Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

慢性単純性苔癬

(神経皮膚炎)

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

慢性単純性苔癬(たいせん)は、皮膚の上層の慢性の炎症によりかゆみが生じる病気です。

  • この病気では、かくことでかゆみが生じ、そのためさらにかいてしまうという悪循環が生じます。

  • 最も生じることが多い部位は、頭部、腕、首、脚です。

  • 皮膚に塗るコルチコステロイドが有用ですが、治療において最も重要なのはかかないようにすることです。

皮膚炎の概要も参照のこと。)

慢性単純性苔癬は皮膚のある部位を長期的にかくことで生じます。皮膚をかくこと自体が刺激になって、さらにかゆみが生じることで、「かゆいからかき、かくことでさらにかゆくなる」という悪循環が起こります。

皮膚をかく行為は特に理由もなく始まることがあります。また、慢性皮膚炎などの他の病気が原因で皮膚をかく行為が始まり、原因になる病気が治った後もずっとかき続けてしまうことがあります。なぜそのようなことが起こるかは分かっていませんが、心理的な要因が関係していると考えられます。この病気はアレルギー性ではないと考えられます。20~50歳でよく生じます。

症状

慢性単純性苔癬は、肛門(肛門そう痒症を参照)や腟周辺(外陰そう痒症—性器のかゆみを参照)を含め、体のあらゆる部位に生じますが、最も一般的に生じる部位は胸や背中の上部、腕、首、脚です。早期には皮膚は正常に見えますが、かゆみがあります。その後、かいたり、こすったりした結果として、皮膚に乾燥、鱗屑(うろこ状のくず)、肥厚、暗い色の斑が生じます。この過程は、苔癬化と呼ばれ、皮膚が皮革に似た状態になります。

診断

  • 医師による評価

  • 肛門や腟のかゆみについては、他の原因の可能性を否定する検査

診断では、最初のかゆみの原因になった可能性のあるアレルギーや病気の発見を試みます。

肛門や腟の周辺に症状がみられる場合、以下のような原因がないかどうかを調べます。

治療

  • かいたり、こすったりしないようにする

  • かゆみを緩和する対策

  • コルチコステロイド

この病気を治すには、その部位をかいたり、こすったりすることを完全にやめる必要があります。その後、標準的なかゆみに対する治療法を行います。コルチコステロイドをしみこませたサージカルテープを貼る(午前中に貼り、夕方に貼り替える)ことで、かゆみと炎症を和らげ、皮膚をかかないよう保護することができます。範囲が狭い場合は、かゆみを抑えるため、長時間作用型のコルチコステロイドを皮下注射することもあります。抗ヒスタミン薬の内服薬を使用することもあります。

肛門や腟の周辺に発生している場合は、コルチコステロイドクリームによる治療が最適です。クリームを塗った上から、その部分を保護するためにペースト状の酸化亜鉛を塗る場合もあります。このペーストのふき取りは鉱物油で行います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP