honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

足根管症候群

(後脛骨神経痛)

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

足根管症候群は、かかとと足の裏を支配する神経(後脛骨神経)が圧迫されるか損傷することによって、足首、足、ときに足の指の痛みが起こる状態です。

  • 症状は、歩いたり、特定の靴を履いたりしたときに起こる焼けつくような痛みや、チクチクする痛みなどです。

  • 診断は、足の診察結果と、ときに神経伝導検査の結果に基づいて下されます。

  • 痛みを和らげるために、コルチコステロイドの注射や装具、ときに手術が必要です。

足の問題の概要も参照のこと。)

後脛骨神経は、ふくらはぎの後ろを下っていき、かかとの近くの線維性の管(足根管)を通り、足の裏へと到っています。足根管の周囲の組織が炎症を起こすと、組織が腫れて神経を圧迫し(神経圧迫)、痛みが生じることがあります。

足根管症候群の原因や一因となりうる病気には、骨折、心不全腎不全による足首のむくみ、甲状腺機能低下症(甲状腺の活動が不十分になった状態)などがあります。また、痛風関節リウマチなどの病気も、足首の関節の炎症を引き起こします。足の向きが悪いと、足首があまりにも内側に回転して、足根管の中の神経に負荷がかかる場合に、原因の一部になることがあります。

症状

足根管症候群で最も多くみられる症状は痛みで、通常は、焼けつくような、またはチクチクするような性質のもので、立ったり、歩いたり、特定の種類の靴を履いたりすると生じます。足首の周辺(普通は内側)に生じ、つま先へと広がる痛みが、通常は歩くと悪化し、安静にすると軽減します。病気が進行すると、安静にしているときも痛むことがあります。

診断

  • 医師による足の診察

  • ときに神経伝導検査

足根管症候群を診断するために、医師は身体診察の際に、患部の足に操作を加えます。例えば、足首の骨のすぐ下の、損傷や圧迫が起きている部分を軽くたたくと、チクチクする感覚が起こることが多く(ティネル徴候と呼ばれます)、この感覚はかかと、足のアーチ、またはつま先へと広がります。

神経伝導検査は、損傷の原因や程度を判断するのに有用なことがあります(特に足の手術を考慮している場合)。

治療

  • コルチコステロイドの注射

  • 装具

  • ときに手術

コルチコステロイドと麻酔薬の混合液を患部に注射すると、痛みが緩和されることがあります。

その他の治療としては、足に包帯を巻き特別に作った器具(装具)を靴の中に入れる方法などがあります。

他の治療で痛みが軽減されないときは、神経の圧迫を取り除く手術が必要な場合があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP