Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

気分循環性障害

執筆者:

William Coryell

, MD, University of Iowa Carver College of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 3月
プロフェッショナル版を見る

気分循環性障害では、比較的軽度で短期間の高揚(軽躁状態)と軽度で短期間の悲しみ(うつ状態)が交互にみられます。

気分循環性障害は、ビジネスでの成功やリーダーシップの発揮、偉業の達成、芸術的な創造性などに貢献する場合があります。一方で、仕事や学業の成績にむらがある、頻繁に転居する、失恋や離婚を繰り返す、 アルコール使用障害 アルコール アルコール(エタノール)は抑制薬です。急激にまたは定期的に大量飲酒すると、臓器の損傷、昏睡、死亡などの健康上の問題を引き起こす可能性があります。 遺伝特性や個人的な性質がアルコール関連障害の発症に関与しています。 アルコールを飲みすぎると、眠くなったり攻撃的になり、運動協調や精神機能が損なわれ、仕事、家族関係、その他の活動が妨げられます。 長期間大量のアルコールを飲むと、アルコールに依存するようになり、肝臓、脳、心臓を損傷します。... さらに読む やその他の 物質使用障害 物質使用障害 物質使用障害は、一般に物質の使用により問題が生じているにもかかわらず、その使用を続ける行動パターンがみられるものです。 関係する物質は、以下のような物質関連障害の典型的な原因として知られる10種類の薬物のいずれかであることが多くなっています。 アルコール 抗不安薬と鎮静薬 カフェイン さらに読む など、種々の問題の原因にもなりえます。

気分循環性障害の診断は、症状の特徴的なパターンに基づいて下されます。

治療

  • 教育と支援

  • ときに気分を安定させる薬

気分循環性障害の人は、自分の極端な気質と折り合って生きる方法を身につける必要があります。しかし、気分循環性障害とともに生きることは、しばしば対人関係が波乱に富むものとなるため、容易ではありません。時間に融通の効く仕事についたり、芸術的な傾向のある患者であれば芸術の道を追究したりすると、楽になる場合もあります。

気分循環性障害によって日常的な役割を果たすことが難しくなっている場合は、気分安定薬(リチウム リチウム 双極性障害(以前の躁うつ病)では、抑うつ状態と躁状態または軽躁状態(軽度の躁状態)が交互にみられます。躁状態は、過度の身体活動や、置かれた状況と著しく不釣り合いな高揚感を特徴とします。 双極性障害の発症には、おそらく遺伝も一部関与しています。 抑うつ状態と躁状態は、別々に生じることもあれば、同時に生じることもあります。 過度に気持ちがふさぎ込んで人生に興味がなくなる時期と、気分が高揚し、極端に活動的になって、しばしば易怒性を示す時期とが... さらに読む 抗てんかん薬 抗てんかん薬 双極性障害(以前の躁うつ病)では、抑うつ状態と躁状態または軽躁状態(軽度の躁状態)が交互にみられます。躁状態は、過度の身体活動や、置かれた状況と著しく不釣り合いな高揚感を特徴とします。 双極性障害の発症には、おそらく遺伝も一部関与しています。 抑うつ状態と躁状態は、別々に生じることもあれば、同時に生じることもあります。 過度に気持ちがふさぎ込んで人生に興味がなくなる時期と、気分が高揚し、極端に活動的になって、しばしば易怒性を示す時期とが... さらに読む など)が使用されることがあります。抗てんかん薬のジバルプロエックス(divalproex)の方がリチウムより副作用が軽くなることがあります。抗うつ薬は、急激な気分の転換(急速交代型)を引き起こす可能性があるため、うつ状態が重度で長く続いている場合を除いて使用されません。

支援団体が開催する会に参加することで、患者同士で体験や感情を共有することができます。

さらなる情報

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP