Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

爪の病気の概要

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

変形と異栄養症、感染症、陥入爪など、爪に生じる病気はたくさんあります。感染症は爪のあらゆる部分に生じ、爪の外観を変えることもあれば、変えないこともあります。爪の感染症は、ほとんどが真菌感染症(爪真菌症)ですが、細菌やウイルスによる感染症もあります。

爪は、爪甲(ケラチンというタンパク質でできた硬い部分)と周囲の構造から構成されています。爪床は爪の下にあり、爪を指に接着しています。爪母は爪の付け根にあり、爪の成長が始まるところです。爪上皮は爪甲の根元をその後ろの皮膚につないでいます。爪半月は爪の付け根にある半月状の部分です。爪郭は、爪と皮膚が隣接する爪甲の両脇で皮膚が堅く盛り上がった部分です。

知っていますか?

  • 新生児が爪のない状態で生まれてくることがあり、無爪症と呼ばれます。

原因

爪の病気の原因には、以下のものがあります。

加齢に関連する注意点:爪の病気

加齢により、爪が乾燥してもろくなり、本来凸型であるのが平らになったり、凹型になったりします。縦に筋が入ることもあります。爪の色が黄色や灰色に変わることがあります。もろくなった爪が割れることもあります。

高齢者、糖尿病の人( 糖尿病と足)、末梢血管疾患の人( フットケア)では足の指の爪に特に注意が必要です。このような人は、足の感覚が鈍くなっているため、爪を切るときに傷つけてしまうことが多くなります。感染につながる皮膚の損傷を予防するために、足専門医が爪のケアを行います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP