Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

真菌感染症の概要

執筆者:

Sanjay G. Revankar

, MD, Wayne State University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース
  • 真菌の胞子は空気中や土壌中に存在することが多いため、真菌感染症は通常は肺や皮膚から始まります。

  • 免疫機能が低下していない限り(通常は薬や病気によって生じる)、重篤な真菌感染症はまれです。

  • この感染症は通常はゆっくり進行します。

  • 抗真菌薬は、感染部位に直接塗ることもあり、重篤な場合は、内服や注射で投与する場合もあります。

皮膚真菌感染症も参照のこと。)

真菌は植物でも動物でもなく、その大きさは顕微鏡でようやく見えるものから肉眼で容易に見えるものまで様々です。かつては植物と考えられていましたが、現在では独自の区分(界)に分類されています。

真菌は次の2つの形態で発育します。

  • 酵母:単独でみられる円形の細胞

  • カビ(糸状菌):多数の細胞で形成される細長い糸状の構造(菌糸)

ライフサイクルの中で両方の形態を取るものもあります。

多くの場合、真菌は土壌や腐敗した植物の中で増殖します。パンのカビやキノコ類など多くの真菌は、肉眼で見ることができます。

知っていますか?

  • 真菌は独自の区分(界)に属し、植物でも動物でもありません。

真菌は、ごく小さな胞子をまき散らして繁殖します。このような胞子は空気中や土壌中に存在していることが多く、体内に吸い込まれたり、皮膚などの体表面と接触したりします。そのため、真菌感染症は通常、肺や皮膚から始まります。

皮膚に付着したり、肺に吸い込まれたりする様々な種類の胞子のうち、人に感染するものはごく一部にすぎません。数種類の真菌は、以下のいずれかに該当する人で感染症を引き起こします。

  • 免疫系の機能低下

  • 体内の異物(人工関節や心臓弁などの医療機器を含む)

化学療法薬や臓器移植後の拒絶反応を予防する薬などの免疫抑制薬(免疫機能を低下させる薬)を使用したり、エイズなどの病気にかかったりすると、免疫機能が低下することがあります。

皮膚表面に起きる一部の感染症を除き、真菌感染症が人から人に伝染することはまれです。

真菌感染症の危険因子

免疫機能を抑制する薬の使用

  • がんに対する化学療法薬

  • コルチコステロイド

  • アザチオプリン、メトトレキサート、シクロスポリンなどの臓器移植の拒絶反応を抑える薬

  • 腫瘍壊死因子阻害薬(関節リウマチと関連疾患の治療に使用)

病気

真菌感染症の種類

真菌感染症は多くの場合以下のように分類されます。

  • 日和見感染症

  • 原発性

真菌感染症には、症状が体の多くの部分に現れるもの(全身性)と1カ所だけにみられるもの(限局性)があります。

日和見真菌感染症は免疫機能が低下しているときに発症します。そのため、通常はエイズ患者や免疫機能を低下させる薬を使用している人など、免疫機能が低下している人に起こります。日和見真菌感染症は世界各地で発生しています。代表的な日和見真菌感染症としては以下のものがあります。

日和見真菌感染症は急激に進行することがあり、すぐにほかの臓器に広がり、死に至ることもしばしばです。

原発性真菌感染症は、免疫機能が正常な人に起こり、重篤な合併症を伴うことがあります。

一部の原発性真菌感染症は、次のように特定の地域で多く発生します。

  • ヒストプラズマ症は、米国のオハイオ川とミシシッピ川の流域、ニューヨーク州中部、テキサス州で特によくみられます。中南米、アフリカ、アジア、オーストラリアでもみられます。

  • ブラストミセス症は米国東部と中央部で特によくみられます。また、アフリカとカナダのセントローレンス川流域でも発生しています。

  • コクシジオイデス症の発生は、ほとんどが米国南西部とカリフォルニア州セントラル・バレー、およびメキシコ北部と中南米に限られています。

  • パラコクシジオイデス症は主に中南米の特定地域で発生しています。

原発性真菌感染症の多くはゆっくり進行するため、医療機関を受診するまでに何カ月あるいは何年もかかる場合があります。一般に、免疫機能が正常であれば、真菌感染症が体の奥の臓器にまで広がることはありません。

限局性真菌感染症は体の1カ所にのみ発生します。この種の感染症は、真菌の繁殖を抑制している正常なバランスが崩れて発生することがあります。例えば、特定の真菌(カンジダ Candidaなど)は正常なときに体表面や腸に生息しています。正常な状態で消化管や腟に生息している細菌が、これらの真菌の増殖を抑えています。抗菌薬を使用すると、こうした有益な細菌が死んでしまい、真菌の増殖に歯止めがかからなくなることがあります。真菌が増えすぎると何らかの症状が起こることがありますが、通常は軽症です。細菌が元通りに増えると、バランスが回復し、通常は症状もなくなります。

限局性真菌感染症は、一般的には、皮膚と爪口腔副鼻腔に起こります。

治療

  • 抗真菌薬

真菌感染症に対して効果的な薬はいくつかありますが、真菌はその構造と化学組成から、容易には殺すことができません。

抗真菌薬は、感染症が起きている皮膚、腟、口内などの表面に直接塗ります。重篤な感染症には、経口または注射で投与することもあります。重篤な感染症の場合、治療にはしばしば数カ月を要します。

icon

重篤な真菌感染症の治療薬

一般的な用途

副作用

アムホテリシンB

ほとんどの真菌感染症

悪寒、発熱、頭痛、嘔吐、低カリウム血症*、腎不全、貧血

アニデュラファンギン(anidulafungin

カスポファンギン

ミカファンギン

アスペルギルス Aspergillusおよびカンジダ感染症

吐き気、下痢、頭痛、発疹

フルコナゾール

カンジダ症やその他の真菌感染症(コクシジオイデス症、クリプトコッカス症など)

吐き気、発疹、肝臓の炎症

フルシトシン

カンジダおよびクリプトコッカス感染症

吐き気、嘔吐、骨髄の損傷

イサブコナゾール(isavuconazole)

アスペルギルス症、ムコール症

吐き気、嘔吐、肝臓の炎症

イトラコナゾール

皮膚真菌感染症、ヒストプラズマ症、その他の真菌感染症

吐き気、下痢、肝臓の炎症、発疹、頭痛、めまい、低カリウム血症*、高血圧、体液の貯留(浮腫)、まれに心不全

ポサコナゾール

アスペルギルス Aspergillus、カンジダ、その他多くの真菌感染症

吐き気、嘔吐、発疹、まれに肝臓の炎症

ボリコナゾール

アスペルギルス Aspergillusおよびカンジダ感染症、フサリウム症、スケドスポリウム症

視覚の一時的な障害(かすみ目、色覚の変化、光に対する過敏)、吐き気、嘔吐、発疹、肝臓の炎症

*カリウム濃度の低下(低カリウム血症)は、筋力低下、筋肉のけいれんやひきつり、不整脈を引き起こすことがあります。

フルシトシンは通常、ほかの薬と併用されます。

診断

  • サンプルの培養と観察

  • 血液検査

医師が原発性真菌感染症を疑った場合、患者に次のような診断に役立つ質問をします。

  • 旅行した場所や住んでいた場所(何年も前のことも含めて、特定の真菌にさらされた可能性があるかどうかを判断するため)

  • 免疫機能を抑制する薬の使用の有無

  • 免疫機能を低下させる病気の有無

次にサンプルを採取して検査室で増殖させ(培養)、顕微鏡で調べます。サンプルとしては、たんか血液を採取しますが、ときに肺からのサンプル採取が必要になる場合もあります。肺からサンプルを採取するには、気管支鏡(観察用の柔軟な管状の機器)を口から気道まで挿入します。気管支鏡から液体を噴出して、その液体を気管支鏡内に吸引すると、同時に細胞や真菌(または他の微生物)も吸い込まれます。ときには、サンプルを採取するのに生検や手術が必要になります。

診断がはっきりしない場合は、血液検査を行うこともあります。これらの検査では、抗体(真菌などの異物に対する反応として免疫系によって作られる分子)、抗原(異物として免疫反応を引き起こす分子)や、真菌感染を示すその他の徴候がないか調べます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP