Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

骨の腫瘍の概要

執筆者:

Michael J. Joyce

, MD, Cleveland Clinic Lerner School of Medicine at Case Western Reserve University;


Hakan Ilaslan

, MD, Cleveland Clinic Lerner College of Medicine at Case Western Reserve University

最終査読/改訂年月 2017年 3月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

骨腫瘍とは、骨に生じた異常な細胞の増殖物です。

  • 骨腫瘍には、がん(悪性)とそうでないもの(良性)があります。

  • 悪性腫瘍は最初から骨に生じる場合(原発性のがん)と他の器官(乳房や前立腺など)に生じて骨に転移する場合(転移性のがん)とがあります。

  • 腫瘍により、説明のつかない進行性の骨の痛みや、腫れ、骨折傾向(すぐに骨折しやすくなる)が生じることがあります。

  • 診断は、画像検査(X線検査、CT検査、MRI検査など)に基づいて下されることもありますが、多くの場合、腫瘍や骨の組織サンプルを採取して顕微鏡で調べる生検が必要です。

骨腫瘍には、悪性と良性があり、原発性と転移性のものがあります。

小児期にみられる骨腫瘍のほとんどは、原発性かつ良性です。一部の骨腫瘍( 骨肉腫 骨肉腫(骨原性肉腫) 最初から骨に発生する腫瘍は原発性骨腫瘍と呼ばれます。原発性骨腫瘍には、がんではない良性腫瘍と、がんである悪性腫瘍があります。 (「骨の腫瘍の概要」と「がんの概要」も参照のこと。) 軟骨肉腫は、軟骨のがん細胞からなる腫瘍です。この腫瘍は高齢者に起こる傾向があります。この腫瘍は骨盤や肩甲骨といった骨によくみられますが、どの骨のどの部分にも発生... さらに読む 骨肉腫(骨原性肉腫) ユーイング肉腫 骨のユーイング肉腫 最初から骨に発生する腫瘍は原発性骨腫瘍と呼ばれます。原発性骨腫瘍には、がんではない良性腫瘍と、がんである悪性腫瘍があります。 (「骨の腫瘍の概要」と「がんの概要」も参照のこと。) 軟骨肉腫は、軟骨のがん細胞からなる腫瘍です。この腫瘍は高齢者に起こる傾向があります。この腫瘍は骨盤や肩甲骨といった骨によくみられますが、どの骨のどの部分にも発生... さらに読む 骨のユーイング肉腫 など)は原発性かつ悪性です。転移性のものはごくわずかです( 神経芽腫 神経芽腫 神経芽腫はよくみられる小児がんの1つで、神経系の一部または副腎に発生します。 神経芽腫の原因は不明です。 症状は神経芽腫が発生した部位によって異なります。神経芽腫は、例えば、腹部、胸部、骨、皮膚、脊髄などに発生します。 診断に際して通常は画像検査と生検が行われます。 治療法としては、腫瘍が転移していなければ切除手術、化学療法、ときに放射線... さらに読む ウィルムス腫瘍 ウィルムス腫瘍 ウィルムス腫瘍は、主に幼児に発生する特殊な種類の腎臓がんです。 ウィルムス腫瘍の原因は不明ですが、遺伝子異常があると考えられる小児もいます。 たいていの場合、小児の腹部にしこりがあり、腹痛、発熱、食欲不振、吐き気、嘔吐もみられます。 画像検査により、しこりの性質と大きさが調べられます。... さらに読む )。

成人にみられる悪性骨腫瘍の多くは、転移性です。全体として、良性骨腫瘍は、比較的多くみられますが、原発性悪性骨腫瘍はまれで、米国では年間約2500人の発生に過ぎません。この人数には、 多発性骨髄腫 多発性骨髄腫 最初から骨に発生する腫瘍は原発性骨腫瘍と呼ばれます。原発性骨腫瘍には、がんではない良性腫瘍と、がんである悪性腫瘍があります。 (「骨の腫瘍の概要」と「がんの概要」も参照のこと。) 軟骨肉腫は、軟骨のがん細胞からなる腫瘍です。この腫瘍は高齢者に起こる傾向があります。この腫瘍は骨盤や肩甲骨といった骨によくみられますが、どの骨のどの部分にも発生... さらに読む 多発性骨髄腫 (骨を形成する硬い骨組織よりも骨の内部の骨髄に発生するがん)の患者数は含まれていません。

症状

ときには痛みのないしこりができ、それがやがて痛むようになることもありますが、多くの場合、最初に現れる骨腫瘍の症状は、骨の痛みです。ひどい痛みになることもあります。痛みは、安静時や夜間に生じることがあり、徐々に悪化する傾向があります。ときとして、腫瘍(特に悪性の場合)によって骨が徐々に弱くなることがあります。骨が弱くなることによって、日常的な動きをしている際に骨が折れる(骨折)ことが非常に起こりやすくなります(このタイプの骨折は病的骨折と呼ばれます)。

診断

  • X線検査

  • しばしばMRI(磁気共鳴画像)検査およびときとしてCT(コンピュータ断層撮影)検査

  • ときとして骨シンチグラフィー

  • 生検

関節や腕や脚に常に痛みがあり、その部位を使っていない場合にさえ痛みがある場合は、医師は一般的に X線検査 X線検査 筋骨格系の病気は、病歴と身体診察の結果に基づいて診断することがよくあります。医師が診断を下したり確定したりするのを助けるために、臨床検査、画像検査、またはその他の診断方法が必要になることがあります。 臨床検査は、筋骨格系の病気の診断にしばしば役立ちます。例えば、赤血球沈降速度(赤沈)は、血液を試験管に入れたときに赤血球が沈む速度を測定する... さらに読む X線検査 を行います。X線検査によって、骨の見た目が異常であることや、骨の増殖や穴が示されます。しかし、X線画像でそうした異常を見ることはできるものの、通常は腫瘍が良性か悪性かは判断できません。ただし、一部の腫瘍はX線画像で良性であることが確認できます。例えば、 骨パジェット病 骨パジェット病 骨パジェット病は骨格の慢性疾患で、骨の代謝回転が異常になる結果、その領域の骨が肥厚し柔らかくなります。 骨の分解と形成が増加し、骨が正常な場合と比べて厚くなりますが、もろくもなります。 症状がないこともあれば、骨の痛み、骨の変形、関節炎、神経の圧迫による痛みなどの症状がみられることもあります。... さらに読む 骨パジェット病 内軟骨腫 内軟骨腫 がんではない(良性)骨腫瘍は痛みを伴わないことがありますが、多くの場合は骨痛を引き起こします。ひどい痛みになることもあります。痛みは、安静時や夜間に生じることがあり、徐々に悪化する傾向があります。 (骨の腫瘍の概要も参照のこと。) 軟骨芽細胞腫は、骨端部分に増殖するまれな腫瘍です。主に10~20歳で発生します。この腫瘍は、痛みが生じて発見... さらに読む 内軟骨腫 骨嚢腫 骨嚢胞 多くのがんではない(良性の)骨の異常は、骨腫瘍と似ていることがありますが、異なる病気です。 (骨の腫瘍の概要も参照のこと。) 動脈瘤様骨嚢胞は、通常、25歳未満で発生し、原因は不明です。この嚢胞は多数の血液で満たされた袋が密集してできています。多くの場合この嚢胞は、長管骨(上腕骨や大腿骨)の側面に発生しますが、ほぼすべての骨に発生する可能... さらに読む 骨嚢胞 非骨化性線維腫 非骨化性線維腫(線維性骨皮質欠損、線維黄色腫) がんではない(良性)骨腫瘍は痛みを伴わないことがありますが、多くの場合は骨痛を引き起こします。ひどい痛みになることもあります。痛みは、安静時や夜間に生じることがあり、徐々に悪化する傾向があります。 (骨の腫瘍の概要も参照のこと。) 軟骨芽細胞腫は、骨端部分に増殖するまれな腫瘍です。主に10~20歳で発生します。この腫瘍は、痛みが生じて発見... さらに読む 非骨化性線維腫(線維性骨皮質欠損、線維黄色腫) 線維性骨異形成 線維性骨異形成 がんではない(良性)骨腫瘍は痛みを伴わないことがありますが、多くの場合は骨痛を引き起こします。ひどい痛みになることもあります。痛みは、安静時や夜間に生じることがあり、徐々に悪化する傾向があります。 (骨の腫瘍の概要も参照のこと。) 軟骨芽細胞腫は、骨端部分に増殖するまれな腫瘍です。主に10~20歳で発生します。この腫瘍は、痛みが生じて発見... さらに読む 線維性骨異形成 などです。

X線検査で十分な情報が得られない場合、 CT検査 CT(コンピュータ断層撮影)検査とMRI(磁気共鳴画像)検査 筋骨格系の病気は、病歴と身体診察の結果に基づいて診断することがよくあります。医師が診断を下したり確定したりするのを助けるために、臨床検査、画像検査、またはその他の診断方法が必要になることがあります。 臨床検査は、筋骨格系の病気の診断にしばしば役立ちます。例えば、赤血球沈降速度(赤沈)は、血液を試験管に入れたときに赤血球が沈む速度を測定する... さらに読む CT(コンピュータ断層撮影)検査とMRI(磁気共鳴画像)検査 MRI検査 CT(コンピュータ断層撮影)検査とMRI(磁気共鳴画像)検査 筋骨格系の病気は、病歴と身体診察の結果に基づいて診断することがよくあります。医師が診断を下したり確定したりするのを助けるために、臨床検査、画像検査、またはその他の診断方法が必要になることがあります。 臨床検査は、筋骨格系の病気の診断にしばしば役立ちます。例えば、赤血球沈降速度(赤沈)は、血液を試験管に入れたときに赤血球が沈む速度を測定する... さらに読む CT(コンピュータ断層撮影)検査とMRI(磁気共鳴画像)検査 で、しばしば腫瘍の正確な位置や大きさが分かり、その性質に関する情報も得ることができます。しかし、通常はこれらの検査で診断を確定することはできません。

がんの可能性が高い場合、通常は、診断のために生検が必要となります。腫瘍に応じて次の3種類の生検が行われます。

  • 吸引生検

  • コア生検

  • 直視下生検

多くの腫瘍に対して生検を行うことが可能です。

吸引生検では、腫瘍に針を刺して一部の細胞を吸引します。しかし、針が非常に細いために、すぐ隣にがん細胞があっても、正常な細胞しか採取できずにがん細胞の採取に失敗することがあります。

より多くの細胞を吸引し検査するために、太い針を用いたコア生検がしばしば行われます。ときとして、直視下生検が必要になることがあります。

直視下生検は外科手術です。この手術では、深部の組織まで皮膚を切り開き、診断のために十分なサンプルを採取します。この手術と同時に、腫瘍を治療する手術を行うこともあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP