Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

低血糖

(血糖値低下)

執筆者:

Erika F. Brutsaert

, MD, New York Medical College

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

低血糖とは、血液中のブドウ糖の値(血糖値)が異常に低くなっている状態です。

  • 低血糖は、糖尿病を管理するために服用する薬によるものが最も多くみられます。低血糖のまれな原因としては、他の種類の薬、深刻な病態や臓器不全、炭水化物に対する反応(感受性の高い人において)、膵臓のインスリン産生腫瘍、一部の肥満外科手術(減量のための手術)などがあります。

  • 血糖値が下がると、空腹、発汗、ふるえ、疲労、脱力感、思考力の低下といった症状が生じますが、重度の低血糖では、錯乱、けいれん発作、昏睡(こんすい)などの症状がみられます。

  • 糖尿病の人の場合、低血糖の症状が出ている間に血糖値が低いことを確認し、それに基づいて低血糖の診断が下されます。

  • 低血糖の症状には糖を含むあらゆるものを摂取することで対処します。

  • 低血糖を引き起こす薬は、場合によって用量を減らす必要があります。

糖尿病も参照のこと。)

正常ならば、体は約70~110mg/dLの範囲内に血糖値を維持しています。低血糖では、血糖値が過度に低くなります。糖尿病は血糖値に影響がみられる疾患であり、血糖値が高いのが特徴ですが(高血糖)、多くの患者が糖尿病治療の副作用で周期的に低血糖になります。糖尿病でない人に低血糖はめったに起こりません。

血糖値が非常に低いと特定の器官系の機能が妨げられる可能性があります。脳はブドウ糖を主なエネルギー源とするため、血糖値の低さに特に敏感に反応します。血糖値が通常の範囲を大幅に下回らないように、脳が反応して、次のものを刺激します。

  • 副腎からの アドレナリン(エピネフリン)の分泌

  • 副腎からの コルチゾールの分泌

  • 膵臓からの グルカゴンの分泌

  • 下垂体からの成長ホルモンの分泌

これらのホルモンはすべて肝臓から血液中へのブドウ糖の放出を引き起こしますが、ときにこれらのホルモンによって血糖値が十分に上昇せず、低血糖が是正されないことがあります。血糖値が低すぎる状態が続くと、脳に十分なエネルギーが回らなくなり、結果として、錯乱やけいれん発作、意識の消失が起こります。

低血糖の原因

低血糖のほとんどは、糖尿病の人が血糖値を下げるために使用する インスリンや他の薬(特にスルホニル尿素薬 糖尿病の薬物治療 : 経口血糖降下薬)が原因で起こります。血糖値を可能な限り正常値に近づけるために懸命な努力がなされた場合か、インスリンを用いている人で血糖値のチェックを十分な回数行わなかった場合に、低血糖がより高い頻度でみられます。糖尿病の人のなかでも、食事を減らしている人や慢性腎臓病の人は低血糖になりやすい傾向がみられます。また、高齢者は若年者に比べてスルホニル尿素薬の使用で低血糖を起こしやすくなります。

糖尿病の薬を服用した後、普段より食べる量が少なかったり運動量が多かったりすると、薬の作用で血糖値が低くなりすぎることがあります。特に長期にわたって糖尿病を患っている人は、低血糖を打ち消すための グルカゴン アドレナリンを体内で十分につくれないため、こうした状況で低血糖を起こしやすくなります。

糖尿病の薬以外の一部の薬も低血糖を引き起こすおそれがあり、なかでもエイズに関連して起こる肺炎を治療するペンタミジンと、筋けいれん治療薬のキニーネが代表的です。

自らに負わせる作為症(ミュンヒハウゼン症候群)などの心理的障害を患っている人が隠れて インスリンなどの糖尿病治療薬を使用し、まれなタイプの薬剤性低血糖を起こすことがあります。

空腹時低血糖

健康な人では、ときに数日に及ぶような長時間の絶食や持続的な激しい運動を行っても(たとえ絶食後の運動であっても)、あまり低血糖は発生しません。

しかし一部の病気や病態の人は、食事をとらずにある程度の時間が経過すると、適度な血糖値を維持できなくなります(空腹時低血糖)。何も食べずに大量のアルコールを摂取すると、アルコールによって、肝臓でのブドウ糖産生が妨げられます。ウイルス性肝炎、肝硬変、あるいは肝臓がんなどの進行した肝疾患がある人は、肝臓にブドウ糖を十分に蓄えることができません。乳児や小児で、ブドウ糖の消費を制御する酵素系に異常がある場合(糖原病など)も、空腹時低血糖になることがあります。

空腹時低血糖のまれな原因として、インスリノーマ(膵臓のインスリン産生腫瘍)があります。下垂体や副腎のホルモン分泌量が低下する病気(なかでも重要なのがアジソン病)も低血糖を引き起こします。また、慢性腎臓病心不全、がん、敗血症などの他の病気も低血糖の原因になることがあり、特に重症患者でよくみられます。

食事への反応

必要以上に インスリンがつくられていると、大量の炭水化物を含む食事の後に低血糖(反応性低血糖)が起こることがあります。ただし、こうした反応はまれにしか起こりません。血糖値が正常な人に、低血糖と混同されるような症状が生じることもあります。

胃バイパス術などの特定の種類の肥満外科手術の後では、糖が非常に速く吸収されて インスリンをつくらせる刺激が過剰になり、低血糖につながることがあります。

糖類(果糖やガラクトース)やアミノ酸(ロイシン)の消化に問題がある人では、これらの物質を含む食物を食べた後に低血糖が生じる場合があります。

低血糖の症状

  • 軽度の低血糖:発汗、神経質、ふるえ、失神、動悸、空腹

  • 重度の低血糖:めまい、疲労感、筋力低下、頭痛、集中力の欠如、錯乱、不明瞭な話し方、かすみ目、けいれん発作、昏睡

低血糖の症状は、血糖値が60mg/dLより低くならなければめったに現れません。血糖値がこれより少し高くても、血糖値が急激に低下した場合などに症状が現れる人もいますが、この値よりずっと低くなるまで症状が現れない人もいます。

低血糖に対する体の最初の反応は、副腎から アドレナリンを放出することです。ホルモンの1つである アドレナリンの刺激によって蓄積されているブドウ糖が放出されますが、同時に発汗、神経過敏、ふるえ、失神、動悸、空腹感などの不安発作に似た症状が起こります。

さらに重度の低血糖になると、脳への糖の供給が不足して、めまい、疲労感、脱力、頭痛、集中力の欠如、錯乱、酩酊と間違えられるような不適切な行動、話し方が不明瞭になる、かすみ目、発作、昏睡などの症状が現れます。長時間にわたる重度の低血糖は脳に恒久的なダメージを与えることがあります。

症状は徐々にあるいは突然現れ、数分のうちに軽い不快感から重度の錯乱やパニックを起こすことがあります。長年の糖尿病患者(特に頻回の低血糖の発作を経験している人)は、ときに低血糖の初期症状を自覚できなくなり、他の症状もないうちに失神や昏睡に至ることがあります。

インスリノーマがある人は、一晩絶食した翌朝、特に朝食前の運動で血液中のブドウ糖の蓄えがなくなると症状を起こしやすくなります。腫瘍がある場合、初めのうちはたまに低血糖を起こす程度ですが、年月が経過すると、より頻繁に発症するようになり、症状も重くなります。

知っていますか?

  • 低血糖の人は酩酊しているように見える場合があります。

低血糖の診断

  • 血液検査による血糖値の測定

糖尿病の人に症状が現れた場合、医師は低血糖を疑います。症状が出ている間に血糖値を測定して、低いと分かれば診断を確定します。

一方、糖尿病でない健康な人では、症状、病歴、診察、簡単な検査に基づいて低血糖を診断します。

最初に血糖値を測定します。低血糖の典型的な症状があるときに測定した血糖値が低い場合、特に明らかに低血糖と関連する症状が複数回みられたときは、糖尿病でなくても低血糖の診断が確定します。糖分を摂取して数分以内に血糖値が上がり、症状が解消すれば、その診断が裏付けられます。

糖尿病以外の人で症状の出現と血糖値の関係がはっきりしない場合には、さらに検査が必要です。しばしば次のステップとして、入院するか厳密な管理の下で絶食した後に血糖値を測定します。さらに広範囲の検査が必要になることもあります。

ペンタミジン、キニーネなどの薬の使用が低血糖の原因と考えられる場合は、使用を中止して血糖値を測定し、血糖値が上がるかどうかを確かめます。原因がはっきりしない場合は別の臨床検査が必要です。

インスリノーマが疑われる場合は、絶食中(ときには最長72時間に及ぶ)の血中 インスリン値の測定が必要です。 インスリン値の測定で腫瘍の存在が疑われた場合は、その位置を確かめた後に治療が行われます。

知っていますか?

  • ときに血液サンプルの保管期間が長すぎたなどの検査室のエラーによって血糖値が低くなることがあります(偽低血糖とよばれます)。

低血糖の治療

  • 糖分摂取により血糖値を上げる

  • 薬の用量変更

  • 1日の食事を少量ずつ何回かに分ける

  • ときに腫瘍を切除する手術

低血糖を起こしやすい人は、医療従事者に自分の状態を知らせるために、医療情報を示すものを持ち歩くか身につけるようにします。

低血糖の即座の治療

低血糖の症状はキャンデー、ブドウ糖錠剤、コップ1杯の果物ジュースなどの甘い飲みものなど、どんな形でも糖分を摂取すると、数分以内に回復します。ブドウ糖錠剤は速効性があり一定量の糖分を摂取できるため、低血糖を何度か起こした人、特に糖尿病の人は好んで携帯しています。低血糖の人は糖分を摂取した後、長もちする炭水化物源(パンやクラッカーなど)を食べるのが有益です。低血糖が重症または長引いて、口から糖分を摂取できない場合には、医師は脳の損傷を防ぐために早急にブドウ糖を静脈内投与します。

重度の低血糖を起こすリスクがある人は、緊急時に備えてグルカゴンを手元に置いておくとよいでしょう。 グルカゴンを投与すると、肝臓が刺激されて大量のブドウ糖が放出されます。注射で投与すると、血糖値は5~15分以内に十分な水準に回復します。 グルカゴンキットの使用は簡単で、家族がグルカゴンの投与を練習しておくこともできます。

低血糖の原因の治療

薬によって低血糖が生じる場合、用量を調節するか別の薬に変更します。インスリノーマは外科的に除去すべきです。しかし、これらの腫瘍は小さくて位置を特定しにくいため、手術は専門医によって行われます。術前に症状をコントロールするため、オクトレオチドやジアゾキシドのような薬が投与されます。ときには2つ以上の腫瘍が存在し、手術時にすべてが見つからなかった場合は、2度目の手術が必要になることもあります。

糖尿病でなくても低血糖になりやすい人は、食事を通常の3食でとるよりも、少量の食事を何回もとるようにすると低血糖を避けられます。

炭水化物、特に単糖類の摂取を制限することで、食事後に発生する低血糖(反応性低血糖と呼ばれる)を防止できるという説があります。炭水化物の吸収を遅くする働きがあるアルファグルコシダーゼ阻害薬(アカルボースなど)も、反応性低血糖や肥満外科手術後の低血糖における使用で効果がみられています。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP