Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

骨嚢胞

執筆者:

Michael J. Joyce

, MD, Cleveland Clinic Lerner School of Medicine at Case Western Reserve University;


Hakan Ilaslan

, MD, Cleveland Clinic Lerner College of Medicine at Case Western Reserve University

最終査読/改訂年月 2017年 3月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

多くのがんではない(良性の)骨の異常は、骨腫瘍と似ていることがありますが、異なる病気です。

動脈瘤様骨嚢胞

動脈瘤様骨嚢胞は、通常、25歳未満で発生し、原因は不明です。この嚢胞は多数の血液で満たされた袋が密集してできています。多くの場合この嚢胞は、長管骨(上腕骨や大腿骨)の側面に発生しますが、ほぼすべての骨に発生する可能性があります。嚢胞は、ゆっくりと増殖する傾向があります。痛みと腫れがよくみられます。この嚢胞は、診断がつくまでに数週間から1年かかることがあります。

動脈瘤様骨嚢胞を診断するために、通常、医師は X線検査 X線検査 筋骨格系の病気は、病歴と身体診察の結果に基づいて診断することがよくあります。医師が診断を下したり確定したりするのを助けるために、臨床検査、画像検査、またはその他の診断方法が必要になることがあります。 臨床検査は、筋骨格系の病気の診断にしばしば役立ちます。例えば、赤血球沈降速度(赤沈)は、血液を試験管に入れたときに赤血球が沈む速度を測定する検査です。炎症がある場合、通常は赤沈が上昇します。しかし、炎症は非常に様々な状況で起こるため、赤沈だ... さらに読む X線検査 MRI(磁気共鳴画像)検査 CT(コンピュータ断層撮影)検査とMRI(磁気共鳴画像)検査 筋骨格系の病気は、病歴と身体診察の結果に基づいて診断することがよくあります。医師が診断を下したり確定したりするのを助けるために、臨床検査、画像検査、またはその他の診断方法が必要になることがあります。 臨床検査は、筋骨格系の病気の診断にしばしば役立ちます。例えば、赤血球沈降速度(赤沈)は、血液を試験管に入れたときに赤血球が沈む速度を測定する検査です。炎症がある場合、通常は赤沈が上昇します。しかし、炎症は非常に様々な状況で起こるため、赤沈だ... さらに読む CT(コンピュータ断層撮影)検査とMRI(磁気共鳴画像)検査 を行います。

最良の治療法は、手術で嚢胞を完全に切除することですが、ときに再発することがあります(特に完全に切除されなかった場合)。放射線療法は、後になって悪性腫瘍が生じる場合があるため、できれば避けるべきです。ただし、手術で治療できず脊髄を圧迫している嚢胞に対しては、選択すべき治療法になる場合があります。

単房性骨嚢胞(単純性骨嚢胞)

単房性骨嚢胞は、小児の腕や脚の成長板の近くに発生します。成長板は、小児の成長を可能にします。

嚢胞によって、付近の骨が薄くなることがよくあり、そのため骨折に至ることがあります。長さや幅が2インチ(約5センチメートル)未満の嚢胞は、骨折が治るにつれて治癒して消失することがあります。長さや幅が2インチ(約5センチメートル)を超える嚢胞(特に小児の場合)には、治療が必要になることがあります。

ほとんどの場合、治療はコルチコステロイドの注射(しばしば繰り返し行います)、加工された骨のパテ、または人工骨で行います。ときとして、治療として嚢胞の中身をさじ状の器具で骨から削り取る(掻爬)除去手術と、別の部位から骨を移す骨移植を行うことがあります。治療を行っても、約10~15%の患者に嚢胞が残ったり、再発したりします。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP