Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

瞼裂斑と翼状片

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

医学的にレビューされた 2019年 12月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典
本ページのリソース

眼の内部の構造

目めの内部ないぶの構造こうぞう

瞼裂斑は盛り上がった黄白色の増殖物で、角膜(黒目の上の透明な膜)に隣接してできますが、角膜の上に広がることはありません。見た目の問題はあるものの、普通は深刻な症状を引き起こすものではないため、切除する必要はありません。

翼状片は結膜にできる肉質の増殖物で、角膜の上まで広がります。ほとんどの翼状片では特に症状はありませんが、ときには刺激感が生じたり、角膜を変形させたりするため(角膜の変形により視力が低下する可能性があります)、美容上の問題にもなりえます。

翼状片による症状を緩和するために、医師は人工涙液(るいえき)を処方したり、コルチコステロイドの点眼薬または軟膏を短期間処方したりします。それでも症状が軽減しない場合、特に視力に影響があったり何度も再発したりする場合は、翼状片を外科的に切除します。

瞼裂斑と翼状片

瞼裂斑けんれつはんと翼状片よくじょうへん

瞼裂斑(左)は角膜に隣接してできます。翼状片(右)は結膜にできる増殖物で、角膜に隣接して発生し、角膜の上まで広がります。翼状片は視力に影響を与えることがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP