Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

トリメトプリムとスルファメトキサゾール

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

トリメトプリムという抗菌薬は、単剤として、またはスルファメトキサゾール(スルホンアミド系抗菌薬の1つ)との配合剤として使用できます。

トリメトプリムおよびトリメトプリムとスルファメトキサゾールの配合剤(TMP/SMX)は、多くのグラム陽性細菌グラム陰性細菌(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusMRSA]など、他の抗菌薬に耐性のある細菌を含む)、一部の原虫(サイクロスポーラ Cyclosporaとシストイソスポーラ Cystoisospora)や真菌(ニューモシスチス Pneumocystis)に対して効果があります。トリメトプリムとスルファメトキサゾールを一緒に使用することで、両方の抗菌薬の有効性を高めることができます。

これらの薬剤は、細菌が機能するために必要な物質を作り出すのを妨げることによって作用します。

icon

トリメトプリムとスルファメトキサゾール

薬剤

一般的な用途

主な副作用

トリメトプリム*

トリメトプリム/スルファメトキサゾール(TMP/SMX)

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusMRSA)など、他の抗菌薬に耐性のある細菌による感染症

前立腺の慢性感染症(前立腺炎

女性における膀胱の感染症

女性小児における繰り返す尿路感染症の予防

様々な細菌(大腸菌E. coli]など)による腸管感染症

ニューモシスチス・イロベチイによる肺炎(真菌)の治療および予防

吐き気、嘔吐、下痢

アレルギー(発疹を含む)

尿中結晶(まれ)

白血球数と血小板数の減少

日光過敏

ワルファリンと併用すると出血が起こりやすくなる可能性あり

腎臓の機能が低下している人では腎不全

*トリメトプリムの副作用はスルファメトキサゾールと同じですが、頻度が低くなります。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中および授乳期間中の使用

妊娠中にトリメトプリムやトリメトプリム/スルファメトキサゾールを使用するのは、治療による効果がリスクを上回る場合だけに限定するべきです。トリメトプリムでは、二分脊椎などの脳や脊髄の欠損(神経管閉鎖不全)のリスクがあります。トリメトプリム/スルファメトキサゾールは出産予定日が近い場合には使用してはならず、これは、その時期に使用すると、新生児に黄疸が生じることがあり、脳の損傷(核黄疸)のリスクが高くなるためです。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

スルファメトキサゾールは母乳に移行するため、授乳期間中にトリメトプリム/スルファメトキサゾールを使用することは通常勧められません。授乳期間中にトリメトプリムを使用することは、一般に許容可能と考えられています。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP