Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ポルフィリン症の概要

執筆者:

Herbert L. Bonkovsky

, MD, Wake Forest University School of Medicine;


Sean R. Rudnick

, MD, Wake Forest University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ポルフィリン症とは、ヘムの産生に関わる酵素が欠損することによって生じる疾患群です。

ヘムは鉄を含む化学物質で、血液の赤い色を作り出しており、体内に存在する数種類の重要なタンパク質の主要成分です。赤血球が酸素を運ぶことを可能にするヘモグロビンは、そうしたタンパク質の1つです。ヘムは肝臓でつくられる特定の酵素の重要な材料でもあります。

ヘムは主に、骨髄と肝臓で8種類の酵素が調節する複雑な過程を経てつくられます。最初の成分から数種類の異なる中間物質(ポルフィリンとも呼ばれるヘム前駆体)を経てヘムがつくられるまでの各過程で、これらの酵素が相次いで機能します。これらの酵素のいずれかが不足すると、特定のヘム前駆体が蓄積します。ヘム前駆体は骨髄、肝臓、皮膚または他の組織にたまります。そして血液中に過剰に含まれるようになり、尿や便に排出されます。この蓄積したヘム前駆体が症状を引き起こします。どの酵素が欠乏しているかにより、蓄積する前駆体の種類や発生する症状が異なります。

ポルフィリン症には、いくつかの異なる病気があり、それぞれヘムを合成する酵素の1つが欠損することで起こります。各酵素の欠損は、その酵素の合成に関係する遺伝子の損傷(変異)が原因で発生します。ほとんどの場合、変異した遺伝子は両親のいずれかから遺伝しますが、ごくまれに両方から受け継がれる場合もあります。

ポルフィリン症の分類

ポルフィリン症には数種類の分類法があります。最も正確なのは、欠損している酵素に基づく分類法です。

より簡単な方法として、以下のように急性ポルフィリン症と皮膚ポルフィリン症に分類することもできます。

  • 急性ポルフィリン症:神経症状、精神症状、腹部症状を引き起こすポルフィリン症

  • 皮膚ポルフィリン症:皮膚が日光にさらされたときに皮膚症状を引き起こすポルフィリン症

3つ目の分類方法は、以下のように過剰な前駆体がどこで発生するかを基にしたものです。

  • 肝性ポルフィリン症:前駆体が主に肝臓で発生する

  • 骨髄性ポルフィリン症:前駆体が主に骨髄で発生する

ポルフィリン症のなかには、これらの分類の複数のカテゴリーに当てはまるものもあります。

急性ポルフィリン症

急性ポルフィリン症は、腹部、精神、および神経の症状を間欠的に引き起こします。これらの症状は処方薬(経口避妊薬を含む)、アルコールのほか、飢餓、感染、ストレスなどの要因が引き金になって起こるのが典型的です。

最も多くみられる急性ポルフィリン症は以下のものです。

その他の急性ポルフィリン症には以下のものがあります。

  • 異型ポルフィリン症

  • 遺伝性コプロポルフィリン症

  • デルタ-アミノレブリン酸デヒドラターゼ(ALAD)欠損性ポルフィリン症(極めてまれ)

一部の急性ポルフィリン症(異型ポルフィリン症と遺伝性コプロポルフィリン症)は皮膚症状も引き起こします。

皮膚ポルフィリン症

皮膚ポルフィリン症では、皮膚が日光にさらされた後に皮膚関連の症状が現れます。この種のポルフィリン症では、特定のポルフィリンが皮膚に蓄積しています。このポルフィリンは、光や酸素にさらされるとイオン化して不安定な型の酸素を発生させ、皮膚を損傷します。

一部の皮膚ポルフィリン症では、症状が持続的または間欠的に現れる傾向があります。そのような皮膚ポルフィリン症としては以下のものがあります。

  • 晩発性皮膚ポルフィリン症(最も多くみられる皮膚ポルフィリン症)

  • 先天性骨髄性ポルフィリン症

  • 肝骨髄性ポルフィリン症(極めてまれ)

患者は、日光にさらされると症状が現れることに気づいていないことがよくあります。日光のあたる部分(顔面、首、手、前腕など)や損傷のある部位などの皮膚がもろくなり、水疱(すいほう)ができます。2種類の急性ポルフィリン症(異型ポルフィリン症と遺伝性コプロポルフィリン症)でも同じ皮膚症状がみられます。

また、日光にさらされてからもっと早く症状が現れる皮膚ポルフィリン症もあります。このようなポルフィリン症としては以下のものがあります。

これらの病型では、日光にさらされてから数分または数時間以内に水疱を伴わない灼熱痛が現れます。この痛みは数時間続きます。皮膚に目に見える変化はないことが多いですが、腫れや赤みが現れることもあります。

ポルフィリン症の診断

  • 尿中または血中のポルフィリンとその前駆体の測定

  • 遺伝子検査

血液検査または尿検査

血液検査、尿検査によりポルフィリンまたはその前駆体の種類を調べることができます。ポルフィリン症の多くで、尿が赤色または赤褐色に変化します。尿を数分から数時間、空気や光にあてた後にのみ、この変色がみられる場合もあります。

スクリーニング

急性ポルフィリン症の発作または皮膚ポルフィリン症の症状を誘発する物質へさらされることを防止するために、いずれかの酵素の欠損を引き起こす遺伝子異常がないかどうかを把握する必要があります。通常、血液を採取して遺伝子検査が行われます。

親に急性ポルフィリン症につながる酵素欠損がある場合、その子どもは思春期を迎える前に検査を受けるのが理想的です。急性発作が思春期前に起こることはまれであるため、遺伝子異常が見つかった小児は、発作を避ける方法について前もって学習しておくとよいでしょう。

酵素欠損のある患者より年長の家族も、検査を受けて、急性ポルフィリン症になる素因をもっているかどうかを確認するべきです。

二次性ポルフィリン尿症

医師は尿中のポルフィリンとその前駆体を測定することによってポルフィリン症の診断を下します。血液疾患や肝疾患のほか、アルコール、ベンゼン、鉛のような毒素への曝露など、ポルフィリン症と関係のない病態によって、尿中のポルフィリンの量が増加することがあります。このような現象を二次性ポルフィリン尿症と呼びます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP