Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

爪真菌症

(爪白癬)

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

爪真菌症とは、爪の真菌感染症のことです。

爪の病気の概要も参照のこと。)

約10%の人が爪真菌症にかかっており、手指の爪よりも足の指の爪に多くみられます。高齢者(特に男性)、足の血行が悪い人(末梢動脈疾患[ フットケア])、糖尿病患者( 糖尿病と足)、免疫機能が低下している人(病気や薬剤による)、みずむし爪異栄養症の人によくみられます。真菌への感染は、感染者の体や真菌が生息する風呂場の床面などに触れることで起こります。

爪真菌症はしばしば再発し、長期にわたる治療後に再発することもあります。

爪真菌症の症状

感染した爪は異常な外観を呈しますが、爪の痛みやかゆみはありません。軽症の場合は、爪に白や黄色に変色した斑が現れます。爪の表面の下にチョークのような白い鱗屑が徐々に広がります。重症の場合は、爪が厚くなり、変形、変色を起こします。爪が爪床から剥がれることもあります( 爪の腫瘍)。通常は、感染した爪の破片が爪の先端の下にたまります。

爪真菌症の診断

  • 医師の診察

  • 爪の破片の顕微鏡検査

診断は通常、爪の外観に基づいて下されます。診断を確定するために、爪の破片のサンプルを顕微鏡で調べ、ときには培養検査を行ってどんな真菌による感染かを判断することもあります。

爪真菌症の治療

  • 抗真菌薬の服用または外用

  • ときにレーザー療法

このような真菌感染症を治癒させるのは困難ですが、通常は合併症を引き起こさないため、症状が特に重度または不快になった場合や、合併症のリスクが高い場合にのみ治療が推奨されます。例えば、糖尿病や末梢血管疾患に加えて、爪真菌症を発症した人では、足と脚の皮膚と軟部組織に重篤化することのある感染症(蜂窩織炎)が発生するリスクが高くなります。

抗真菌薬の服用

治療するのが望ましい場合は、通常はイトラコナゾールやテルビナフィンなどの内服薬(経口薬)の処方が必要になります。このような抗真菌薬は長期間(約3カ月)服用しますが、3カ月後の時点でも爪が異常に見えることがあります。しかし、使用を中止した後でも、その成分は爪甲(爪の硬い部分)に結合した状態で残り、効果を発揮し続けます。すでに変形や変色が生じている爪が改善することはありませんが、新たに成長する爪は正常に見えます。

外用療法

シクロピロクスは、マニキュア型製剤に混合される抗真菌薬ですが、経口薬と併用しない場合はあまり有効ではありません。エフィナコナゾールとタバボロール(tavaborole)は、爪に直接塗ることができる新しい抗真菌薬です。経口薬ほどの有効性はありませんが、経口薬と併用する場合は、感染症の治癒の可能性を高めます。また経口薬を服用できない患者でも使用することができます。

薬剤以外による治療

現在レーザー療法の研究が行われています。人によっては、ユーカリ油、カンフル(樟脳)、メントール、チモール(タイム油)、テレピン油、ニクズク油、ニオイヒバ油(市販薬のヴィックス®ヴェポラッブ®の成分)を含む製剤が有効である場合もあります。

フットケア

再発の可能性を減らすために、爪は常に短く切り、入浴後は足(足の指の間を含む)を乾燥した状態に保ち、吸収性のよい靴下を履くようにし、また抗真菌薬の足用パウダーを使用することもできます。古い靴には真菌の胞子が多数入っている場合があるため、できれば履かないようにします。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP