Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

角膜実質炎

(実質性角膜炎)

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 10月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

角膜実質炎とは、角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)の中間層に炎症が起こる重篤な眼の病気です。通常は眼の感染症にかかったことがある人に発生します。

  • 症状として、片方または両方の眼に流涙(りゅうるい)、痛み、かすみ目、明るい光への過敏などがみられます。

  • 診断は、医師の評価と他の病気を除外するための血液検査によって下されます。

  • 原因となる感染症の治療を行います。

眼の内部の構造

眼の内部の構造

角膜実質炎は米国ではまれです。ほとんどのケースが、先天梅毒 梅毒 あらゆる年齢の人がかかる可能性のある感染症のなかには、胎児や新生児に発生すると特に問題になるものがあります。(ジカウイルス感染症も参照のこと。) カンジダ症は酵母または真菌の一種であるカンジダ菌 Candidaによる感染です。 カンジダ Candidaという真菌による感染症は、分娩中または出生後に発生する可能性があります。 カンジダ Candida菌が原因で口の中に白い点や斑点ができます(鵞口瘡[がこうそう])。鵞口瘡はときに痛みを引き... さらに読む 梅毒 の合併症として小児または青年に発生します。角膜実質炎のその他の原因として、コーガン症候群 コーガン症候群 コーガン症候群は、眼のまれな自己免疫疾患で、角膜に影響を与えることがあります。 眼の痛み、視力低下、明るい光への過敏、眼の発赤が一般的な症状です。 診断は、医師の評価と他の病気を除外するための血液検査によって下されます。 治療はコルチコステロイド点眼薬とコルチコステロイドの錠剤によって行います。 (角膜の病気に関する序も参照のこと。) さらに読む ライム病 ライム病 ライム病の原因はライム病ボレリア Borrelia burgdorferiという細菌で、通常はシカダニを介して人に感染します。 ほとんどの人は、ライム病がみられる山間地域での野外活動中に感染します。 通常は、大きな赤い斑点が咬まれた場所に現れ、ゆっくりと大きくなります。周囲にいくつか赤い輪ができることがよくあります。 ライム病を治療しないと、発熱、筋肉痛、関節の腫れが生じ、最終的には脳や神経の機能不全に関連する症状が起こります。... さらに読む ライム病 エプスタイン-バーウイルス 伝染性単核球症 エプスタイン-バーウイルスは、伝染性単核球症をはじめ、いくつかの病気を引き起こします。 このウイルスはキスを介して広がります。 症状は様々ですが、最も多いのは極度の疲労感、発熱、のどの痛み、リンパ節の腫れです。 血液検査を行って診断を確定します。 アセトアミノフェンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)は発熱と痛みを和らげます。 さらに読む 伝染性単核球症 後天性梅毒 梅毒 梅毒は、梅毒トレポネーマ Treponema pallidumという細菌によって引き起こされる性感染症です。 梅毒の症状は、見かけ上は健康な時期をはさんで、3段階で生じます。 まず患部に痛みのない潰瘍が現れ、第2期では、発疹、発熱、疲労感、頭痛、食欲減退がみられます。 治療しないでいると、第3期には、大動脈、脳、脊髄、その他の臓器が侵されることがあります。 医師は通常、患者に梅毒があることを確認するために2種類の血液検査を行います。 さらに読む 梅毒 単純ヘルペス 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症では、皮膚、口、唇(口唇ヘルペス)、眼、性器に、液体で満たされた、痛みのある小さな水疱が繰り返し発生します。 非常に感染力の強いウイルス感染症であり、潰瘍に直接触れたり、ときには潰瘍がない場合でも患部に触れることで感染します。 ヘルペスウイルスは口の中や性器に水疱や潰瘍を引き起こし、最初の感染時には、発熱と全身のだるさが生じることがよくあります。... さらに読む 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 水痘帯状疱疹ウイルス 帯状疱疹 帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、水痘を引き起こす水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化することで生じるウイルス感染症です。 ウイルスが再活性化する原因は分からないことが多いのですが、病気や薬によって免疫機能が低下したときに起こる場合があります。 帯状疱疹では痛みを伴う水疱の発疹が現れ、患部に慢性痛が生じることもあります。 典型的な水疱が皮膚に帯状に現れると、帯状疱疹の診断が下されます。... さらに読む 帯状疱疹 結核 結核 結核は、空気感染する細菌である結核菌 Mycobacterium tuberculosisによって引き起こされる、感染力の強い慢性感染症です。通常は肺が侵されます。 結核に感染するのは、主に活動性結核の患者によって汚染された空気を吸い込んだ場合です。 最もよくみられる症状はせきですが、発熱や寝汗、体重減少、体調不良を感じることもあります。... さらに読む 結核 などがあります。

症状

角膜実質炎は片眼にのみ現れることもあれば、両眼に現れることもあります。流涙(りゅうるい)、眼のうずき、かすみ目、明るい光への過敏といった症状がみられます。梅毒による角膜実質炎では、角膜が白濁し、永久に視力障害が残ることがあります。

診断

  • 眼の診察

  • 血液検査

医師は、梅毒などの感染症の既往のある人に角膜の病変がみられる場合、角膜実質炎を疑います。角膜の観察には、通常は細隙灯(さいげきとう)顕微鏡(拡大鏡下に眼を診察できる器具)が用いられます。

治療

  • コルチコステロイドの点眼薬

角膜実質炎は原因となる感染症の治療によって治ることがあります。ときに、角膜の炎症を抑えるためにコルチコステロイドの点眼薬が処方されます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP