Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

網膜剥離

執筆者:

Sonia Mehta

, MD, Vitreoretinal Diseases and Surgery Service, Wills Eye Hospital, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

網膜剥離(はくり)とは、網膜(眼の奥にある光を感じる透明な構造物)が、その下に付着している層から剥がれてしまうことをいいます。

  • 飛蚊症(ひぶんしょう)の症状が突然増える、突然チカチカする光が見える、カーテンまたはベールのようなものに視界が遮られる、または突然の視力障害などの症状が現れます。

  • 医師は検眼鏡で眼を観察することにより診断を下します。

  • 剥離が起こってすぐに修復すれば、ほとんどの網膜剥離は完治し、視力は改善します。

網膜剥離は小さな領域から始まることもあり、この場合は通常、網膜裂孔(裂ける、またはまれではあるが穴が空く)が原因です。この小さな部分をすぐに元に戻さずにおくと、網膜全体が剥がれてしまうおそれがあります。 網膜剥離の原因となる網膜裂孔は、以下のようなものがある人またはあった人に発生しやすい傾向があります:

  • 高度の近視(近眼)

  • 網膜格子状変性(網膜が薄くなるまたは瘢痕[はんこん]が形成される一般的な病気で、通常は網膜の縁[周辺部]に沿って変性が生じます)

  • 網膜剥離の家族歴

網膜が剥がれると、剥がれた部分は血液を供給する部分から分離します。血液が供給されないため、剥がれた網膜を元に戻さない限り永久的なダメージを受ける可能性があります。

ときに、裂孔以外の原因で網膜剥離が生じることがあります。網膜に損傷を与える病気の合併症(糖尿病による糖尿病網膜症など)が原因で網膜剥離が起こることもあります。あるいは損傷を受けた血管からにじみ出た液体または血液が、網膜とその下の組織の間にたまり、網膜が剥離することもあります。

症状

網膜剥離は痛みを伴いません。通常、視界の中で動くように見える物体(飛蚊症)が増えたり、1秒未満の閃光(光視症)が何回も見えたり、かすみ目を生じたりします。典型的には、最初に周辺部の視野が失われ、網膜剥離が進行するにつれて視力障害の範囲が広がっていきます。この視力障害により、視野が薄暗くなったり、カーテンまたはベールのようなものが降りて視界を遮るように見えたりします。

眼の奥付近でゼリー状の硝子体(しょうしたい)液の中に出血がみられることもあります(硝子体出血)。黄斑部が剥がれると視力障害が急激に進み、すべてがぼやけて見えるようになります。しかし、なかには最初は症状を引き起こさない網膜剥離もあります。

診断

  • 医師による眼の診察

  • ときに超音波検査

通常、点眼薬で瞳孔を散大させた後に、医師が検眼鏡で網膜を調べると剥離を観察することができます。剥離が見えない場合は、剥離の特定に超音波検査が役立つことがあります。

予後(経過の見通し)

手術は、通常、さらなる視力障害を防ぐことに役立ちます。視力はしばしば改善しますが、以下の場合は例外です。

  • 数日間または数週間、網膜が剥離していた。

  • 出血または瘢痕化が起こった。

  • 黄斑部が剥がれているか、損傷を受けている。

治療

  • 外科的修復

  • 液体の漏れによる剥離で、裂孔がないものに対し、薬の投与

たいていの網膜剥離は修復可能です。 レーザー治療または冷凍凝固(凍結療法)を行い、網膜の裂孔をふさぎます。大きな網膜剥離に対しては、網膜と眼球壁との距離を縮めるため、眼球周囲にシリコンのバンドを巻く強膜バックリングという手術、または水晶体の後ろ、網膜の前にあるゼリー状の硝子体を取り除く硝子体切除手術を行います。網膜を元の位置に固定するために、しばしばガスが使われます。小さな剥離では、レーザー手術によって網膜がさらに剥離するのを防ぐことができるほか、凍結療法とガスの注入(気体網膜復位術)によって剥離を元に戻すことができます。

網膜に影響を与える病気(糖尿病など)による剥離は、硝子体切除によって治療できます。

液体の漏れによって起こり、網膜裂孔を伴わない剥離に対しては、コルチコステロイドまたは免疫系を抑制する薬(メトトレキサートやアザチオプリンなどの免疫抑制薬)を経口投与することにより治療することがあります。一定濃度のコルチコステロイドを徐々に放出する製剤を眼内に埋め込むこともあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP