Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

播種性血管内凝固症候群(DIC)

執筆者:

Joel L. Moake

, MD, Baylor College of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 1月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典

播種性(はしゅせい)血管内凝固症候群は、小さな血栓が全身の血管のあちこちにできて、細い血管を詰まらせる病気です。血液凝固が増加することで出血の抑制に必要な血小板と凝固因子を使い果たしてしまい、過度の出血を引き起こします。

  • 感染、手術、出産時の合併症など、考えられる原因はいくつかあります。

  • 必要以上の血液凝固(凝固亢進状態)は過度の出血を引き起こします。

  • 血液中の凝固因子の量を測定します。

  • 原因になっている病気を治療します。

播種性血管内凝固症候群は、 凝固 血栓について 止血とは、傷ついた血管からの出血を止めようとする体の働きです。止血の過程では、血液の凝固が起こります。 凝固の働きが弱すぎると、軽いけがでも、大量の出血が起きるようになります。 凝固の働きが強すぎると、出血が起きていない血管がふさがれてしまうことがあります。 そのため、人の体には、血液の凝固を抑制し、必要なくなった血のかたまりを溶かすため... さらに読む が過度になることから始まります。感染やある種のがんなどの病気、出産、胎児の死亡、手術などによって何らかの物質が血液に入ると、凝固亢進状態の引き金になります。頭部に重い外傷を受けた場合や、 ショック ショック ショックとは、臓器への酸素の供給量が低下し、生命を脅かす状態で、臓器不全やときには死亡につながります。通常、血圧は低下しています。 ( 低血圧も参照のこと。) ショックの原因には血液量の減少、心臓のポンプ機能の障害、血管の過度の拡張などがあります。 血液量の減少または心臓のポンプ機能の障害によってショックが起きると、脱力感、眠気、錯乱が生じ、皮膚が冷たく湿っぽくなり、皮膚の色が青白くなります。... さらに読む 熱傷 熱傷 熱傷(やけど)とは、熱、電気、放射線、化学物質によって生じる組織の損傷のことです。 熱傷では痛み、水疱、腫れ、皮膚の剥離が様々な程度で起こります。 小さな浅い熱傷は、清潔を保ちつつ抗菌薬のクリームを塗るだけでよい場合もあります。 広範囲に及ぶ深い熱傷は、ショックや重度の感染症などの重篤な合併症を引き起こすことがあります。... さらに読む 熱傷 凍傷 凍傷 凍傷は体の一部が凍ってしまう寒冷障害です。 極寒の環境では、組織が凍結することがあり、ときにはその周辺組織まで破壊されることがあります。 皮膚は感覚がなくなり、白くなったり、腫れて、水疱ができたり、黒く革のような状態になることもあります。 患部は、できるだけ早く、温水で温める必要があります。 ほとんどの場合、時間の経過とともに回復しますが、ときには壊死した組織を取り除くために手術が必要になることがあります。 さらに読む 凍傷 、その他の外傷により組織が損傷した場合のほか、 毒ヘビに咬まれた ヘビによる咬み傷 米国の毒ヘビにはマムシ類(ガラガラヘビ、アメリカマムシ、ヌママムシ)とサンゴヘビがいます。 毒液の注入が重度の場合、咬まれた四肢の損傷、出血そして重要臓器へのダメージを引き起こす可能性があります。 症状が深刻な場合は解毒剤が投与されます。 ( 咬み傷と刺し傷に関する序も参照のこと。) 毒のないヘビによる咬み傷が、深刻な問題を引き起こすことはほとんどありません。米国には、およそ25種類の野生の毒ヘビがいます。毒ヘビにはマムシ類(ガラガラヘ... さらに読む ヘビによる咬み傷 場合にも、リスクが生じます。凝固過剰によって凝固因子と 血小板 血栓:血管の破れ目をふさぐ 血栓:血管の破れ目をふさぐ (血液中を循環している細胞断片で、血液凝固を助けます)が使い果たされると、大量の出血が生じます。

播種性血管内凝固症候群は以下のいずれかの形で発症します。

  • 突然

  • ゆっくり

ゆっくり発生する播種性血管内凝固症候群の典型的な原因は、がん、動脈瘤、海綿状血管腫(拡張した血管の集まり)です。

症状

播種性血管内凝固症候群を突然発症すると、普通、出血がみられ、非常に重度の出血となる場合もあります。手術や出産の後に起こると、出血を制御できなくなる場合もあります。静脈内注射をしたところや、脳、消化管、皮膚、筋肉、体腔などに出血が起こります。

がん患者にみられるような、播種性血管内凝固症候群がゆっくり発生する場合は、出血よりも静脈内の血栓(深部静脈血栓症 深部静脈血栓症 深部静脈血栓症は、深部静脈に血栓(血液のかたまり)が形成される病気で、通常は脚で発生します。 血栓は、静脈の損傷や血液の凝固を引き起こす病気により形成される場合や、何らかの原因で心臓に戻る血流が遅くなることで形成される場合があります。 血栓によって、脚や腕の腫れが生じることがあります。 血栓が剥がれて血流に乗り、肺に到達すると、 肺塞栓症を引き起こします。 深部静脈血栓症を発見するために、ドプラ超音波検査や血液検査を行います。 さらに読む 深部静脈血栓症 )が多くみられます。静脈(通常は脚の静脈)に血栓ができると、その部分に腫れ、発赤、痛みが生じることがあります。ただし、症状が現れないこともあります。静脈にできた血栓が剥がれて、肺に達することがあります(塞栓)。 血栓が肺に達すると 肺塞栓症 肺塞栓症は、血液のかたまり(血栓)や、まれに他の固形物が血液の流れに乗って肺の動脈(肺動脈)に運ばれ、そこをふさいでしまう(塞栓)病気です。 肺塞栓症は、一般に血栓によって発生しますが、別の物質が塞栓を形成して動脈をふさぐこともあります。 肺塞栓症の症状は様々ですが、一般に息切れなどがみられます。... さらに読む 、息切れが生じる可能性があります。

診断

  • 血液検査

血液検査では血小板数の減少がみられ(血液が凝固する際に血小板が使い果たされる)、血液凝固に時間がかかることが示される場合があります。播種性血管内凝固症候群の診断は、検査により血漿中のDダイマー(血栓が分解される時に放出される物質で、Dダイマーが多いほど通常よりも多い血栓が作られていることを示します)の異常な増加が認められ、多くの場合フィブリノーゲン(血液が凝固する際に消費されるタンパク質)が低値の場合に確定されます。

治療

  • 基礎疾患の治療

原因になっている病気が妊娠や出産に関係するものか、感染によるものか、がんによるものかなどを特定し、治療します。原因を取り除くことにより、凝固の問題は解消します。

播種性血管内凝固症候群を突然発症した場合は命にかかわるため、緊急の治療が必要です。失われた血小板と凝固因子を輸血で補って出血を止めます。慢性で軽度の播種性血管内凝固症候群では、出血よりも凝固が問題になるため、ヘパリンを使用して凝固を遅らせます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP