Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

結膜下出血

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

医学的にレビューされた 2019年 12月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典
本ページのリソース

結膜下出血は、 結膜 結膜と強膜の病気の概要 結膜とは、まぶたの裏側から折り返して強膜(眼を覆う白く丈夫な線維の層)を覆い、角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)の縁まで続いている膜です( 眼の構造と機能を参照)。結膜は小さい異物や感染症の原因となる微生物が眼の中に入るのを防ぐとともに、涙液の層を維持して眼を守っています。 最も一般的な結膜の病気は、炎症(結膜炎)です。炎症の原因は、以... さらに読む (まぶたの裏側と眼の前面を覆う膜)の下に少量の血液がたまることです。白眼部分の全体が真っ赤になることもあれば、一部のみが赤くなることもあります。血液は、眼の表面にある細い血管から出たもので、眼の中から出たものではありません。血液は角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)にかかったり眼の内部に入ったりするわけではないため、視力に影響はありません。

通常、結膜下出血は、眼の軽いけが、いきむ、物を持ち上げる、押す、前かがみになるなどのほか、嘔吐(おうと)、くしゃみ、せき、やさしくまたは激しく眼をこするなどの動作によって発生します。まれに、自然に発生することもあります。結膜下出血を見たときは驚くかももしれませんが、ほとんどの場合は無害です。

眼の内部の構造

目めの内部ないぶの構造こうぞう
プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP