Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

反応性関節炎

執筆者:

Apostolos Kontzias

, MD, Stony Brook University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

反応性関節炎(以前はライター症候群と呼ばれていた)は、脊椎関節炎の1つで、関節や関節の腱付着部の炎症を引き起こします。しばしば感染に関連しています。

  • 関節の痛みと炎症が、感染(通常は泌尿生殖器か消化管の感染)に反応して起こることがあります。

  • 腱の炎症、発疹、眼の充血もよくみられます。

  • 診断は症状に基づいて下されます。

  • 非ステロイド系抗炎症薬、サラゾスルファピリジンと、ときに免疫系を抑制する薬(アザチオプリンやメトトレキサートなど)が症状の治療に役立つことがあります。

反応性関節炎は、脊椎関節炎の一種です。

反応性関節炎は、関節の炎症が、消化管や性器や泌尿器(泌尿生殖器)から生じている感染に対する反応のように見えるため、そう呼ばれています。

反応性関節炎には、次の2つの一般的な型があります。

こうした感染症の患者のほとんどは、反応性関節炎を発症しません。これらの感染症を患った後に反応性関節炎を発症する患者は、このタイプの反応を起こす遺伝的素因をもっており、強直性脊椎炎の患者で認められるものと同じHLA-B27遺伝子が部分的に関連していると考えられています。クラジミア属やときにその他の細菌が、実際に関節に広がることを示す証拠がいくつかありますが、感染症とそれに対する免疫反応の役割は明らかになっていません。

反応性関節炎には、結膜の炎症や粘膜(口や性器の粘膜など)の炎症、特徴的な発疹が伴うことがあります。反応性関節炎のこの病態は、以前はライター症候群と呼ばれていました。

症状

関節の痛みと炎症は、軽いことも重いこともあります。特に膝関節、足の指の関節、腱が骨に付着している部位(例えばかかと)など、いくつかの関節が通常、同時に侵されます。しばしば、脚の大きな関節が最も強く影響を受けます。しばしば、反応性関節炎は、関節リウマチと比べて左右非対称に関節を侵します。腱が炎症を起こし痛むことがあります。背中が痛むことがあります(普通は重い反応性関節炎の場合)。その他の症状には、微熱、体重減少、過度の疲労があります。

尿道(膀胱から体外に流れ出る尿が通過する管)の炎症(尿道炎)が起こることがあり、通常は、感染(性的接触やときに下痢)から約7~14日後にみられます。

  • 男性では、尿道の炎症によって、陰茎に中等度の痛みが生じ、陰茎からの分泌物や陰茎亀頭の小さな、通常は痛みのないびらんの発疹(連環状亀頭炎)が現れます。前立腺が炎症を起こし痛むことがあります。

  • 女性では、性器や泌尿器の症状が発症しても通常は軽度であり、少量のおりものや排尿時の不快感がみられます。

結膜(まぶたの裏側と眼球を覆っている膜)が充血して炎症を起こすことがあり、かゆみ、焼けつくような感じ、光に対する過敏や、ときに痛みを引き起こし、過剰に涙が出ることもあります。

口の中と舌に、小さなびらんが生じることがあり、通常は痛みがありませんが、ときに圧痛があります。ときに皮膚(特に手のひらや足の裏、爪の周囲)に、特徴的な硬い肥厚した斑点の発疹(膿漏性角化症)が生じることがあります。

まれに、心臓や血管の合併症(例えば大動脈の炎症)、肺を覆う膜の炎症、大動脈弁の機能障害、脳や脊髄の症状または末梢神経系(脳と脊髄以外のすべての神経を含む)の症状が現れることがあります。

診断

  • 医師による評価

  • X線検査

関節症状とそれに先行する感染症がともにある場合(特に性器、泌尿器、皮膚、眼の症状がある場合)、医師は反応性関節炎を疑います。これらの症状は、同時には現れないことがあるため、数カ月間、診断されないことがあります。

反応性関節炎の診断を確定する簡単な臨床検査はありませんが、関節の状態を評価するために、ときにX線検査が行われることもあります。同様の症状が現れる他の病気を否定するために、検査を行うことがあります。

予後(経過の見通し)

ほとんどの患者では、反応性関節炎の最初の症状は3カ月か4カ月でなくなりますが、最大50%の患者で関節炎やその他の症状が数年間にわたって再発します。

症状が長引いたり、頻繁に再発したりすると、関節、脊椎、脊椎と寛骨(骨盤の骨)の間の関節(仙腸関節)に、変形が生じることがあります。反応性関節炎の患者の一部には、永続的な障害が生じることがあります。

治療

  • 非ステロイド系抗炎症薬

  • ときに抗菌薬、サラゾスルファピリジン、アザチオプリンかメトトレキサート、またはこれらの組合せ

  • ときにコルチコステロイドの注射

  • 理学療法

反応性関節炎が性器や尿路の感染によって生じた場合は、抗菌薬が投与されますが、必ずしもこの治療によって関節炎が軽減するとは限らず、また最適な投与期間は不明です。

関節の炎症は、通常、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)で治療します。関節リウマチのように、サラゾスルファピリジンや免疫の働きを抑制する薬(例えばアザチオプリンやメトトレキサート)が使用されることがあります。

症状を緩和するために、コルチコステロイドを重度の炎症を起こしている関節や炎症を起こしている腱に注射することもあります。

理学療法は、回復期に関節可動性を維持するのに役立ちます。

通常、結膜炎や皮膚のびらんに対しては、治療の必要はありませんが、眼の炎症(ぶどう膜炎)が強ければ、コルチコステロイドや散瞳薬の点眼が必要になることがあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP