Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ぜにたむし(体部白癬)

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ぜにたむし(体部白癬)は、顔面、体幹、腕、脚の皮膚糸状菌(真菌)感染症です。

  • 体部白癬の症状としては、ピンク色から赤色の円形の皮疹などがみられ、ときにかゆみを生じます。

  • 診断を下すには、患部の診察を行い、ときに皮膚の擦過物を顕微鏡で調べます。

  • 治療としては、抗真菌薬を患部に直接塗ったり、ときに内服したりします。

皮膚真菌感染症の概要も参照のこと。)

体部白癬は皮膚糸状菌症の一種です。体部白癬は通常、白癬菌属 Trichophytonまたはミクロスポルム属 Microsporumの真菌によって引き起こされます。

この感染症では、一般にピンク色から赤色の円形の皮疹が現れ、その辺縁部はうろこ状にかさついて盛り上がり、中心部は正常なままとなる傾向があります。ときに発疹にかゆみを伴うこともあります。体部白癬は皮膚のあらゆる部位に生じる可能性があり、ほかの部位に急速に広がったり、体を密接に接触させた相手に感染したりすることがあります。

ぜにたむし(体部白癬)の例

診断

  • 医師の診察

  • ときに皮膚の擦過物の検査

体部白癬の診断は通常、身体診察によって下されます。

ときに皮膚の擦過物を顕微鏡で検査して、診断を確定します。

治療

  • 抗真菌薬の外用薬または内服薬

体部白癬の治療は、イミダゾール、シクロピロクス、ナフチフィン(naftifine)、またはテルビナフィンをクリーム、ローション、またはゲルとして1日に2回患部に直接塗り(外用)、これを(通常は2~3週間後に)発疹が完全に消えた後も7~10日間続けます。クリームの使用をやめるのが早すぎると、感染が完全には治らず、発疹が再発することがあります。抗真菌薬のクリーム、ローション、またはゲルを使用しても、症状が和らぐまでには数日かかります。(表「皮膚に塗って使用する主な抗真菌薬(外用薬)」も参照のこと。)

トリコフィトン・ルブルム Trichophyton rubrumに感染した人や体力を奪う病気のある人では、治療が困難で、比較的広範囲に広がる感染症が生じることがあります。このような場合に最も有効な治療法は、イトラコナゾールやテルビナフィンなどの抗真菌薬を2~3週間服用することです。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP