Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

内分泌機能

執筆者:

John E. Morley

, MB, BCh, Saint Louis University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

内分泌腺の主な機能は、血液中に直接、ホルモンを分泌することです。ホルモンとは、体の他の部分(標的部位)の働きに影響を与える化学物質のことです。ホルモンはメッセンジャーとして働き、体のそれぞれの部位の活動を制御し、協調させます。(内分泌腺も参照のこと。)

ホルモンは標的部位に到達すると、カギがカギ穴にぴったり合うように受容体と結合します。ホルモンが受容体に結合すると、標的部位が特定の作用を起こすための情報を伝達します。ホルモン受容体は核の内部や細胞の表面にあります。

最終的に、ホルモンは全身の器官の機能を制御し、成長や発達、生殖、性徴などの様々な過程に影響します。ホルモンは体がエネルギーを消費し、貯える方法にも影響を及ぼし、血液量、血液中の塩分や糖分(ブドウ糖)の濃度をコントロールします。ホルモンはごく微量でも体内で非常に大きな反応を引き起こします。

ホルモンは全身を循環しますが、各種のホルモンは特定の臓器または組織にのみ影響を与えます。1つあるいは2つの臓器にだけ作用するホルモンがある一方で、全身に影響を与えるホルモンもあります。例えば、甲状腺刺激ホルモンは下垂体でつくられ、甲状腺にだけ作用します。対照的に、甲状腺でつくられる甲状腺ホルモンは、全身の細胞に作用して細胞の成長を調節し、心拍数を制御し、カロリーの燃焼速度を変えるといった重要な機能に関係します。膵臓(すいぞう)の膵島細胞群から分泌される インスリンは、全身のブドウ糖、タンパク質、脂肪の処理過程(代謝)に影響を与えます。

ほとんどのホルモンはタンパク質由来です。ほかにコレステロールに由来する脂質であるステロイドから成るホルモンもあります。

icon

主なホルモン

ホルモンがつくられる部位

ホルモン

機能

下垂体

バソプレシン(抗利尿ホルモン)

腎臓に水分を保持させ、アルドステロンとともに血圧を制御する

副腎皮質刺激ホルモン( ACTH

副腎皮質におけるホルモンの生産と分泌を制御する

成長ホルモン

成長と発達を制御する

タンパク質の合成を促進する

黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモン

男性で精子と精液の産生、女性で卵子の成熟、月経周期などの生殖機能を制御する

男女の性徴を制御する(体毛の分布、筋肉の形成、皮膚のきめや厚さ、声、おそらく性格の特性も)

オキシトシン

分娩時および産後に子宮の筋肉を収縮させるとともに、乳房の乳管収縮を刺激して乳首へ乳汁を送り出す

プロラクチン

乳房の腺(乳腺)における乳汁の産生を開始させ、持続させる

甲状腺刺激ホルモン

甲状腺におけるホルモンの生産と分泌を刺激する

副甲状腺

副甲状腺ホルモン

骨の形成とカルシウムとリンの排泄を制御する

甲状腺

甲状腺ホルモン

体の機能(代謝率)を調整する

カルシトニン

血液中のカルシウム濃度を下げる傾向があり、カルシウムバランスの調整を助ける

副腎

アルドステロン

腎臓で塩分と水分を保持し、腎臓からカリウムを排泄することで、塩分と水分のバランスの調整を助ける

コルチゾール

全身に広く影響する

特に抗炎症作用がある

血糖値、血圧、筋力を維持する

塩分と水分のバランスを制御する

デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)

骨、気分、免疫系に影響する

アドレナリンと ノルアドレナリン

心臓、肺、血管、神経系を刺激する

膵臓

グルカゴン

血糖値を上げる

インスリン

血糖値を下げる

全身の糖、タンパク質、脂肪の処理過程(代謝)に影響を及ぼす

腎臓

エリスロポエチン

赤血球の産生を刺激する

レニン

血圧を制御する

卵巣

エストロゲン

女性の性徴の発達と生殖器系を制御する

プロゲステロン

受精卵の着床に備えて子宮内膜(子宮の内側を覆っている組織)の状態を整え、乳腺からの乳汁分泌を準備する

精巣

テストステロン

男性の性徴の発達と生殖器系を制御する

消化管

コレシストキニン

胆汁を腸に送るための胆嚢(たんのう)の収縮を制御する

膵臓からの消化酵素の分泌を刺激する

グルカゴン様ペプチド

膵臓からの インスリンの分泌を増やす

グレリン

下垂体からの成長ホルモンの分泌を制御する

空腹感を起こさせる

脂肪組織

レジスチン

インスリンの筋肉への作用を遮断する

レプチン

食欲を制御する

胎盤

絨毛性ゴナドトロピン

妊娠の初期に卵巣を刺激し、 プロゲステロンの放出を持続させる

エストロゲン プロゲステロン

妊娠中に胎児と胎盤に対する子宮の受容性を維持する

視床下部

甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン

甲状腺刺激ホルモンとプロラクチンの分泌を刺激する

ゴナドトロピン放出ホルモン

黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンの分泌を刺激する

副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン

副腎皮質刺激ホルモンの分泌を刺激する

成長ホルモン放出ホルモン

成長ホルモンの分泌を刺激する

ソマトスタチン

成長ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、 インスリンの分泌を阻害する

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP