Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

足の問題の概要

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

足の問題の一部は、例えば、足のけがで起こるように足自体から始まります。問題は、足のあらゆる骨、関節、筋肉、腱、靱帯に起こります。

足と足首の骨折が、かなり多くみられます。

他には、糖尿病痛風、その他の関節炎など、体のいろいろな部位に影響を及ぼす病気が原因で起こる問題もあります。

足の爪に変色がみられる場合は、真菌感染症など特定の病気が原因である可能性があるため、必ず医師の診察を受ける必要があります。

糖尿病、または末梢動脈疾患(血液を脚、腕、場合によっては内臓へ運ぶ動脈が狭くなる)のある人は、足に感染症、または潰瘍の徴候がないかどうか毎日チェックし、少なくとも年に2回は医師や足の専門医に診察してもらうべきです( フットケアを参照)。

加齢に関連する注意点:高齢者における足の問題

加齢に伴い、足には以下の通り多くの変化が現れます。

  • 高齢者では、一般的に足の毛が少なくなります。

  • 点状や斑状に茶色に変色(色素沈着)することがあります。

  • 皮膚が乾燥することがあります。

  • 足の爪が厚くなって曲がることがよくあります。

  • 爪の真菌感染症がよく発生します。

  • 足の大きさが変化することがあります。

靱帯や関節が変化することで、足の長さや幅が実際に大きくなることがあります。このような変化がみられた人は、大きめの靴を履かなければならないことがあります。そのため、定期的に、または新しい靴を買うときは、足の大きさを測るべきです。

また、足には、長期間足に合わない靴を履き続けていたことによる損傷も起こります。

icon

治療

  • 履物の変更と装具の使用

  • 麻酔薬かコルチコステロイド、またはその両方の注射

  • ときに手術

足の病気の多くでは、別の靴を履いたり、靴の中に入れて足の位置や可動域を変える足底板や、その他の器具(装具と呼ばれる)を使用して患部の関節や痛む部位にかかる圧力を軽減するなど、患者の履物に変化を加える治療が有効です。

麻酔薬を患部の関節や痛む部位に注射すると、しばしば痛みが和らぎ、筋けいれんが軽減し、関節を動かしやすくなり、また、炎症を抑えるためにコルチコステロイドも注射することもあります。

これらの治療で効果が認められなければ、ときには、手術によって関節のずれや機能を改善し、痛みを軽減する必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP