Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

脱毛症(脱毛)

(禿頭)

執筆者:

Wendy S. Levinbook

, MD, Hartford Dermatology Associates

最終査読/改訂年月 2018年 4月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

脱毛は、脱毛症とも呼ばれ、体のあらゆる部位に生じます。頭皮に起きる脱毛は禿頭(とくとう)と呼ばれます。脱毛は美容上の理由でしばしば大きな問題となりますが、全身の病気(全身性疾患)の徴候である可能性もあります。

  • 長い成長段階(成長期):持続期間は2~6年間

  • 短い移行段階(退行期):持続期間は3週間

  • 短い休止段階(休止期):持続期間は2~3カ月間

休止期の終わりになると、その毛髪は抜け落ち(脱毛期)、新しい毛髪が毛包の中で成長を始めて新たな周期が始まります。正常であれば、毎日50~100本程度の頭髪が休止期の終わりを迎え、頭皮から抜け落ちていきます。

脱毛に至る毛周期の病気としては、以下のものがあります。

  • 成長期脱毛:毛髪の成長期の乱れによって成長期毛が失われる

  • 休止期脱毛:1日当たり100本以上の多くの毛髪が休止期に入る

ときに脱毛は、限局性(頭皮の一部分に限定している場合)とびまん性(広い範囲に生じている場合)に分類されます。脱毛は瘢痕化がみられるかどうかでも分類されます。

原因

脱毛で最も一般的な原因は以下のものです。

脱毛のその他の一般的な原因には以下のものがあります。

毛包の損傷の原因には以下のように多くのものがあります。

あまり一般的でない原因としては、一次性の毛幹異常(毛幹に起因する異常)、サルコイドーシス、重金属中毒、放射線療法、まれな皮膚の病気などがあります。

知っていますか?

  • 正常な人でも、頭髪は毎日50~100本程度抜けます。

アンドロゲン性脱毛症

このタイプの脱毛症は、最終的に70歳までの白人男性の最大80%(男性型脱毛症)と全女性の約半数(女性型脱毛症)に起こります。遺伝とともに、ジヒドロテストステロンというホルモンが大きく関与しています。脱毛は思春期中またはその後のどの年代でも発症する可能性があり、青年期のうちに生じる例もあります( 頭髪の抜け方 頭髪の抜け方 頭髪の抜け方 )。

男性では、脱毛は側頭部または頭頂部から始まって、後頭部に進んでいくのが通常です。男性によっては脱毛が部分的なものにとどまり、生え際が後退したり、小さな脱毛部分が後頭部にできたりするだけの場合もあります。しかし他の男性、特に若いうちから脱毛が始まる場合では、頭頂部の毛髪がすべて失われ、側頭部や後方に残るだけになることもあります。このようなパターンは男性型脱毛症と呼ばれます。

女性では、脱毛は頭頂部から始まりますが、完全に毛が抜けるのではなく、薄くなるのが通常です。一般的に、生え際は変化しません。このようなパターンは女性型脱毛症と呼ばれます。

頭髪の抜け方

男性では、脱毛は側頭部または頭頂部から始まって、後頭部に進んでいくのが通常です。このパターンは男性型脱毛症と呼ばれます。

女性では、頭頂部から抜け始めるのが通常です。典型的には、毛は完全に抜けるのではなく薄くなり、生え際は変化しません。このパターンは女性型脱毛症と呼ばれます。

頭髪の抜け方

円形脱毛症

中心部から周囲に広がる瘢痕性脱毛症

中心部から周囲に広がる瘢痕性脱毛症(central centrifugal cicatricial alopecia)は、黒人の瘢痕性脱毛症の原因として最も多くみられるもので、典型的にはアフリカ系の女性に発生します。ホットコーム、ストレートパーマ剤、ヘアピースなどによる頭皮の損傷が、毛包の異常による毛包の損傷しやすさとあいまって、頭頂部と後頭部の頭皮に進行性の脱毛と瘢痕化が生じます。

皮膚エリテマトーデス

皮膚エリテマトーデスでは、有毛部位の皮膚から毛髪が抜けることがあります。毛包が完全に破壊されてしまうと、脱毛が永久化することがあります。皮膚エリテマトーデスは、体内で作られる抗体または細胞が自身の組織を攻撃する病気(自己免疫疾患と呼ばれます)である全身性エリテマトーデス 全身性エリテマトーデス(SLE) 全身性エリテマトーデスは、関節、腎臓、皮膚、粘膜、血管の壁に起こる慢性かつ炎症性の自己免疫結合組織疾患です。 関節、神経系、血液、皮膚、腎臓、消化管、肺、その他の組織や臓器に問題が発生します。 血算と自己免疫抗体の有無を調べる検査を行います。 活動性の全身性エリテマトーデスでは、コルチコステロイドやその他の免疫の働きを抑制する薬がしばしば必要となります。 全身性エリテマトーデスの患者の約70~90%は、妊娠可能な年齢の女性ですが、小児(... さらに読む 全身性エリテマトーデス(SLE) (SLE)の人で生じることがありますが、そうではない人にもみられます。全身性エリテマトーデスは、全身の様々な臓器に影響を及ぼします。皮膚エリテマトーデスでは、毛髪が斑状に抜ける傾向があります。

ホルモンの不均衡

女性で男性ホルモンの量が過剰になると、頭髪が抜けたり、にきびができたり、顔面や体幹といった男性でより典型的な部位の毛髪が濃くなったり(男性型多毛症 多毛 男性では、体毛の量は人によって大きく異なりますが(毛髪の成長の概要も参照)、医療機関を受診するほど体毛の多さに悩んでいる人はごくわずかです。女性では、過剰とされる体毛の量は民族的背景や文化によって様々です。通常、過剰な体毛は美容的、精神的に問題となるだけです。しかし、その原因がときに重篤な内分泌疾患である場合があり、特に男性的な特徴が現れた女性ではこのような場合が多くみられます。... さらに読む )する可能性があります。女性におけるアンドロゲン過剰の最も一般的な原因は多嚢胞性卵巣症候群(PCOS) 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS) 多嚢胞性卵巣症候群は軽度の肥満、月経不順または月経がないこと、男性ホルモン(アンドロゲン)の濃度が高いことにより引き起こされる症状を特徴とします。月経周期が乱れ、男性ホルモン(アンドロゲン)の濃度が高くなる傾向がみられます。 典型的には、患者は肥満で、にきびができたり、声が低くなる、乳房が小さくなる、体毛が過度に増えるといった男性的な特徴がみられます。 多くの場合、症状に基づいて診断を行いますが、血液検査でホルモンを測定したり、超音波検... さらに読む 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS) です。アンドロゲンの血中濃度が上昇すると、上記に加えて声の低音化、乳房の萎縮、筋肉量の増加、陰核肥大、性欲の増強などの徴候・症状がみられるようになりますが、このような変化を男性化といいます。まれに、腫瘍が男性ホルモンを分泌することで男性化が生じる場合や、運動能力を高めるためにタンパク同化ステロイド タンパク同化ステロイド タンパク同化ステロイドは、筋肉の成長を促し、筋力と活力を増強するホルモンです。 タンパク同化ステロイドには多くの副作用もあり、精神的なもの(気分変動、攻撃的行動、易刺激性)や、身体的なもの(にきび、女性の男性化、男性の乳房腫大)が含まれます。 これらの物質は6カ月後まで尿中で検出できます。 治療は使用をやめることです。 (薬物使用と薬物乱用も参照のこと。) さらに読む を服用している女性に男性化が生じる場合もあります。

薬剤:タンパク同化ステロイドを使用していると、男性型または女性型脱毛症が生じることがあります。化学療法薬は一般的に成長期脱毛を引き起こします。休止期脱毛による脱毛をよく引き起こす処方薬もあります(高血圧、にきび、甲状腺疾患、けいれん発作の治療薬や抗凝固薬など)。

栄養障害

それほど多くありませんが、栄養障害も脱毛の原因になります。症状は栄養障害の種類によって様々です。

身体的ストレス

高熱、手術、大きな病気、体重減少、妊娠などのストレスによって、休止期に入る毛髪の本数が増加することがあります(休止期脱毛につながります)。一般的には、ストレスが生じてから数カ月後に毛髪が抜けます。この種の脱毛は多くの場合、永久的なものではありません。

精神的ストレス

この種のストレスにより、正常な毛をねじったり、いじったり、引き抜いたりする習慣が生じることがあります(抜毛症 抜毛症(抜毛癖) 抜毛症では、繰り返し毛髪を引き抜き、結果として脱毛が生じます。 抜毛症の人は、毛を抜く直前に緊張感や不安を抱いていて、毛を抜くことで、そうした感情が和らぐことがあります。 一般的に症状の重症度は変動しますが、症状が生涯続く場合もあります。 毛髪が少なくなるほど強迫的に毛を抜いていて、毛を抜く行為をやめようとしてやめられず、そのために強い苦痛を感じているか、日常生活に支障をきたしている場合に、この病気の診断が下されます。... さらに読む 抜毛症(抜毛癖) )。大半は小児ですが、成人でも起こります。抜毛行為はなかなか周囲に気づかれにくく、抜け毛の原因を誤って円形脱毛症 円形脱毛症 円形脱毛症は、皮膚の病気や全身の病気(全身性疾患)などの明らかな原因もなく、毛髪が斑状に突然抜ける病気です。 (毛髪の成長の概要と脱毛[脱毛症]も参照のこと。) 円形脱毛症はよくみられます。性別や年齢を問わず起こりますが、小児や若い成人に特に多くみられます。 原因は自己免疫反応、つまり免疫による防御機構が誤って毛包を攻撃するためと考えられています。円形脱毛症は他の病気が原因で起こるものではありませんが、患者の中には関連する甲状腺疾患や白... さらに読む や真菌感染症などの病気だと考えている医師や両親を困惑させることもあります。

頭部白癬(しらくも)

頭部白癬(しらくも) しらくも(頭部白癬) 頭部白癬(しらくも)は、頭皮の皮膚糸状菌(真菌)感染症です。 頭部白癬の症状としては、頭皮に乾燥したうろこ状の斑、斑状の脱毛、またはその両方が生じます。 診断は、頭皮の診察と頭皮から採取したサンプルの検査の結果に基づいて下されます。 治療では、抗真菌薬の内服を行い、小児に対しては抗真菌薬クリームと硫化セレンシャンプーを使用します。 (皮膚真菌感染症の概要も参照のこと。) さらに読む しらくも(頭部白癬) は、小児で斑状の脱毛の原因としてよくみられる真菌感染症です。この感染症は、鱗屑(うろこ状のくず)を伴う斑として始まり、それが徐々に大きくなります。やがて毛髪が折れて通常は頭皮の表面と一体化し、黒い点のように見えることがあります。毛髪が頭皮表面より上方で折れて短い毛の切れ端が残ることもあります。脱毛が永久的なものになる場合もあり、感染症が治療されないままだと特にその可能性が高くなります。

牽引性脱毛症

この病気は、堅い三つ編みにしたり、ヘアカーラーを巻いたり、ポニーテールにしたりすることで毛髪に常に引っぱる力がかかることで生じる脱毛です。前頭部や側頭部の生え際に最もよく生じます。

評価

以下では、医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

受診のタイミング

脱毛と全身の病気の徴候がみられる場合は、速やかに医師の診察を受ける必要があります。男性的な特徴が現れた女性では、主治医に電話して、どれくらい速やかに受診すべきか話し合ってください。そうでない場合は、可能なときに医療機関を受診するべきですが、他の症状が現れない限り、受診の予約を急いで取る必要はありません。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問し、次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、脱毛の原因と必要になる検査を推測することができます。

医師は脱毛について以下の質問を行います。

  • 脱毛は徐々に始まったか、突然始まったか

  • 脱毛はどのくらい続いているか

  • 脱毛は増えているか

  • 脱毛は頭部全体に生じているか、あるいは特定の部位に生じているか

かゆみや鱗屑(うろこ状のくず)などの他の症状に注意します。ヘアケアについて、三つ編み、ヘアカーラー、ヘアドライヤーを使っているかどうか、毛を日常的に引っぱったり、ねじったりしているかを尋ねます。

また最近、薬、有害物質、放射線にさらされたことがないか、重度のストレス(手術、慢性疾患、発熱、精神的ストレスによるものなど)を経験していないかも尋ねます。劇的な体重減少、食事習慣(様々な食事制限を含む)、強迫的な行動 強迫症 (OCD) 強迫症は、強迫観念、強迫行為、またはその両方が認められることを特徴とします。強迫観念とは、不安を呼び起こす好ましくない考え、イメージ、衝動が頭の中に繰り返し割り込んでくることをいいます。強迫行為(儀式とも呼ばれる)とは、強迫観念により生じる不安を和らげたり抑止したりするために繰り返し行わなければならないと患者が感じる、特定の行動や精神的な行為です。 強迫的な行動のほとんどは、害や危険に対する懸念に関連したものです。... さらに読む など、何らかの原因を示唆する他の特徴についても尋ねます。現在および最近の薬の使用を確認します。家族に脱毛が生じていないかを尋ねます。

身体診察では、頭皮に着目し、脱毛の分布、皮膚の異常の有無と特徴、瘢痕化の有無について確認します。中心部の幅を何点かで測定し( 頭髪の抜け方 頭髪の抜け方 頭髪の抜け方 )、毛幹に異常がないか調べます。

他の部位(まゆ毛、まつ毛、腕、脚など)の脱毛について評価を行います。特定の脱毛症に関連してみられる発疹がないか、また女性に声が低くなる、男性型多毛症 多毛 男性では、体毛の量は人によって大きく異なりますが(毛髪の成長の概要も参照)、医療機関を受診するほど体毛の多さに悩んでいる人はごくわずかです。女性では、過剰とされる体毛の量は民族的背景や文化によって様々です。通常、過剰な体毛は美容的、精神的に問題となるだけです。しかし、その原因がときに重篤な内分泌疾患である場合があり、特に男性的な特徴が現れた女性ではこのような場合が多くみられます。... さらに読む が生じている、陰核(陰茎に対応する女性の小さな器官)が肥大している、にきびがあるなどの男性化の徴候がないかを調べます。甲状腺についても調べます。

icon

検査

医師の診察で原因が特定されれば、通常は検査は不要です。例えば、男性型脱毛症と女性型脱毛症については、一般に検査は不要です。しかし、脱毛の家族歴のない若年男性に脱毛が生じた場合は、タンパク同化ステロイドなどの薬を使用 タンパク同化ステロイド タンパク同化ステロイドは、筋肉の成長を促し、筋力と活力を増強するホルモンです。 タンパク同化ステロイドには多くの副作用もあり、精神的なもの(気分変動、攻撃的行動、易刺激性)や、身体的なもの(にきび、女性の男性化、男性の乳房腫大)が含まれます。 これらの物質は6カ月後まで尿中で検出できます。 治療は使用をやめることです。 (薬物使用と薬物乱用も参照のこと。) さらに読む していないか尋ねることがあります。女性にかなりの脱毛がみられ、男性的な特徴が生じている場合は、処方薬や違法薬物を使用していないか尋ね、ホルモンのテストステロンやデヒドロエピアンドロステロン硫酸(DHEAS)の濃度を測定するために血液検査を行います。身体診察で他のホルモンの異常やその他の重篤な病気の徴候が見つかった場合、その病気を特定するための血液検査が必要になります(例えば、多嚢胞性卵巣症候群[PCOS]と診断するには、黄体形成ホルモン[LH]と卵胞刺激ホルモン[FSH]を測定する検査を行います)。

引っぱり検査は脱毛の評価に役立ちます。この検査では、少なくとも頭皮の3カ所で1房の毛髪(約40本)を穏やかに引っぱります。引っぱる毎に抜けた毛髪の本数を数え、顕微鏡で調べてその成長期を判定します。1回引っぱって休止期の毛が4~6本以上抜ける場合は、検査陽性であり、その人は休止期脱毛を生じている可能性が非常に高くなります。

引き抜き検査では、約50本の毛髪を別々に一気に(「根こそぎ」)引き抜きます。引き抜いた毛髪の毛根と毛幹を顕微鏡で調べ、毛幹を評価してその成長期を判定します。その結果を参考にして、主に毛幹の異常である休止期脱毛が生じているのか、あるいは別の問題が起きているのかを判断します。

引っぱり検査で陰性と判定され、脱毛が実際に過剰であるかどうかが分からない場合は、毎日の脱毛本数の計数により脱毛数を数量化することができます。14日間にわたって毎日、朝起きてすぐにくしで髪をとかした際や頭を洗った際に抜けた毛髪を透明なビニール袋に集めます。そして、それぞれの袋の毛髪の本数を記録します。1日に100本を超える脱毛があれば異常ですが、シャンプーをした後は例外で、最大250本が抜けることもあります。毛髪を病院に持ってきてもらい、顕微鏡で調べることもあります。

治療

  • 具体的な原因に対する治療

  • ときに脱毛に対する対処法

可能であれば、脱毛の具体的な原因を治療します。

牽引性脱毛症は、頭皮に対する物理的牽引力やストレスを取り除くことによって治療します。

最近の体重減少、手術、発熱を伴う重い病気、出産などの身体的ストレスによる脱毛(休止期脱毛)は、自然に治ることが多いため、一般的に治療は行いません。一部の患者では、頭皮にミノキシジルを塗る治療が助けになることがあります。

毛髪が再び自然に成長しない場合は、以下のような脱毛に対する対処法を試すことができます。

  • さらなる脱毛を予防したり、新たな毛髪を成長させる薬剤

  • 毛髪の移植(植毛)

  • かつら

  • 増毛パウダーで毛髪が薄くなった部分を隠す

薬剤

男性型脱毛症と女性型脱毛症は、ときに薬剤で効果的に治療できることがあります。

ミノキシジルを1日2回、直接頭皮に塗ることで、さらなる脱毛を予防し、毛髪の成長を促します。毛髪の再生には8~12カ月かかることがあり、目に見える効果は約30~40%の人にしか生じません。最もよくみられる副作用は、かゆみや発疹などの皮膚の刺激症状です。顔面の毛髪も増加することがあります。

フィナステリドは、男性ホルモンが毛包に及ぼす影響を阻害することで作用する薬剤で、経口で毎日服用します。フィナステリドは女性には使用しません。男性では、脱毛を止め、毛髪の成長を刺激する効果は治療開始から6~8カ月以内に明らかになるのが通常で、その効果は時間の経過とともに高まっていきますが、効果の大きさは人によって様々です。フィナステリドは、性欲減退、乳房の増大、勃起障害 勃起障害(ED) 勃起障害(ED)とは、性交を行うのに十分な勃起を達成または持続できないことです。 (男性の性機能障害の概要も参照のこと。) どんな男性でもときに勃起に至らない問題を抱えることがあり、そのような問題の発生は正常なことと考えられています。勃起障害は男性が次のような場合に起こります。 一切勃起できない 短い間勃起するが性交には十分な時間ではない さらに読む を引き起こすことがあります。また、前立腺特異抗原(PSA)の血中濃度を低下させることもあります。男性の場合は、治療を開始する前に、フィナステリドが前立腺がんのスクリーニング 診断 前立腺がんのリスクは年齢とともに高くなります。 排尿困難、頻尿や急な尿意、血尿などの症状は通常、がんが進行するまで現れません。 この種のがんは転移する可能性があり、最も転移しやすい部位は骨とリンパ節です。 スクリーニング検査には議論の余地がありますが、症状のない男性で前立腺がんの可能性をチェックするためには、手袋をはめた指で直腸内から前立腺を診察する直腸指診や血液検査(PSA)を行います。... さらに読む 診断 にどのような影響を及ぼすかについて、医師の説明を受ける必要があります。

ミノキシジルやフィナステリドの最も重要な効果は、さらなる脱毛を予防することにあります。効き目があるのは薬剤を使用している間だけです。

毛髪の移植(植毛)

植毛はより永続的な治療法です。この手法では、頭皮の一部から毛包を切除して、脱毛部位に移植します。一度に1~2本の毛髪しか移植できません。この方法は時間がかかりますが、広い面積の皮膚を切除する必要がなく、移植する毛髪を元から生えている毛と同じ方向に向けることができます。

別の外科的な選択肢として、頭皮の脱毛部位の一部を切除し、毛髪のある部位を広げてより広い面積を覆うようにする方法があります。

かつら

かつらは一時的な脱毛(化学療法によるものなど)に対して、しばしば最良の治療法となります。化学療法を受ける人は、必要になったときに適切なかつらを着けられるように、治療を開始する前から、かつらを作る会社と相談して準備をしておくとよいでしょう。毛髪が再生した際には、元の毛髪とは色や質感が変わっている場合があります。

人によっては、毛髪が薄くなった部分を増毛パウダーで隠すという選択肢を許容可能と感じます。

要点

  • 男性型脱毛症と女性型脱毛症は、最も多くみられる種類の脱毛です。

  • 医師は男性化の徴候のある女性に基礎疾患がないか調べます。

  • 脱毛の原因の診断にあたり、顕微鏡による毛の検査や頭皮の生検が必要になることもあります。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP