Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

皮膚糸状菌症(白癬、たむし)の概要

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

皮膚糸状菌症は、数種類の真菌によって引き起こされる皮膚および爪の真菌感染症で、感染部位によって分類されています。皮膚糸状菌による感染症は、たむしや白癬と呼ばれることもあります。

  • 皮膚糸状菌症の症状は、発疹、鱗屑(りんせつ)、かゆみなどです。

  • 診断では通常、患部を診察するとともに、皮膚または爪のサンプルを顕微鏡で観察するほか、ときに培養検査を行います。

  • 抗真菌薬を患部に直接塗ったり、内服したりすることで、通常は治癒します。

皮膚真菌感染症の概要も参照のこと。)

皮膚糸状菌による感染症は、たむしや白癬と呼ばれることもあります。この病気は「たむし」と呼ばれていますが、虫とはまったく関係ありません。この感染症ではリング状の皮疹が現れます。

知っていますか?

  • たむし(皮膚糸状菌症)は、真菌によって引き起こされる病気であり、虫とはまったく関係ありません。

皮膚糸状菌は、タンパク質の一種であるケラチンを栄養として必要とする糸状菌(真菌の一種)です。ケラチンは人間の皮膚の外層を構成する成分で、同時に毛や爪の主な材料でもあります。皮膚糸状菌は、生きのびるために皮膚、毛、爪を養分とする必要があります(爪の感染症は爪白癬または爪真菌症と呼ばれます)。

感染は以下を始めとして、ほぼすべての部位の皮膚に起きます。

体のある部位に起きた糸状菌感染症 が、感染していない他の部位の皮膚に発疹を生じさせることがあります(白癬疹を参照)。

人間の皮膚糸状菌感染症は、エピデルモフィトン属 Epidermophyton、ミクロスポルム属 Microsporum、白癬菌属 Trichophytonの真菌によって引き起こされます。これらの微生物は、人の体に住み着いていて、感染症を引き起こさない場合もあります。感染症(たむしや白癬)を引き起こす場合は、しばしば患部の血流が悪かったり、免疫系が抑制されたりしている(例えば、糖尿病がんHIV感染症のため)ことが原因です。カンジダ症とは異なり、これらの真菌感染症は内臓や血流中に広がることはありません。

症状

皮膚糸状菌感染症の症状は感染した部位によって様々です。大半では、炎症はほとんどないかまったくなく、感染部位に鱗屑を伴って軽いかゆみがみられ、境界がわずかに盛り上がります。このような皮疹が断続的に出現と消失を繰り返します。ときには、炎症が重度になり、液体が詰まった大小の皮疹が突然現れたり(通常は足)、頭皮に炎症を伴う腫れた斑が生じ、ときにそこから膿がにじみ出たりすることもあります(禿瘡)。

診断

  • 医師による皮膚の診察

  • 擦過物の検査

  • ときに擦過物の培養

多くの場合、白癬感染症は外観から特定することができます。

白癬の診断を確定するには、皮膚の擦過物を採取して、顕微鏡で調べます。頭皮または爪の感染がある場合のみ、擦過物の培養を行います(検査室で微生物を増殖させて種類を特定する検査)。真菌の種類を特定することが、最適な治療法を選択するのに役立ちます。

治療

  • 抗真菌薬の外用薬または内服薬

  • ときにコルチコステロイド

白癬の治療法は部位によって異なりますが、常に抗真菌薬の患部への塗布(外用)または内服を行います。(表「皮膚に塗って使用する主な抗真菌薬(外用薬)」も参照のこと。)

かゆみや炎症を緩和するためにコルチコステロイドを使用する場合があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP