Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

皮膚糸状菌症(白癬、たむし)の概要

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth Geisel School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 2月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典

皮膚糸状菌症は、数種類の真菌によって引き起こされる皮膚および爪の真菌感染症で、感染部位によって分類されています。皮膚糸状菌による感染症は、たむしや白癬と呼ばれることもあります。

  • 皮膚糸状菌症の症状は、発疹、鱗屑(りんせつ)、かゆみなどです。

  • 診断では通常、患部を診察するとともに、皮膚または爪のサンプルを顕微鏡で観察するほか、ときに培養検査を行います。

  • 抗真菌薬を患部に直接塗ったり、内服したりすることで、通常は治癒します。

皮膚糸状菌による感染症は、たむしや白癬と呼ばれることもあります。この病気は「たむし」と呼ばれていますが、虫とはまったく関係ありません。この感染症ではリング状の皮疹が現れます。

知っていますか?

  • たむし(皮膚糸状菌症)は、真菌によって引き起こされる病気であり、虫とはまったく関係ありません。

感染は以下を始めとして、ほぼすべての部位の皮膚に起きます。

人間の皮膚糸状菌感染症は、エピデルモフィトン属 Epidermophyton、ミクロスポルム属 Microsporum、白癬菌属 Trichophytonの真菌によって引き起こされます。これらの微生物は、人の体に住み着いていて、感染症を引き起こさない場合もあります。感染症(たむしや白癬)を引き起こす場合は、しばしば患部の血流が悪かったり、免疫系が抑制されたりしている(例えば、 糖尿病 糖尿病 糖尿病は、体がインスリンを十分に産生しないかインスリンに正常に反応しないため、血中の糖分の濃度(血糖値)が異常に高くなる病気です。 排尿が増加し、のどが渇くほか、減量しようとしていなくても体重が減少することがあります。 神経を損傷し、知覚に問題が生じます。 血管を損傷し、心臓発作、脳卒中、慢性腎臓病、視力障害のリスクが高まります。... さらに読む がん がんの概要 がんは、細胞が異常に増殖する病気です(通常は1つの異常な細胞から発生します)。がん細胞は正常な制御メカニズムを失っているため、増殖を続けたり、周辺の組織に侵入したり、体の離れた部位に移動したり、がん細胞が栄養を獲得できるように新しい血管の成長を促したりすることができます。悪性(がん)細胞は全身のあらゆる組織から発生する可能性があります。... さらに読む HIV感染症 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症とは、ある種の白血球を次第に破壊し、後天性免疫不全症候群(エイズ)を引き起こすことのあるウイルス感染症です。 HIVは、ウイルスやウイルスに感染した細胞を含む体液(血液、精液、腟分泌液)と濃厚に接触することで感染します。 HIVはある種の白血球を破壊し、感染症やがんに対する体の防御機能を低下させます。... さらに読む ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 のため)ことが原因です。 カンジダ症 カンジダ症(真菌感染症) カンジダ症は、カンジダ属の真菌による感染症です。 カンジダ症は湿潤部位の皮膚で発生しやすい傾向があります。 カンジダ症では、発疹、鱗屑(りんせつ)、かゆみ、腫れなどがみられます。 診断では、患部を診察するとともに、皮膚のサンプルを顕微鏡で調べたり、培養して観察したりします。 通常は、抗真菌薬のクリームや経口薬による治療で治癒します。 さらに読む カンジダ症(真菌感染症) とは異なり、これらの真菌感染症は内臓や血流中に広がることはありません。

症状

皮膚糸状菌感染症の症状は感染した部位によって様々です。大半では、炎症はほとんどないかまったくなく、感染部位に鱗屑を伴って軽いかゆみがみられ、境界がわずかに盛り上がります。このような皮疹が断続的に出現と消失を繰り返します。ときには、炎症が重度になり、液体が詰まった大小の皮疹が突然現れたり(通常は足)、頭皮に炎症を伴う腫れた斑が生じ、ときにそこから膿がにじみ出たりすることもあります(禿瘡 禿瘡(とくそう) 頭部白癬(しらくも)は、頭皮の皮膚糸状菌(真菌)感染症です。 頭部白癬の症状としては、頭皮に乾燥したうろこ状の斑、斑状の脱毛、またはその両方が生じます。 診断は、頭皮の診察と頭皮から採取したサンプルの検査の結果に基づいて下されます。 治療は、すべての患者で抗真菌薬の内服を行い、小児に対しては抗真菌薬クリームを使用します。 ( 皮膚真菌感染症の概要も参照のこと。) さらに読む 禿瘡(とくそう) )。

診断

  • 医師による皮膚の診察

  • 擦過物の検査

  • ときに擦過物の培養

多くの場合、白癬感染症は外観から特定することができます。

白癬の診断を確定するには、皮膚の 擦過物 擦過物 皮膚の病気には、医師が皮膚を観察しただけで特定できるものが数多くあります。全身の皮膚の診察には、頭皮、爪、粘膜の診察も含まれます。ときに、皮膚の一部を詳細に観察するために、手持ち式の拡大鏡やダーモスコープ(拡大レンズと内蔵式のライトを備えた器具)を使用することもあります。 診断につながる特徴としては、皮膚に現れている異常部分の大きさ、形、色、部位に加え、その他の症状や徴候の有無があります。皮膚の異常の広がりを調べるため、しばしば衣服をす... さらに読む 擦過物 を採取して、顕微鏡で調べます。頭皮または爪の感染がある場合のみ、擦過物の 培養 培養 皮膚の病気には、医師が皮膚を観察しただけで特定できるものが数多くあります。全身の皮膚の診察には、頭皮、爪、粘膜の診察も含まれます。ときに、皮膚の一部を詳細に観察するために、手持ち式の拡大鏡やダーモスコープ(拡大レンズと内蔵式のライトを備えた器具)を使用することもあります。 診断につながる特徴としては、皮膚に現れている異常部分の大きさ、形、色、部位に加え、その他の症状や徴候の有無があります。皮膚の異常の広がりを調べるため、しばしば衣服をす... さらに読む 培養 を行います(検査室で微生物を増殖させて種類を特定する検査)。真菌の種類を特定することが、最適な治療法を選択するのに役立ちます。

治療

  • 抗真菌薬の外用薬または内服薬

  • ときにコルチコステロイド

白癬の治療法は部位によって異なりますが、常に抗真菌薬の患部への塗布(外用)または内服を行います。(表「 皮膚に塗って使用する主な抗真菌薬(外用薬) 皮膚に塗って使用する主な抗真菌薬(外用薬) 皮膚に塗って使用する主な抗真菌薬(外用薬) 」も参照のこと。)

かゆみや炎症を緩和するためにコルチコステロイドを使用する場合があります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP