Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

内分泌腺

執筆者:

John E. Morley

, MB, BCh, Saint Louis University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

内分泌系は、ホルモンをつくって分泌することにより体の様々な機能の調節や制御を行う腺や器官の集まりです。ホルモンとは、体の他の部分の働きに影響を与える化学物質のことです。ホルモンはメッセンジャーとして働き、体のそれぞれの部位の活動を制御し、協調させます。内分泌腺で生成されたホルモンは血流中に直接放出されます(これに対して外分泌腺では、ホルモンやその他の物質は導管に放出されます)。

内分泌系を構成する個々の器官は様々で、多くの場合、関連しあっているわけではありません。内分泌系の病気を専門とする医師は内分泌医と呼ばれています。多くの内分泌医は、特定の内分泌腺の機能や病気を自身の専門分野としています。

内分泌系の各腺はそれぞれ1つ、あるいは複数の特定のホルモンを産生します。内分泌系の主な腺には以下のものがあります。

視床下部(下垂体につながる脳の小さな領域)は下垂体を制御する数種のホルモンを分泌します。下垂体は、他の多くの内分泌腺の機能を制御することから、内分泌中枢とも呼ばれます。

妊娠中は胎盤が他の機能に加えて内分泌腺としても働きます。

主な内分泌腺

主な内分泌腺

ホルモンやホルモン様物質を分泌する器官のすべてが内分泌系に属するとされているわけではありません。例えば、腎臓は血圧を制御するレニンというホルモンをつくり、骨髄を刺激して赤血球をつくらせる エリスロポエチンというホルモンもつくります。さらに、消化管も消化を調節するホルモン、膵臓の インスリン分泌に関係するホルモン、空腹を感じさせて行動を変化させるホルモンなど、様々なホルモンをつくります。脂肪組織もホルモンをつくって代謝と食欲を調節しています。

また、「腺」という用語は、必ずしもその器官が内分泌組織であることを意味するものではありません。例えば、汗腺、唾液腺、粘膜腺、乳腺は、ホルモン以外の物質を分泌すること、また血流中に直接分泌するのではなく、導管へ分泌することから、外分泌腺と呼ばれます。膵臓には内分泌腺と外分泌腺の両方の機能があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP