Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

寄生虫感染症の概要

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース
  • 寄生虫感染症は開発が進んだ地域よりも開発途上の地域や農村部で多くみられます。

  • 開発が進んだ地域では、寄生虫感染症は移民や帰国した旅行者、免疫機能が低下している人に起こります。

  • 通常、寄生虫は口か皮膚から人体に侵入します。

  • 医師は感染を診断するときに、血液、便、尿、たんや、その他の感染組織のサンプルを採取し、検査室へ送って調べてもらいます。

  • 食べもの、飲みもの、水が汚染されている可能性がある地域へ向かう旅行者に対しては、加熱調理して食べる、沸かして飲む、皮をむいて食べる、食べないようにするなどのアドバイスがなされます。

  • ほとんどの感染症に対して、寄生虫を駆除する薬が使用できます。

寄生虫とは、他の生物(宿主[しゅくしゅ])の体表や体内にすみつき、宿主を利用して(例えば、栄養素を奪うことによって)生きている生物のことです。

寄生虫感染症は、アフリカ、アジア、中南米の開発途上の地域や農村部によくみられ、開発が進んだ地域には少ない病気です。それらの地域に旅行に行った人は知らないうちに寄生虫に感染していることがあり、帰国して受診してもすぐには診断されないこともあります。先進国では、移民の人や、免疫機能が低下している人(エイズを発症していたり、免疫機能を抑制する薬[免疫抑制薬]を使用している場合)が寄生虫感染症にかかることがあります。衛生状態が悪い場合や、不衛生な習慣が残る場所(精神病施設やデイケア施設など)にも、寄生虫感染症が発生するおそれがあります。

一部の寄生虫は、米国やその他の先進国でよくみられます。例えば、蟯虫(ぎょうちゅう)のほか、トリコモナス症(性感染症の一種)、トキソプラズマ症、腸管感染症であるジアルジア症クリプトスポリジウム症を引き起こす原虫などが挙げられます。

寄生虫と糞口感染

「糞口感染」の糞とは大便のことであり、口とは口それ自体と口に入るものを指しています。糞口感染による感染症は、感染した人や動物(イヌやネコなど)の糞便で汚染されたものを何らかの経緯で口から取り込むことで広がります。多くの寄生虫が人間の消化管に侵入し、その中に生息します。そのため、寄生虫やその卵(虫卵)が人間の便に含まれていることは少なくありません。

では便によって汚染されたものが、どうやって人間の口に入るのでしょうか。

  • このような事態は通常、感染者がトイレの後に十分に手洗いをしない場合に起こります。

トイレの後は手が汚れているため、その手で触れたものが寄生虫(または消化管の病気を引き起こす細菌やウイルス)によって汚染される可能性があります。レストランや食料品店、家庭などで誰かが汚染された手で食べものを触ると、その食べものが汚染されることがあります。それを食べた人が感染症にかかるおそれがあります。

口からの取り込みに、常に食べものが関係するとは限りません。例えば、ある人が汚染された手でトイレのドアを触り、ドアを汚染したとします。そこに他の人がやってきて、このドアに触れ、その指で自分の口を触ると、糞口感染が起きる可能性があります。

ほかにも次のような行動で糞口感染が起こることがあります。

  • 下水で汚染された水を飲む(衛生状態の悪い地域)

  • 汚染された水で養殖された貝類(カキやハマグリなど)を生で食べる

  • 汚染された水で洗浄した生の果物や野菜を食べる

  • 口と肛門を接触させる性行為を行う

  • 十分に消毒されていないプールや、下水で汚染されている湖や海域で泳ぐ

予防

感染の予防には、次の方法が非常に効果的です。

  • 手を石けんと水で徹底的に洗う

他の人に出す食べものを用意する人(レストラン従業員など)は、感染を多くの人に広めてしまう可能性があるため、特に注意して手洗いを徹底する必要があります。手洗いは以下の状況で重要です。

  • トイレを使用した後

  • 小児のおむつを交換した後や、トイレを済ませた小児の世話をした後

  • 食べものを扱う前後や最中

  • ものを食べる前

  • 病気の人の世話をする前とした後

  • 創傷ケアを行う前と行った後

  • 動物やその排泄物に触れた後

公衆衛生が不十分な可能性のある地域に旅行するときは、特に注意する必要があります。また、飲食物は事前に内容を確認し、食べものは十分に加熱調理し、汚染された水を飲まないようにします。例えば、湖や川の水は飲まないようにし、プールや親水公園で遊ぶときは水を飲み込まないようにしてください。

通常、寄生虫は口か皮膚から人体に侵入します。口から入る寄生虫は、飲み込まれて腸にとどまるか、腸壁を通り抜けて他の臓器に侵入します。皮膚から侵入する寄生虫には、皮膚を破って体内に入るものや、寄生虫に感染した昆虫(病気を媒介する生物であるために媒介生物と呼ばれます)などが刺した傷口から入るものがあります。はだしで歩いている人の足の裏から入る場合や、寄生虫がいる水場で泳いだり水浴びしたりしている人の皮膚から侵入する場合もあります。まれに、輸血や臓器移植、感染者が使った注射針の再使用によって感染が広がったり、妊婦から胎児へ感染したりすることもあります。

人間に感染する寄生虫には、次のものがいます。

  • 単一の細胞のみで構成される原虫(アメーバなど)

  • 多数の細胞から成り、内部器官をもつ線虫(鉤虫条虫吸虫などの蠕虫[ぜんちゅう])

原虫は、細胞分裂によって人間の体内で増殖します。対照的に蠕虫の多くでは、環境内で産卵と幼虫の成長が進行してから、その後に人間に寄生します。蠕虫は成長過程で、他の動物(中間宿主)を介することもあります。いくつかの種類の蠕虫は人間の腸で成長し、そのまま体内に寄生します(自家感染)。

原虫(マラリアを引き起こすものなど)と蠕虫(河川盲目症を引き起こすものなど)には複雑なライフサイクル(生活環)をもつものもいて、昆虫が媒介生物としてそれらの感染を媒介します。

診断

  • 血液、便、尿、たんのサンプルの分析

典型的な症状がみられる人が衛生状態の悪い地域やその感染症の発生地域に住んでいるか、あるいはそうした地域への旅行歴がある場合、寄生虫感染症が疑われます。

検査室でサンプルを分析し、寄生虫から放出されるタンパク(抗原検査)や寄生虫の遺伝物質(DNA)を調べる特殊な検査を行う場合があります。血液、便、尿、たんのサンプルを採取します。

血液のサンプルを検査し、その中に寄生虫に対する抗体が含まれていないか確認します。(抗体とは、寄生虫などによる特定の攻撃から体を守るために免疫系が作り出すタンパクです。)

また、寄生虫がいそうな組織のサンプルを採取することもあります。例えば、生検で腸の組織またはその他の感染した組織のサンプルを採取します。皮膚がサンプルとして切り取られることもあります。寄生虫を見つけるには、ときに複数のサンプルの採取や再検査が必要です。

腸管内の寄生虫を特定する

消化管に寄生虫がいると、寄生虫自体やその虫卵またはシスト(頑丈な形態に変化した休眠中の寄生虫)が便に排出されるため、顕微鏡で確認することができます。あるいは、便の検査で寄生虫から放出されるタンパクまたは寄生虫の遺伝物質が見つかり、寄生虫が特定される場合もあります。抗菌薬、緩下薬(下剤)、制酸薬は、便のサンプルを採取するまで使用すべきではありません。これらの薬を使用すると便中の寄生虫が少なくなり、便サンプル中の寄生虫を発見しにくくなるからです。

予防

食べもの、飲みもの、水が寄生虫に汚染されている可能性がある地域では、旅行者は以下のアドバイスに従ってください。

  • 水道水は飲まない

  • 「加熱調理する、煮沸する、皮をむく、いずれも無理なら食べない」

冷凍しても死なない寄生虫がいるため、精製された水で作られた氷でなければ、氷を食べて病気になることもあります。

地域毎の注意に関する情報は、米国疾病予防管理センター(CDC)の旅行者健康情報ページ(Travelers' Health page)に掲載されています。

治療

  • 抗寄生虫薬

一部の寄生虫感染症には治療が必要なく、それらの感染症は自然に治癒します。

抗寄生虫薬という種類の薬は、寄生虫を駆除するために特別に開発されたものです。さらに、特定の抗菌薬や抗真菌薬も寄生虫感染症に効果的です。

単独ですべての寄生虫に効く薬はありません。また、いくつかの寄生虫感染症には、効果的な薬がありません。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP