Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

関節痛:単一の関節

(単関節痛)

執筆者:

Alexandra Villa-Forte

, MD, MPH, Cleveland Clinic

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

1つの関節だけに起こる痛みは、単関節痛と呼ばれます。関節が痛む(関節痛)だけの場合と、炎症(関節炎)を伴う場合があります。関節炎は通常、熱感、腫れと、まれに患部上の皮膚の発赤を引き起こします。痛みが、関節を動かすときにのみ起こる場合と、安静にしているときも痛む場合があります。関節内に体液がたまります(液貯留と呼ばれます)。

関節で生じていると思われる痛みは、ときとして靱帯や腱、筋肉など、関節外の構造から発生していることがあります(筋骨格系の生物学に関する序を参照)。滑液包炎腱炎ねんざ、筋挫傷がその例です。こうした病気によって起こる痛みは通常、真の関節痛とはみなされません。

原因

単一の関節での関節炎の一般的な原因としては、感染性関節炎痛風とそれに関連する病気、変形性関節症などがあります。関節痛は、自己免疫疾患や全身性の感染症など、体の他の臓器を侵す病気の初期症状の場合があります。一部の自己免疫疾患の症状には発熱、口内炎、発疹があります。1つの関節で発生する痛みは、やがて多くの関節を侵す病気の初期症状であることもあります( 関節痛:多数の関節を参照)。

一般的な原因

どの年齢でも、単一の関節が突然痛む原因として最も多いのは、けが、感染症、関節内の結晶(しばしば結晶誘発性関節炎と呼ばれます)です。

若い成人において、最も一般的な原因は以下のものです。

  • けが(最も一般的)

  • 感染症(全身または血液中に広がった淋菌感染症[播種性淋菌感染症]が原因であることが多く、特に関節に熱感と腫れがある場合に多い)

  • 炎症(例えば痛風関節リウマチなどが原因)

高齢者でけがをしていない場合、最も一般的な原因は以下のものです。

どの年齢層でも、最も危険な原因は急性の感染性関節炎です。感染性関節炎は、数時間以内に関節内の構造を損傷することがあり、それが永続的な関節炎に至ることがあります。速やかな治療によって、永続的な損傷を最小限に抑え、敗血症と死亡を防ぐことができます。

単一の関節の痛みの一般的な原因を、単一の関節における痛みの主な原因と特徴の表に示します。

あまり一般的でない原因

単一の関節の痛みのあまり一般的でない原因としては、血液の供給が乏しいために近くの骨が部分的に破壊される(骨壊死)、関節の腫瘍色素性絨毛結節性滑膜炎など)、関節内の出血(関節血症)、通常は複数の関節に痛みを引き起こす病気(反応性関節炎など)などがあります。

評価

以下では、どのようなときに医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

単一の関節に痛みがある場合、特定の症状や特徴があれば注意が必要で、すぐに治療しなければならない可能性が高くなります。具体的には以下のものがあります。

  • 突然の痛み、またはひどい痛み

  • 関節の発赤、熱感、腫れ、動きの制限

  • 発熱

  • 関節付近の皮膚に破れ、発赤、熱感、または圧痛がある

  • 出血性疾患がある、抗凝固薬(例えばワルファリンなどの「血液をサラサラにする薬」)を使用している、血液のヘモグロビンの異常(鎌状赤血球症など)がある

  • 関節痛以外の突然の病気の徴候

  • 性感染症の可能性(例えば新しいパートナーとの無防備な性行為)

受診のタイミング

警戒すべき徴候がみられる人は、直ちに医師の診察を受ける必要があります。結晶誘発性関節炎、関節血症、感染性関節炎など、特定の病気では、治療開始が早ければ、より迅速かつ完璧に症状を治療しやすくなります。警戒すべき徴候がない場合、特に痛みの原因が分かっており(例えば、変形性関節症にかかっている1つの関節で典型的な痛みを繰り返す場合や、軽いけがの後に痛みが起こる場合)、症状が軽い場合は、受診するのを何日か待って症状がなくならないか様子を見ることもできます。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、痛みの原因と必要になる検査を推測することができます(表「単一の関節における痛みの主な原因と特徴」を参照)。

病歴聴取では、医師は以下のことについて質問します。

  • いつ痛みが始まったか、どんな経過をたどったか、痛みの場所、痛みの強さ

  • 痛みを軽減したり、悪化させたりするものは何か(例えば、動かすこと、体重の負荷がかかる運動、安静)

  • 過去のけがや過去の関節痛

  • 他の関節の症状(例えば腫れ)

  • 性感染症やライム病の危険因子

  • すでに分かっている病気、特に関節痛を引き起こしたり、その一因になったりする可能性があるもの(例えば変形性関節症、痛風、鎌状赤血球症)

身体診察では、関節に焦点を合わせ、炎症の徴候(腫れ、熱感、まれに発赤など)、圧痛、動きの制限、関節が動くときに発生する音(捻髪音と呼ばれます)がないか確認します。医師は患部の関節と、その対になっている体の反対側の健康な関節とを比べ、どんな小さな変化でも発見しようとします。また、体の他の部分、特に皮膚や性器に、感染症の徴候がないか探します。

以下のように、病歴と診察で得られた所見には、関節痛の原因の手がかりとなるものがあります。

  • 診察結果に基づき、医師は通常、痛みの発生源が関節なのかその近くの構造なのかを判別できます。例えば、関節の1つの側面だけに異常があるように考えられる場合は、痛みの発生源はおそらく関節外にあります。

  • 診察結果に基づき、医師は通常、関節の中に体液があるかどうかを判別できます。

  • 数時間かけて発生する炎症は、特に同じような症状が過去に起こっている場合、通常は結晶誘発性関節炎が原因です。感染性関節炎も急性関節炎の主な原因です。

  • 発熱は、ほとんどの場合は感染性関節炎か結晶誘発性関節炎が原因です。

icon

単一の関節における痛みの主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

結晶誘発性関節炎(痛風と、ピロリン酸カルシウム関節炎[以前は偽痛風と呼ばれていた]など痛風に関連する病気)

突然のひどい痛み、腫れ、熱感、可動域の減少、特に足の親指、足首、手首、膝にみられる

ときとして皮膚の発赤を伴う

多くの場合、過去に類似した痛みの発作があり、治療の有無にかかわらず解消している

結晶がないか探すための関節液の吸引と検査(関節穿刺)

関節血症(関節内の出血)

症状は自然発生することもけがの直後に発生することもある

通常は、最近けがをした人や出血性疾患の患者にみられる

関節液の吸引と検査(関節穿刺)

ときとしてCTまたはMRI検査

感染性関節炎(例えば、細菌や真菌、ウイルスによる感染症や、結核)

突然のひどい痛み、腫れ、熱感、可動域の減少

痛みと腫れが徐々に起こることもある

関節液の吸引と検査(関節穿刺)

けが、例えば骨折や関節の動きを妨げる関節内の異常(膝の半月板断裂による軟骨の異常など)

受傷してすぐに症状が始まる

しばしば腫れる

X線検査

ときにMRI検査

ときとして関節に内視鏡を挿入する(関節鏡検査)

1つの関節で突然起こる痛みで、別の関節に移動することがある

通常は、全身の痛み、発熱、激しい疲労

通常、中心がはっきりした赤い斑を伴う発疹が出て数日から数週間後に始まる

しばしばダニにかまれた後に生じる(かまれても気づかないことがある)

ライム病の原因菌であるライム病ボレリア Borrelia burgdorferiに対する抗体を調べるための血液検査

徐々に悪化していく痛みが、高齢者や、患部の関節に頻繁に負荷がかかっている若い人(例えば、肉体労働や衝撃の強いスポーツを行うなど)でみられる

X線検査

コルチコステロイドを服用している人や鎌状赤血球症の患者でみられる関節痛

X線検査に加えてMRI検査

単一の関節の痛み、通常は腫れがある

通常は乾癬患者と分かっている人にみられる

最初に発生したときに関節液の吸引と検査

ときとしてX線検査

通常は腫れを伴う、徐々に悪化していく関節の痛み

夜に痛むことが多い

X線検査とMRI検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

まれな原因です。

感染性関節炎は、免疫機能が低下している人(病気や薬による)、静脈内に注射する薬を使用している人、糖尿病患者、性感染症のリスクが高い人では起こる頻度が高くなっています。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。

検査

検査が必要かどうかは、病歴聴取と身体診察の結果によって決まりますが、警戒すべき徴候の有無が特に重要になります。

以下の検査を行うことがあります。

  • 関節液の検査

  • X線検査などの画像検査

  • ときに血液検査

関節が腫れている場合は通常、関節内の貯留液を検査します。医師は、関節から貯留液を採取しますが、まずは患部を消毒液で殺菌し、次に麻酔薬で皮膚を麻痺させます。その後関節に針を入れ、関節液を吸引します(関節穿刺と呼ばれる処置)。この処置では、痛みはほとんど、またはまったくありません。通常は関節液の検査が行われ、特に感染症の原因となる細菌の有無を調べ、また痛風とそれに関連する病気を引き起こす結晶がないか顕微鏡で調べます。関節痛の原因が明らかな場合、例えばけがの後に痛みが起こる場合や変形性関節症などの慢性の関節疾患がある関節で繰り返し関節液がたまる場合は、関節液を検査しないことがあります。

X線検査を行うことがありますが、急性関節炎の患者では通常必要ありません。X線検査では、軟部組織や軟骨の異常は示されません。X線検査は、骨折の診断と、ときとして骨腫瘍または骨壊死の診断にとても役立ちます。

MRI(磁気共鳴画像)検査CT(コンピュータ断層撮影)検査であれば、骨、関節、腱、筋肉の異常をX線検査よりも詳しく描出できます。そのため、X線検査で明らかにならない可能性がある骨と関節の異常の診断には、MRIかCTが用いられます(例えば、小さすぎてX線検査では見えない股関節骨折)。MRI検査は、例えば肩腱板の異常や、膝の靱帯や半月板の異常など、特定の軟部組織の異常の診断に用いられます。

ときとして血液検査が必要であり、例えばライム病を診断したり、否定したりする目的で行われます。

治療

関節痛を和らげるのに最も効果的な方法は、痛みを引き起こしている病気を治療することです。例えば、感染性関節炎を治療するために抗菌薬を投与することがあります。骨折している骨は、固定しなければならないことがあります(例えば、ギプスで固定するなど)。

原因にかかわらず、関節の炎症を緩和するために薬を用いることもできます。このような薬には、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)や、非常に強い炎症に対してときに用いるコルチコステロイドなどがあります。炎症を伴わない関節痛は、原因にかかわらずNSAIDで緩和できますが、ほとんどの人ではアセトアミノフェンが同じくらい効果的で、NSAIDよりも安全な傾向があります。

副子やつり包帯で関節を固定することが、痛みを緩和するための一時的な方法として有用なことがあります。けがが発生した直後の治療としては、患部を冷やすこと(例えば氷を当てるなど)が最良で、これは関節の炎症による痛みを和らげるために用いることができます。温熱パッドなどで患部を温めると、関節の周りにある筋肉のけいれんが和らぎ、痛みが軽減することがあります。ただし、極端な熱や低温からは皮膚を保護しなければなりません。例えば、氷はゴム製のアイスバッグやビニール袋に入れてタオルで包み、直接皮膚には当てないようにします。また、温めたり冷やしたりするためのものは、温度が十分な深さに到達して最も痛みや炎症が強い組織に影響を及ぼすようにするため、1回に最低15分は当てるようにします。

ひどい痛みが軽減した後に、可動域を回復または維持し、周囲の筋肉を強化するために、理学療法を行うよう医師が推奨することがあります。

要点

  • 高齢者でみられる単一の関節の痛みで最も多い原因は、変形性関節症または痛風です。

  • 若い成人または青年でみられる単一の関節の痛みは、淋菌感染症などの性感染症が原因で生じることがあります。

  • 関節に突然痛みと腫れが起きた人は、感染性関節炎があった場合に速やかに治療できるように、できるだけ速やかに医師の診察を受ける必要があります。

  • 通常、腫れのある関節からは関節液を吸引し、感染と結晶の有無について検査します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP