Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

菌血症、敗血症、敗血症性ショックに関する序

執筆者:

Paul M. Maggio

, MD, MBA, Stanford University Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

菌血症、敗血症、重症敗血症、敗血症性ショックは、以下のように互いに関連しています。

  • 菌血症:血流中に細菌が存在する状態です。菌血症は、重篤な感染症によって起こることもあれば、激しい歯磨きのように無害そうな行為が原因で起こることもあります。ほとんどは、少量の細菌が存在するのみで、それも体内から自然に除去されます。こうした場合、大半の人では症状はまったく出ません。しかしときに、菌血症から感染症や敗血症、またはその両方に至ることがあります。

  • 敗血症:菌血症や別の感染症によって重篤な全身性の反応(敗血症)が誘発されることがあり、その典型的な症状としては、発熱、筋力低下、心拍数の上昇、呼吸数の増加、白血球の増加などがあります。この反応はまた、腎臓、心臓、肺などの多くの内臓にも影響を与え、機能が低下し始めます。

  • 敗血症性ショック:敗血症によって危険なレベルの低血圧(ショック)が起こる場合を敗血症性ショックといいます。その結果、一般的には内臓に十分な血液が供給されなくなり、内臓が機能不全に陥ります。敗血症性ショックは生命を脅かす状態です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP