Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

水疱ができる病気の概要

執筆者:

Daniel M. Peraza

, MD, Geisel School of Medicine at Dartmouth University

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る

水ぶくれ(水疱、小さいものは小水疱)とは、死んだ皮膚でできた非常に薄い膜の下に液体がたまってできる膨らみです。この液体は、損傷を受けた組織からにじみ出てきた水分とタンパク質が混ざったものです。水疱は多くの場合、熱傷や刺激など特定の損傷に対する反応として生じ、通常は皮膚の最も外側の層だけに発生します。このような水疱は速やかに治癒し、通常は瘢痕(傷跡)も残りません。一方、全身の病気(全身性疾患)の一部としてできる水疱は、皮膚のより深い層から発生して、広い面積に及ぶことがあります。このような水疱は治りが遅く、瘢痕が残ることがあります。

自己免疫疾患では、正常な状態では異物の侵入から体を守っている 免疫系 免疫系の概要 人間の体には、異物や危険な侵入物から体を守るために、免疫系が備わっています。侵入物には以下のものがあります。 微生物( 細菌、 ウイルス、 真菌など) 寄生虫(蠕[ぜん]虫など) がん細胞 移植された臓器や組織 さらに読む が、誤って自分の体の組織、上記のケースでは皮膚を攻撃してしまいます。上記以外で水疱ができる自己免疫疾患としては、以下のものがあります。

これら以外の水疱ができる病気としては、 ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)とは、熱傷を負ったときのように皮膚に水疱が生じて剥がれてしまう病気で、ブドウ球菌による皮膚感染症に対する体の反応として起こります。 皮膚の水疱と剥離以外の症状として、発熱、悪寒、脱力感がみられます。 診断は皮膚の外観に基づいて下されますが、生検を行うこともあります。... さらに読む ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 中毒性表皮壊死融解症 スティーブンス-ジョンソン症候群(SJS)と中毒性表皮壊死融解症(TEN) スティーブンス-ジョンソン症候群と中毒性表皮壊死融解症は、生命を脅かす同じ皮膚疾患がそれぞれ異なる形態で生じたもので、どちらも発疹、皮膚の剥離、粘膜のびらんを引き起こします。 ( 過敏症と炎症性皮膚疾患に関する序も参照のこと。) スティーブンス-ジョンソン症候群と中毒性表皮壊死融解症は、一般的に薬または感染が原因となって発生します。... さらに読む スティーブンス-ジョンソン症候群(SJS)と中毒性表皮壊死融解症(TEN) 、重度の 蜂窩織炎 蜂窩織炎 蜂窩織炎(ほうかしきえん)は、皮膚とそのすぐ下の組織に生じる、広がりやすい細菌感染症です。 この感染症の最も一般的な原因はレンサ球菌またはブドウ球菌です。 患部の皮膚に発赤、痛み、圧痛がみられるほか、発熱や悪寒が生じたり、より重篤な症状が現れたりすることもあります。 医師の診察や、ときに臨床検査の結果に基づいて診断されます。... さらに読む 蜂窩織炎 、特定の 薬疹 薬疹 薬疹とは、皮膚の反応として現れる薬の副作用のことです。 薬疹は通常、薬に対するアレルギー反応によって引き起こされます。 典型的な症状としては、発赤、膨らみ、水疱、じんま疹、かゆみのほか、ときに皮膚の脱落や痛みなどがあります。 どの薬が発疹を引き起こしているかを特定するために、使用している薬を1つずつ中止しなければならないこともあります。... さらに読む 薬疹 などがあります。

熱傷(やけど)や繰り返す摩擦(例えば、きつい靴を履く、シャベルを長時間使用する)も水疱の一般的な原因ですが、これらは水疱ができる病気(水疱性疾患)とはみなされません。

さらなる情報

役立つ可能性がある英語の資料を以下に示します。こちらの情報源の内容について、MSDマニュアルでは責任を負いませんのでご了承ください。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP