Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

網膜中心静脈閉塞症と網膜静脈分枝閉塞症

(網膜静脈閉塞症、静脈分枝閉塞症)

執筆者:

Sonia Mehta

, MD, Vitreoretinal Diseases and Surgery Service, Wills Eye Hospital, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

網膜(眼の奥にある光を感じる透明な構造物)の静脈が閉塞すると、痛みを伴わない突然の視力障害が発生します。

  • 典型的には、医師が検眼鏡で眼の診察をして診断を下しますが、診断のための検査が行われることもあります。

  • 治療により、しばしば視力が回復します。

網膜中心静脈は、網膜から血液を排出する主要な静脈です。閉塞は、中心静脈に起こることもあれば、その分枝に起こることもあります。

網膜中心静脈の閉塞は、主に高齢者に起こります。危険因子には以下のものがあります。

  • 高血圧

  • 緑内障

  • 糖尿病

  • 血液粘稠度(濃さ)の上昇

また、閉塞の原因が不明な場合もあります。

症状

網膜中心静脈が閉塞すると、痛みを伴わない重度の視力障害が発生します。視力障害は通常、突然起こりますが、数日から数週間かけて徐々に進行する場合もあります。

網膜中心静脈が閉塞すると、網膜または虹彩に異常血管が増殖することもあります。ときにはこれらの異常血管が出血したり、痛みを伴うタイプの緑内障(新生血管緑内障と呼ばれます)を引き起こしたりします。

診断

  • 医師による眼の診察

  • フルオレセイン蛍光眼底造影

  • 光干渉断層撮影

  • ときにその他の検査

検眼鏡で、血管および網膜の変化を見ることができます。 網膜中心静脈が閉塞すると、静脈は怒張し(拡大したように見え)、網膜全体に散らばる出血斑が見え、視神経の前方が腫れます。

フルオレセイン蛍光眼底造影は、網膜の損傷の範囲を決定し、治療計画を立てるのに役立ちます。この検査では、蛍光色素を腕の静脈から注射して網膜の写真を撮影します。この色素によって網膜の血管がより鮮明に写し出されます。光干渉断層撮影(画像検査の一種)は、網膜の腫れ(よくみられます)を見つけるのに役立つことがあります。

いったん網膜静脈閉塞症の診断がつけば、多くの場合医師は検査を行い、さらなる閉塞が発生するリスクを高める病気がないかを調べます。行われる検査は疑われる病気に応じて変わりますが、例えば(血糖値またはヘモグロビンA1Cの濃度を測定することで)糖尿病、(眼圧を測定することで)緑内障、(血圧を測定することで)高血圧、血液が異常に濃くなる病気(過粘稠度[かねんちゅうど]症候群と呼ばれます)などがないかを調べます。

予後(経過の見通し)

どの程度視力が保たれるかは、主に次の2つの要因に依存します。

  • 閉塞が網膜中心静脈に起こったのか、その分枝に起こったのか

  • 閉塞が起こった時点での見え方の鮮明さ(視力)

ほとんどの患者では、ある程度の視力障害が恒久的に残ります。

網膜静脈が閉塞した時点での視力が良ければ(通常は分枝のみが閉塞した場合)、高い確率で良好な視力(ときに正常に近い視力)を保てます。視力が悪ければ(例えば、0.1未満)、80%の患者で視力が悪いままとどまるか、さらに悪化します。網膜中心静脈の閉塞が再発することはまれです。

治療

  • 眼内への薬の注射

  • 異常血管または出血がみられる血管に対するレーザー処置

特定の薬を眼内に注射したり、一定の濃度のコルチコステロイドを徐々に放出する製剤を眼内に注射したりすることがあります。網膜静脈の分枝の閉塞では、漏出している血管に対するレーザー治療が視力の改善に役立つことがあります。治療は視力の回復に役立つこともありますが、一部の患者では、ある程度の視力障害が恒久的に残ります。そのため、高血圧、糖尿病、その他の動脈硬化の危険因子をコントロールして閉塞を予防することが望まれます。

新生血管緑内障を治療もしくは予防するため、または眼内への出血によるさらなる視力障害を予防するため、レーザー治療により異常血管を破壊することがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP