Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

内分泌疾患

執筆者:

John E. Morley

, MB, BCh, Saint Louis University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

内分泌系は、ホルモンをつくって分泌することにより体の様々な機能の調節や制御を行う腺や器官の集まりです。ホルモンとは、体の他の部分の働きに影響を与える化学物質のことです。ホルモンはメッセンジャーとして働き、体のそれぞれの部位の活動を制御し、協調させます。

内分泌疾患には次のどちらか一方が関係しています。

  • ホルモン分泌が多すぎる

  • ホルモン分泌が少なすぎる

腺自体の異常が原因の場合もあれば、視床下部-下垂体系(視床下部と下垂体との間のホルモン信号の相互作用)からの刺激が過剰または過少であることが原因の場合もあります。腫瘍はホルモンを過剰につくったり、正常な腺組織を破壊してホルモン分泌を減少させますが、こうした影響はその腫瘍が発生した細胞の種類によって異なります。ときに免疫系によって内分泌腺が攻撃され(自己免疫疾患)、ホルモンの分泌が減少することもあります。

主な内分泌疾患には次のものがあります。

内分泌腺の働きについて調べる場合、ホルモンの血中濃度を測定します。しかし血中濃度だけでは内分泌腺の働きに関する情報が十分に得られないことがあります。そうした場合、医師は刺激(糖分を含む飲みもの、薬、放出を刺激するホルモンなど)を与えた後や、患者が何らかの行為(絶食など)を行った後のホルモン濃度を測定します。

内分泌疾患では多くの場合、不足しているホルモンを補充する治療が行われます。疾患の原因に対して治療が行われることもあります。例えば、内分泌腺に関わる腫瘍を切除することもあります。

内分泌腺も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP