Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

髄膜炎菌ワクチン

執筆者:

Margot L. Savoy

, MD, MPH, Lewis Katz School of Medicine at Temple University

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

髄膜炎菌ワクチンは、髄膜炎菌 Neisseria meningitidisによる感染症を予防します。髄膜炎菌感染症髄膜炎や危険な水準の血圧低下(ショック)につながり、死に至ることもあります。これらの細菌は、小児の細菌性髄膜炎の原因として最も多く、成人の細菌性髄膜炎の原因としては2番目に多いものです。この感染症により、以下の症状が生じることがあります。

  • 最初に発熱、吐き気、頭痛、脚の痛み

  • 後に発疹、血圧低下、手足の冷え

  • 健康な状態から数時間で重症化

  • ショックと死亡

髄膜炎菌 Neisseria meningitidisには、いくつかの種類があります。現在あるワクチンは、それらすべてに効くわけではなく、一部の種類にのみ有効です。米国では以下の髄膜炎菌ワクチンが使用できます。

  • 結合型ワクチン(MCV4)は、生後9カ月の乳児から55歳までの成人に適しており、小児定期接種に採用されています。

  • 多糖体ワクチン(MPSV4)は、55歳以上の特定の人にのみ使用されます。

  • B群髄膜炎菌ワクチン(MenB)は、ある種類の髄膜炎菌が引き起こす感染症の予防に用いられます。この菌は大学新入生の間で起きた流行で多くみられた菌です。

接種

髄膜炎菌ワクチンは皮下か筋肉内への注射を1回行って接種します。

小児定期接種の一環として、米国では11~12歳のすべての小児にMCV4髄膜炎菌ワクチンが推奨され、16歳で追加接種が行われます。

また、髄膜炎菌感染症のリスクが高い小児には、より低い年齢でこのワクチンの接種を受けることが推奨されています。例えば、脾臓(ひぞう)の機能不全を抱える小児や特定の免疫不全疾患がある小児などが該当します。ワクチン接種が可能な最低年齢は、使用する製剤により生後6週から生後9カ月まで様々です。

髄膜炎菌ワクチンは、以下の青年や成人にも推奨されています。

  • 脾臓の機能が低下している人

  • HIVに感染している人

  • 特定の免疫不全疾患を患っている人

  • エクリズマブ(補体系を阻害する薬)を服用している人

  • 日常的に細菌を扱っている微生物研究者

  • 青年(未接種の場合)

  • 16歳の誕生日以降にワクチン接種を受けておらず、学生寮で生活しているすべての大学1年生

  • すべての軍隊の新兵

  • この病気の流行地域への旅行者と流行地域の居住者

  • 髄膜炎の流行にさらされた人

対象者が一時的に病気にかかっている場合、ワクチンの接種はその病気が治まるまで待つのが通常です(CDC:ワクチンを受けるべきでない人[Who Should NOT Get Vaccinated With These Vaccines?]も参照)。

副反応

注射部位が赤くなり、痛み、腫れが生じることがあります。頭痛を感じて疲労感を覚える人もいます。少数ながら発熱もみられます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP