を挿入してから、膿瘍に孔を開けて膿を排出させる方法です。もう1つの方法では、医師が陰嚢と肛門の間の部分(会陰部)に中空の針を刺して、その針を通して膿を吸い出します(穿刺吸引)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP