Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

爪の病気の概要

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

医学的にレビューされた 2019年 12月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

変形と異栄養症 爪の変形、異栄養症、変色 変形と異栄養症という用語は、しばしば同じ意味で使われ、医師も同じ意味で使うことがありますが、その意味は少し異なります。 変形:爪の形状の変化 異栄養症:爪の質感か色またはその両方の変化 医師は変形よりも異栄養症という用語をよく使う傾向があります。(... さらに読む 爪の変形、異栄養症、変色 、感染症、 陥入爪 陥入爪 陥入爪(かんにゅうそう)とは、爪の縁が周囲の皮膚に食い込んだ状態をいいます。 ( 爪の病気の概要も参照のこと。) 変形した足の指の爪が皮膚に食い込んだり、爪の周囲の皮膚が異常に速く成長して爪の一部を巻きこんだりすると、陥入爪になります。足に合わない窮屈な靴を履くことや、爪を水平に切らずに角を丸くカーブして切ることで、陥入爪が発症したり、悪... さらに読む 陥入爪 など、爪に生じる病気はたくさんあります。感染症は爪のあらゆる部分に生じ、爪の外観を変えることもあれば、変えないこともあります。爪の感染症は、ほとんどが真菌感染症(爪真菌症 爪真菌症 爪真菌症とは、爪の真菌感染症のことです。 ( 爪の病気の概要も参照のこと。) 約10%の人が爪真菌症にかかっており、手指の爪よりも足の指の爪に多くみられます。高齢者(特に男性)、足の血行が悪い人(末梢動脈疾患[ フットケア])、糖尿病患者( 糖尿病における足の問題)、免疫機能が低下している人(病気や薬剤による)、... さらに読む 爪真菌症 )ですが、細菌やウイルスによる感染症もあります。

爪は、爪甲(ケラチンというタンパク質でできた硬い部分)と周囲の構造から構成されています。爪床は爪の下にあり、爪を指に接着しています。爪母は爪の付け根にあり、爪の成長が始まるところです。爪上皮は爪甲の根元をその後ろの皮膚につないでいます。爪半月は爪の付け根にある半月状の部分です。爪郭は、爪と皮膚が隣接する爪甲の両脇で皮膚が堅く盛り上がった部分です。

知っていますか?

  • 新生児が爪のない状態で生まれてくることがあり、無爪症と呼ばれます。

原因

爪の病気の原因には、以下のものがあります。

加齢に関連する注意点:爪の病気

加齢により、爪が乾燥してもろくなり、本来凸型であるのが平らになったり、凹型になったりします。縦に筋が入ることもあります。爪の色が黄色や灰色に変わることがあります。もろくなった爪が割れることもあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP