Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

下垂体の腫大

執筆者:

Ian M. Chapman

, MBBS, PhD, University of Adelaide, Royal Adelaide Hospital

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

下垂体の腫大は通常、腫瘍によるものですが、下垂体の出血や、結核またはサルコイドーシスのような他の病気が原因のケースもあります。

腫大した下垂体は頭痛などの症状を引き起こすことがあります。また、大きくなった下垂体がその上にある視神経を圧迫すると、視力障害にもつながります。視力障害は、しばしば最初に両目の視野の上部外側だけに発生します。

下垂体のホルモン分泌が不足したり過剰になることもあります。

診断は、CT検査またはMRI検査の結果に基づいて下されます。血液中のホルモン量を測定することで下垂体の機能を調べます。

治療法は腫大の原因によって異なります。

甲状腺の概要も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP