Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

気分循環性障害

執筆者:

William Coryell

, MD, Carver College of Medicine at University of Iowa

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

気分循環性障害では、比較的軽度で短期間の高揚(軽躁状態)と軽度で短期間の悲しみ(うつ状態)が交互にみられます。

気分循環性障害は双極性障害と似ていますが、それほど重度ではありません。気持ちの高揚や悲しみの程度は比較的軽く、典型的には数日間しか続きませんが、不規則な間隔でかなり頻繁に再発します。この病気が悪化して双極性障害に発展したり、極端な気分の変動が続いたりすることもあります。

気分循環性障害は、ビジネスでの成功やリーダーシップの発揮、偉業の達成、芸術的な創造性などに貢献する場合があります。一方で、仕事や学業の成績にむらがある、頻繁に転居する、失恋や離婚を繰り返す、アルコールや薬物を乱用するなど、種々の問題の原因にもなりえます。

気分循環性障害の診断は、症状の特徴的なパターンに基づいて下されます。

治療

  • 教育と支援

  • ときに気分を安定させる薬

気分循環性障害の人は、自分の極端な気質と折り合って生きる方法を身につける必要があります。しかし、気分循環性障害とともに生きることは、しばしば対人関係が波乱に富むものとなるため、容易ではありません。時間に融通の効く仕事についたり、芸術的な傾向のある患者であれば芸術の道を追究したりすると、楽になる場合もあります。

気分循環性障害によって日常的な役割を果たすことが難しくなっている場合は、気分安定薬(リチウム抗てんかん薬など)が使用されることがあります。抗てんかん薬のジバルプロエックスの方がリチウムより副作用が軽くなることがあります。抗うつ薬は、急激な気分の転換(急速交代型)を引き起こす可能性があるため、うつ状態が重度で長く続いている場合を除いて使用されません。

支援団体(うつ病・躁うつ病支援連合会[Depression and Bipolar Support Alliance]―DBSAを参照)が開催する会に参加することで、患者同士で体験や感情を共有することができます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP