Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

角膜実質炎

(実質性角膜炎)

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

角膜実質炎とは、角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)の中間層に炎症が起こる重篤な眼の病気です。通常は眼の感染症にかかったことがある人に発生します。

  • 症状として、片方または両方の眼に流涙(りゅうるい)、痛み、かすみ目、明るい光への過敏などがみられます。

  • 診断は、医師の評価と他の病気を除外するための血液検査によって下されます。

  • 原因となる感染症の治療を行います。

角膜の病気に関する序も参照のこと。)

眼の内部の構造

眼の内部の構造

角膜実質炎は米国ではまれです。ほとんどのケースが、先天梅毒の合併症として小児または青年に発生します。角膜実質炎のその他の原因として、コーガン症候群ライム病エプスタイン-バーウイルス後天性梅毒単純ヘルペス水痘帯状疱疹ウイルス結核などがあります。

症状

角膜実質炎は片眼にのみ現れることもあれば、両眼に現れることもあります。流涙(りゅうるい)、眼のうずき、かすみ目、明るい光への過敏といった症状がみられます。梅毒による角膜実質炎では、角膜が白濁し、永久に視力障害が残ることがあります。

診断

  • 眼の診察

  • 血液検査

医師は、梅毒などの感染症の既往のある人に角膜の病変がみられる場合、角膜実質炎を疑います。角膜の観察には、通常は細隙灯(さいげきとう)顕微鏡(拡大鏡下に眼を診察できる器具)が用いられます。

梅毒、ライム病、エプスタイン-バーウイルスに対する血液検査も行われます。角膜実質炎があり、血液検査の結果が正常な患者ではコーガン症候群について評価する必要があります。

治療

  • コルチコステロイドの点眼薬

角膜実質炎は原因となる感染症の治療によって治ることがあります。ときに、角膜の炎症を抑えるためにコルチコステロイドの点眼薬が処方されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP