Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ビタミンE欠乏症

執筆者:

Larry E. Johnson

, MD, PhD, University of Arkansas for Medical Sciences

レビュー/改訂 2022年 11月
プロフェッショナル版を見る

ビタミンEの少ない食事を原因とするビタミンE欠乏症は、食料不安の蔓延率が高い国でよくみられます。食料不安の蔓延率が低い国における通常の原因は、吸収障害です。乳児がビタミンE欠乏症の状態で生まれてくることがあり、これは通常はサプリメントで改善します。

  • ビタミンE欠乏症は、反射と協調運動の障害、歩行困難、筋力低下を引き起こします。

  • ビタミンE欠乏症の早産児は、深刻な種類の貧血を発症することがあります。

  • 診断は、症状と身体診察の結果に基づいて下されます。

  • ビタミンEのサプリメントを摂取することで欠乏症は改善します。

ビタミンE(トコフェロール)には抗酸化作用があり、フリーラジカル(正常な細胞活動の副産物で、細胞内の化学反応に関与する)による損傷から細胞を守ります。フリーラジカルが関与する反応の中には、有害なものもあります。(ビタミンの概要 ビタミンの概要 ビタミンは健康的な食事に不可欠です。ほとんどのビタミンについて、健康な人の大半が健康を維持するのに必要な1日当たりの量を表した推奨量(RDA)が設定されています。一部のビタミンには、安全な上限量(耐容上限量)が決められています。この上限を超えて摂取すると、有害な影響(毒性)が出るリスクが高まります。... さらに読む も参照のこと。)

ビタミンEはわずかな量しか胎盤を通過しないため、新生児が体内に蓄えているビタミンEの量は比較的少量です。そのため、新生児(特に早産児)ではビタミンE欠乏症のリスクが高くなります。しかし、乳児は通常母乳や市販の人工乳から十分な量のビタミンEが得られるため、年齢が増えるにつれてリスクは低下します。成人は脂肪組織に多量のビタミンEを蓄えることができ、欠乏症が起こりにくくなっています。

ビタミンE欠乏症の原因

ビタミンEの主要な摂取源は植物油であり、ビタミンEは多少の脂肪と一緒に食べた場合に最もよく吸収されるため、極端な低脂肪食ではビタミンEが不足します。脂肪の吸収を妨げる病気(特定の 肝疾患 肝疾患の概要 肝疾患は、様々な形で現れます。特徴的な症状や徴候には、以下のものがあります。 黄疸(皮膚や白眼の部分が黄色くなる症状) 胆汁うっ滞(胆汁の流れの減少または停止) 肝腫大(肝臓が大きくなる) 門脈圧亢進症(腸から肝臓に向かう静脈の血圧が異常に高くなること) さらに読む 胆嚢疾患 胆嚢と胆管の病気の概要 胆汁は、緑がかった黄色の粘り気のある液体で、肝臓で作られます。胆汁はコレステロール、脂肪、脂溶性ビタミンを腸から吸収しやすい形に変えることで、消化を補助します。また、特定の老廃物(主にビリルビンと過剰なコレステロール)や薬の副産物を体外に排出する働きもあります。 胆道は複数の細い管で構成され、胆汁はそれらの管を通って肝臓から胆嚢へ、さらに... さらに読む 胆嚢と胆管の病気の概要 膵炎 膵炎の概要 膵炎とは膵臓の炎症です。 膵臓は木の葉の形をした臓器で、長さは約13センチメートルあります。周囲を胃の下側と小腸の最初の部分(十二指腸)に囲まれています。 膵臓には主に以下の3つの機能があります。 消化酵素を含む膵液を十二指腸に分泌する 血糖値の調節を助けるインスリンとグルカゴンというホルモンを分泌する さらに読む 嚢胞性線維症 嚢胞性線維症(CF) 嚢胞性線維症(のうほうせいせんいしょう)は、特定の分泌腺が異常に粘り気の強い分泌物を生産し、それによって組織や器官、特に肺や消化管が損傷を受ける遺伝性疾患です。 嚢胞性線維症は、遺伝子変異を親から引き継ぐことで発生し、粘り気の強い濃厚な分泌物が肺やその他の臓器の働きを妨げます。... さらに読む など)によっても、ビタミンEの吸収量が減少し、ビタミンE欠乏症のリスクが高くなることがあります。

米国や食料不安の蔓延率が低いその他の国では、年長児や成人ではビタミンE欠乏症はまれであり、ビタミンE欠乏症の原因には通常次のようなものが挙げられます。

食料不安の蔓延率が高い国では、ビタミンE欠乏症の最も一般的な原因は以下のものです。

  • ビタミンEの摂取不足

知っていますか?

  • ビタミンE、A、D、Kを吸収するには多少の脂肪と一緒に食べる必要があるため、非常に脂肪の少ない食事によってこれらのビタミンの欠乏症が生じることがあります。

ビタミンE欠乏症の症状

小児では、症状には、反射の遅延、歩行困難、協調運動障害、位置覚(腕や脚の位置を見なくても分かる感覚)の喪失、筋力低下などがあります。

成人は脂肪組織に多量のビタミンEを蓄えているため、吸収不良を引き起こす病気によるビタミンE欠乏症を有する成人では、これらの症状が現れることはまれです。

ビタミンE欠乏症は、赤血球が壊れる 溶血性貧血 赤血球の過剰な破壊による貧血 を引き起こす可能性があります。ビタミンE欠乏症の早産児には、この深刻な病気のリスクがあります。

ビタミンE欠乏症の診断

  • 身体診察

  • ときに血液検査

ビタミンE欠乏症の診断は、症状、リスクを増加させる条件があることに加え、身体診察の結果に基づいて下されます。

診断を確定するために、ビタミンEの値を測定する血液検査が行われることがあります。

ビタミンE欠乏症の治療

  • ビタミンEのサプリメント

ビタミンE欠乏症の治療としては、ビタミンEのサプリメントを服用します。

早産児には、病気が発生するのを予防するためにサプリメントが投与されることもあります。正期産の新生児のほとんどでは、母乳や市販の人工乳で十分な量のビタミンEが得られるため、サプリメントは必要ありません。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP