Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

糞線虫症

(糞線虫感染症)

執筆者:

Chelsea Marie

, PhD, University of Virginia;


William A. Petri, Jr

, MD, PhD, University of Virginia School of Medicine

レビュー/改訂 2022年 10月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

糞線虫症は、線虫の一種である糞線虫(Strongyloides stercoralis)によって引き起こされる感染症で、この線虫に汚染された土に皮膚が直接触れると、そこから線虫が侵入して感染します。

  • 通常は、人間が汚染された土の上をはだしで歩いた際に感染します。

  • この感染症にかかった人の大半に症状は起こりませんが、発疹、せき、喘鳴(ぜんめい)、腹痛、下痢、体重減少がみられる場合もあります。

  • まれに、病気(がんなど)や免疫機能を抑制する薬のために免疫機能が低下している人に、生命を脅かす重度の感染症が発生することがあります。

  • この感染症の診断は、便のサンプル中で幼虫を発見するか、血液検査で糞線虫に対する抗体を検出することで下されます。

  • 糞線虫症の治療にはイベルメクチンやアルベンダゾールを使用します。

糞線虫症は亜熱帯や熱帯など暖かく湿った気候の地域でみられ、米国南部の農村地域でも発生している感染症です。

糞線虫(Strongyloides)は英語ではthreadwormという名前でも呼ばれます。

糞線虫の感染経路

糞線虫(Strongyloides)の成虫は小腸にすみつきます。雌が産卵し、ふ化した幼虫が放出されます。幼虫のほとんどは便とともに体外に排出されます。土の中で数日を過ごした後、糞線虫の幼虫は感染する能力をもった形態になります。糞線虫の幼虫は接触した人間の皮膚を破って体内に侵入します。幼虫は様々な経路を通って小腸に移動し、そこで約2週間かけて成虫になります。

幼虫が人間に接触せずに成虫になり、土の中で数世代の繁殖を繰り返した後に、その子孫である幼虫が人間に接触することもあります。

ときには、ある人の小腸に寄生している幼虫が、以下のいずれかの経路で同じ人に再感染します。

  • 小腸の壁をくぐり抜けて再び血流内に直接入る

  • 便中に排出され、肛門周囲の皮膚または殿部もしくは太ももの皮膚にもぐり込む

いずれの場合も、幼虫は血流に乗って肺に行き、のどに上がって腸に戻り、自家感染(同じ宿主に感染すること)と呼ばれる新たな感染を起こします。

過剰感染症候群と播種性糞線虫症

まれに、プレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)、その他のコルチコステロイド、または臓器移植や骨髄移植の後に拒絶反応を予防するための薬など、免疫の働きを抑える薬(免疫抑制薬)やがんなどの病気のために免疫機能が低下している人において、重症の感染症(過剰感染症候群)が発生します。この症候群はエイズ患者にも起こりますが、その数は予想をはるかに下回ります。

過剰感染症候群は、腸管、肺、皮膚(これらは糞線虫の正常なライフサイクルに関与する臓器です)に広範な病気をもたらし、その後進行して播種性糞線虫症となり、脳と脊髄を覆う組織(髄膜)、脳、肝臓、その他の臓器などの、通常の糞線虫症では一般に侵されない組織を侵すようになります。糞線虫の幼虫には消化管の細菌が付着していることがあります。こうした状態の幼虫が全身を移動すると、血液、脳や髄液、肺、または体の他の部位にこれらの細菌が感染症を引き起こすことがあります。

糞線虫症の症状

糞線虫症の患者のほとんどは無症状です。症状が起きた場合は、たいてい皮膚、肺、消化管に現れます。

自家感染を起こしている患者には、幼虫が皮膚内を移動する際に発疹ができます。この発疹は肛門の周囲によく現れます。幼虫が移動するにつれ、発疹は急速に太ももや殿部に広がり、強いかゆみを起こします。

重度の感染症が肺や消化管に生じることがあります。ときにせきや喘鳴がみられ、腹痛や腹部の圧痛、下痢、吐き気、嘔吐が起こることもあります。重症患者は食欲が減退します。また、正常に栄養を吸収できなくなり、体重が減少することもあります。

過剰感染症候群と播種性糞線虫症

播種性糞線虫症では、他の臓器にも感染します。 髄膜炎 髄膜炎に関する序 髄膜炎とは、髄膜(脳と脊髄を覆う組織層)とくも膜下腔(髄膜と髄膜の間の空間)の炎症です。 髄膜炎は細菌、ウイルス、または真菌、感染症以外の病気、薬剤などによって引き起こされます。 髄膜炎の症状には、発熱、頭痛、項部硬直(あごを胸につけるのが難しくなる症状)などがありますが、乳児では項部硬直がみられない場合もあり、非常に高齢の人や免疫系を抑... さらに読む (脳と脊髄を覆う組織の炎症)、 脳の膿瘍 脳膿瘍 脳膿瘍とは、脳の中に膿がたまった状態のことです。 脳膿瘍は、脳以外の頭部もしくは血流に生じた感染から、または傷を介して、細菌が脳に侵入することで形成されます。 頭痛、眠気、吐き気、体の片側の筋力低下、けいれん発作が起こることがあります。 頭部の画像検査を行う必要があります。 抗菌薬を投与し、通常は針で膿瘍をドレナージするか、手術で切除します。 さらに読む 、または 肝炎 肝炎の概要 肝炎とは肝臓の炎症です。 ( 急性ウイルス性肝炎の概要と 慢性肝炎の概要も参照のこと。) 肝炎は世界中でみられる病気です。 肝炎には以下の種類があります。 急性(経過が短い) さらに読む がみられることがあります。

糞線虫(Strongyloides)の過剰感染症の合併症として重篤な血液感染症(敗血症 敗血症と敗血症性ショック 敗血症は、 菌血症やほかの感染症に対する重篤な全身性の反応に加えて、体の重要な臓器に機能不全が起きている状態です。敗血症性ショックは、敗血症のために生命を脅かすほどの血圧の低下( ショック)と臓器不全が起きている病態です。 通常、敗血症は特定の細菌に感染することで起こり、病院内での感染が多くみられます。 免疫系の機能低下、特定の慢性疾患、人工関節や人工心臓弁の使用、特定の心臓弁の異常といった特定の条件に当てはまると、リスクが高くなります... さらに読む )や腹腔の感染症(腹膜炎 腹膜炎 腹痛はよく起こりますが、多くの場合軽度です。しかし、強い腹痛が急に起きた場合は、ほとんどが重大な問題であることを示しています。このような腹痛は、手術が必要であることを示す唯一の徴候であるかもしれず、速やかに診察を受ける必要があります。高齢者やHIV感染者、免疫抑制薬(コルチコステロイドなど)を使用している人では、同じ病気の若い成人や健康な成人よりも腹痛が弱いことがあり、病状が重篤な場合でも腹痛がよりゆっくり発症することがあります。幼い子... さらに読む )などの細菌感染症が発生することがあります。

過剰感染症候群と播種性糞線虫症は、免疫機能が低下している人では、たとえ治療を施してもしばしば死に至ります。

糞線虫症の診断

  • 便サンプルの検査

  • 過剰感染症候群と播種性糞線虫症には、便検査、たん(粘液)のサンプルの検査、胸部X線検査

  • 好酸球増多症と糞線虫に対する抗体を検出する血液検査

顕微鏡で便のサンプルを検査すると、糞線虫の幼虫が見つかることがあります。多くの場合、多くのサンプルを検査しなければなりません。

医師は、内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器)を口から小腸内に挿入して、小腸組織のサンプルを採取することがあります。組織のサンプルを吸引するため、細いチューブが内視鏡に通されます。医師は内視鏡を使用してサンプルの採取部位を決定します。

過剰感染症候群が疑われる場合は、たんのサンプルを検査して幼虫の有無を調べ、胸部X線検査で肺に感染の証拠がないか調べます。

糞線虫症の予防

糞線虫症の予防には、以下のような対策があります。

  • トイレや地面に穴を掘った簡易の便所を使用する

  • 糞線虫症の流行地域では、皮膚が直接土に触れないようにする(例えば、靴を履き、地面にシートなどを敷く)

糞線虫症の治療

  • イベルメクチンまたはアルベンダゾール

糞線虫症にかかっているすべての人に治療が行われます。

糞線虫症のほとんどの症例では、以下のいずれかが使用されます。

  • イベルメクチン、1日1回、1~2日間投与

  • アルベンダゾール、1日2回、7日間投与

アルベンダゾールよりもイベルメクチンを用いた方が感染症が治癒する可能性は高くなります。ロア糸状虫症の人にイベルメクチンを使用すると重篤な脳炎(脳の炎症)が起きる可能性があるため、糞線虫症の人がアフリカのロア糸状虫のいる地域に旅行または居住したことがある場合、医師はイベルメクチンを使用する前に ロア糸状虫症 ロア糸状虫症 ロア糸状虫症は、線虫の一種であるロア糸状虫による皮膚の下の組織または眼を覆う透明な外膜(結膜)の下の感染症です。 主に腕や脚にかゆみのある腫れが現れることがあります。 ときおり、目を覆っている透明な膜の下に線虫が移動することがあります。 医師は、血液サンプル中に幼虫(ミクロフィラリア)を特定するか、成虫が眼を横切って移動するのを見ることで、ロア糸状虫症の診断を下します。... さらに読む ロア糸状虫症 がないかどうかを確認します。

過剰感染症候群と播種性糞線虫症には、たんと便から2週間以上にわたり幼虫が排泄されなくなるまでイベルメクチンが投与されます。

免疫機能が低下している場合、長期間にわたり服用を続けなければならないことがあります。

患者が重症で、口から薬を飲むことができない場合、坐薬または場合によっては皮下投与製剤(本来は動物用)が使用されます。

糞線虫症の合併症として起こりうる細菌感染症の治療には抗菌薬が使用されます。

医師は便サンプルの検査で幼虫の有無を調べるか、血液検査で糞線虫に対する抗体の濃度が減少したかどうかを確認します。糞線虫の幼虫が治療後も便中にみられる場合、または抗体の濃度が低下しない場合は、再度治療が行われます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP