Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

結膜下出血

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

結膜下出血は、結膜(まぶたの裏側と眼の前面を覆う膜)の下に少量の血液がたまることです。白眼部分の全体が真っ赤になることもあれば、一部のみが赤くなることもあります。血液は、眼の表面にある細い血管から出たもので、眼の中から出たものではありません。血液は角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)にかかったり眼の内部に入ったりするわけではないため、視力に影響はありません。

通常は、眼の軽いけが、りきむ、物を持ち上げる、押す、前かがみになるなどのほか、嘔吐(おうと)、くしゃみ、せき、やさしくまたは激しく眼をこするなどの動作によって発生します。まれに、自然に発生することもあります。結膜下出血を見たときは驚くかももしれませんが、ほとんどの場合は無害です。

眼の内部の構造

眼の内部の構造

結膜下出血は、自然に(通常2週間以内)に消失します。治療は効果がなく、また治療をする必要もありません。結膜下出血は、しばしば眼の周囲のあざを伴います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP