Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

失行

執筆者:

Juebin Huang

, MD, PhD, Memory Impairment and Neurodegenerative Dementia (MIND) Center, University of Mississippi Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

失行とは、パターンや順序を覚える必要がある作業を行う能力が失われる障害です。

  • 失行がある人は、複雑な作業や単純でも技巧を要する作業をする上で、身体的には作業を行う能力があるにもかかわらず、必要な一連の動作を行えないか、その順序を覚えることができません。

  • 医師は習得済みの一般的な作業を行ったり真似したりするように指示し、神経心理学的検査や画像検査が行われることもあります。

  • 理学療法士や作業療法士は、失行患者の居住環境をより安全にしたり、機能を改善できる機器を提供したりすることで、患者を助けることができます。

失行は比較的まれにみられます。

失行の原因

通常は、頭頂葉の損傷、または頭頂葉と脳の他の部位とをつなぐ神経経路の損傷により起こります。これらの領域には習得された一連の動作に関する記憶が保存されています。まれに、脳の他の領域の損傷により失行が起こることもあります。

脳卒中、腫瘍、けが、または認知症によって損傷が起こることがあります。

失行の症状

失行がある人は、複雑な作業や単純でも巧みな作業をする上で、身体的には作業を行う能力があり、1つ1つの動作はできるにもかかわらず、必要な一連の動作を行えないか、その順序を覚えることができません。例えば、ボタンを留める行為は一連の手順で構成されており、身体的には手でこの作業を行う能力があるにもかかわらず、ボタンを留められないことがあります。典型的には、患者は自身の問題に気づいていません。

言語失行のある人は、話すために必要な筋肉の動きを開始すること、協調させること、または順序通りに行うことができないために、言葉の基本的な音のまとまりを作ることができません。

失行の中には、ある特定の作業だけが行えなくなるものもあります。例えば、絵を描く、メモをとる、上着のボタンを留める、靴ひもを結ぶ、電話の受話器を取る、楽器を演奏するなど、何か1つの能力だけが失われることがあります。

失行の診断

  • 医師による評価

  • 脳機能の検査

  • CT検査やMRI検査などの画像検査

失行の診断を下すための評価では、医師は患者に対し習得済みのありふれた作業(歯ブラシ、ハサミ、またはドライバーを使用するなど)を行ったり真似したりするよう指示します。医師はまた、身体診察を行い、患者の症状が筋力低下や筋肉または関節の異常によるものでないかどうかを確認します。

家族や介護者は、患者がどの程度日常動作(食器を使って食べる、料理をする、書くなど)を行えているかを尋ねられます。

神経心理学的検査(脳機能を評価するための標準化された検査)が行われることもあります。この検査では、質問されたり、特定の動作(手を振る、ハンマーの使い方を示すなど)をするように指示されたりすることがあります。

脳損傷の原因を特定するために、CT検査やMRI検査などの画像検査と、その他の検査が行われます。

予後(経過の見通し)

一般に、失行がある人では機能が低下し続け、他者に依存するようになり、日常生活を送る上での介助といくらかの監督が必要になります。ただし、失行の原因が脳卒中である場合には、機能の低下が止まる場合もあり、いくらか改善することもあります。

失行の治療

  • 原因の治療

  • 理学療法と作業療法

可能であれば、失行の原因になっている病気に対する治療を行います。

人によっては、失行で失われた機能を補う方法を学ぶのに理学療法や作業療法が役立つ場合があります。しかし、理学療法や作業療法の主な用途は、居住環境をより安全にし、機能の改善に役立つ機器を提供することです。

言語失行のある患者には、言語療法士の指導の下、何度も音のパターンを発声する練習が役立つ可能性があります。言語失行が重度の患者には、文字や絵を書いたボードや、キーボードと画面を備えたコミュニケーション用の電子機器の使用方法が指導されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP