Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肺炎球菌感染症

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

肺炎球菌感染症は、肺炎レンサ球菌 Streptococcus pneumoniae(肺炎球菌)というグラム陽性の球状細菌(球菌)によって引き起こされます。この細菌は一般的に、肺炎、髄膜炎、副鼻腔炎、中耳に感染症を引き起こします。

  • 肺炎球菌は、感染者がせきやくしゃみをすると空気中に撒き散らされます。

  • 肺炎球菌感染症により、通常は発熱と全身のだるさや、感染部位に応じた他の症状が現れます。

  • 診断は、症状や感染部位のサンプル中で特定された細菌に基づいて下されます。

  • 幼児には肺炎球菌感染症のワクチンを定期的に接種しますが、それ以外にも感染のリスクが高いすべての人にワクチン接種が推奨されます。

  • 通常はペニシリンや他の抗菌薬による治療が効果的です。

細菌の概要も参照のこと。)

90種類以上の肺炎球菌が存在します。しかし、そのうち重篤な感染症を引き起こす菌は、ほんの数種です。

肺炎球菌は自然宿主として、特に冬から春先にかけて健康な人の上気道に存在します。この細菌は以下の行為によって人から人に感染します。

  • くしゃみやせきで飛散した飛沫を吸入する

  • 感染者と濃厚な接触がある

介護施設、刑務所、軍の拠点、ホームレスのシェルター、デイケア施設などを居住、滞在、作業の場としている集団生活グループでは、感染が広がりやすいようです。

危険因子

肺炎球菌感染症の発症リスクと重症度は、以下の特定の条件によって高まります。

インフルエンザ慢性気管支炎は、気道の内膜を損傷することがあり、肺炎球菌感染の温床となります。

また、健康であっても、高齢者が肺炎球菌に感染すると症状や合併症が重くなる傾向があります。

少なくとも1つの危険因子がある人には肺炎球菌ワクチンが推奨されます。

症状と診断

肺炎球菌感染症の症状は、感染した部位によって異なります。

ほとんどの肺炎球菌感染症は次の部位で起こります。

この細菌は血流に入り、全身に拡散する場合もあります(菌血症と呼ばれます)。脳と脊髄を覆う組織で感染症(髄膜炎)が生じる場合や、それより頻度は少ないものの、心臓弁(心内膜炎)、骨、関節、腹腔で感染症が起こる場合があります。

肺炎球菌性肺炎

多くの場合、肺炎球菌性肺炎の症状は突然に始まります。発熱、悪寒、全身のだるさ(けん怠感)、息切れ、せきがみられます。たんの絡んだせきが出るようになり、たんは赤褐色になります。

よくみられる症状として、強い、刺すような胸の痛みが左右どちらかに起こります。深く息を吸い込んだり、せきをしたりすると痛みが悪化します。約40%の人で胸水(肺を覆う2層の胸膜の間に体液がたまった状態)がみられます。胸水は胸の痛みの一因かもしれず、また、胸水がたまっていると息がしにくくなります。

胸部X線検査を行い、肺炎の徴候がないか調べます。たんのサンプルを採取し、顕微鏡で調べます。たん、膿、血液のサンプルを検査室に送り、細菌を増殖させる検査(培養検査)を行います。肺炎球菌の特定は容易です。どの抗菌薬が効果的かを確認するための検査(感受性試験)も行います。

肺炎球菌性髄膜炎

肺炎球菌性髄膜炎では、発熱、頭痛、全身のだるさ(けん怠感)がみられます。また、あごを下げて胸に近づけようとすると痛みが出て首が硬くなる項部硬直という徴候がみられますが、発症早期ではこの徴候がみられない場合もあります。

年長の小児や成人とは異なり、髄膜炎の乳児で項部硬直がみられることはほとんどありません。乳児は、食事を嫌がったり、不機嫌になったり、動作や反応が緩慢になったりします。

肺炎球菌性髄膜炎は、次のような合併症を引き起こす可能性があります。

  • 難聴(患者の最大50%)

  • けいれん発作

  • 学習障害

  • 精神機能障害

肺炎球菌性髄膜炎を診断するには、腰椎穿刺を行い、髄液(脳と脊髄の周囲を流れている体液)のサンプルを採取します。このサンプルを用いて、白血球や細菌などの感染の徴候がないか調べます。

肺炎球菌性中耳炎

肺炎球菌性中耳炎では、耳が痛み、鼓膜が赤く膨らんだり、鼓膜の奥に膿がたまったりします。この感染症は以下のことを引き起こす可能性があります。

小児に起こる中耳炎のうち30~40%は、肺炎球菌が原因です。肺炎球菌性中耳炎はよく再発します。

肺炎球菌性中耳炎の診断は通常、症状と身体診察の結果に基づいて下されます。通常は培養検査などの診断検査は行いません。

予防

肺炎球菌ワクチンには以下の2種類があります。

  • 13種類の肺炎球菌を対象とする結合型ワクチン(PCV13)

  • 23種類の肺炎球菌を対象とする非結合型多糖体ワクチン(PPSV23)

5歳未満の小児で脾臓がないか脾臓が機能不全に陥っている場合は、ワクチンに加えて抗菌薬(ペニシリンなど)を投与することがあります。こうした小児には、小児期から成人期まで抗菌薬の使用を続ける場合があります。

結合型ワクチン(PCV13)

PCV13は次の人に対して推奨されます。

  • すべての小児

  • 65歳以上のすべての成人

PCV13は以下の高リスク条件のいずれかに該当する6~64歳の人にも推奨されます。

  • 髄液の漏れを引き起こす損傷や病気

  • 鎌状赤血球症やそれに類する赤血球の病気

  • 免疫機能が低下している(先天性疾患、特定の慢性腎臓病、HIV感染症、白血病、リンパ腫、その他のがんや、免疫抑制薬の使用などが原因)

非結合型ワクチン(PPSV23)

PPSV23は次の人に推奨されます。

  • 65歳以上のすべての成人

PPSV23は次の項目のいずれかに該当する6~64歳の人にも推奨されます。

  • 上記の高リスク条件のいずれか

  • 慢性肺疾患(喘息など)

  • 慢性心疾患(高血圧を除く)

  • 糖尿病

  • 慢性肝疾患

  • 慢性のアルコール乱用

  • 喫煙

治療

  • ペニシリンなどの抗菌薬

ほとんどの肺炎球菌感染症の治療には、ペニシリン(またはアンピシリンやアモキシシリンなどの類似薬)が使用されます。通常は内服薬として使用されますが、重症の場合は静脈内投与も行われることがあります。

ペニシリンに対する耐性をもつ肺炎球菌が増加しつつあります。そのため、セフトリアキソン、セフォタキシム、フルオロキノロン系(レボフロキサシンなど)やバンコマイシンなど、他の抗菌薬が使用されることもあります。バンコマイシンは肺炎球菌による髄膜炎に対して常に効果的とは限りません。そのため髄膜炎の患者には通常、バンコマイシンに加えて、セフトリアキソンもしくはセフォタキシム、リファンピシン、またはその両方を投与します。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP