Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

貨幣状湿疹

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

貨幣状湿疹は、通常はかゆみを伴って長期間持続する発疹と炎症が生じる病気で、しばしば小水疱、かさぶた、鱗屑(うろこ状のくず)を伴うコイン状の発疹を特徴とします。

皮膚炎の概要も参照のこと。)

貨幣状湿疹の原因は不明です。この病気は中年以降の成人に発症することが多く、皮膚の乾燥とともに現れ、冬に最もよくみられます。白癬疹(イド反応[id反応])が貨幣状湿疹として現れることもあります。しかし、発疹は明らかな理由もなく生じたり、消えたりすることがあります。

症状

円形の発疹は、かゆみを伴う斑状の吹き出物や水疱として生じ、これが後にじくじくしてきてかさぶたができます。発疹は広範囲に生じることもあります。発疹は腕や脚の後面、殿部で明らかにみられることがよくありますが、体幹にもできます。古い発疹が治癒した場所に新たな発疹が現れる傾向があります。

診断

  • 医師による皮膚の診察

  • 場合により感染症やアレルギーの可能性を否定するための検査

貨幣状湿疹の診断は、発疹の特徴的な外観に基づいて下されます。

感染症やアレルギーの可能性を否定するために、細菌や真菌の有無を調べる検査を行うことがあります。

治療

  • 保湿剤と水道水による湿布

  • 抗菌薬の内服薬とコルチコステロイドのクリームおよび皮膚注射

必ず効果がある治療法はありません。皮膚用の保湿剤が有益となる場合もあります。貨幣状湿疹に対する他の治療法として、抗菌薬の内服薬、水道水による湿布、コルチコステロイドのクリームまたは皮膚注射などがあります。重症の場合や治療に抵抗する場合は、紫外線を照射する光線療法( 光線療法)が使用されます。外用薬に効果がない場合は、シクロスポリンやメトトレキサートなどの経口免疫抑制薬が処方されることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP