Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

運動障害

執筆者:

Alexandra Villa-Forte

, MD, MPH, Cleveland Clinic

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

体の全体または一部を動かすのが、困難になることがあります。

原因

関節の動きを制限する病気や、筋力低下、こわばり振戦、動作の開始困難を引き起こす病気(例えばパーキンソン病)のために、動作が困難になることがあります。また、動かすと痛みが出る場合にも動きが制限されます。筋肉や靱帯、骨、関節(筋骨格系の生物学に関する序を参照)に痛みがある人は、意識的にも、無意識的にも動きを制限する傾向があります。こうして動きが制限されると、神経系や筋肉に動作を起こす能力があるにもかかわらず、筋力低下を起こしている印象を与えることがよくあります。

関節の病気

関節は、次の理由から可動域が制限されることがあります。

  • 痛み

  • 過去の関節のけがによって、かなりの瘢痕組織ができている

  • 関節を長期間動かせない状態(例えば、脳卒中によって腕が麻痺した場合や、つり包帯で腕をつっていた場合)によって、腱が短くなっている

  • 関節炎や急性外傷によって、関節に体液が蓄積している(関節が固まった感覚がします)

  • けが(一般的には膝のけが)で断裂した軟骨の破片が関節の動きを妨げている

筋力低下

多くの人が、疲れたときや体が弱ったときに筋力低下を訴えますが、真の筋力低下とは、本人が、最大限に力を入れても筋肉の正常な強い収縮が起こらない状態をいいます。随意筋が正常に収縮するためには、脳が信号を出し、その信号が脊髄と神経を伝わり、正常に機能する筋肉に届く必要があります。したがって、真の筋力低下は、神経系、筋肉、神経と筋肉をつなぐ接続部(神経筋接合部)に影響を及ぼすけがや病気の結果として起こります。

診断

  • 医師による評価

患者の症状と身体診察の結果に基づいて、医師が筋力低下を診断できる場合がよくあります。医師はまず、患者が正常な強さで筋肉を収縮できるかどうかの確認を行います。筋力が正常で、患者が関節を動かすのに困難がある場合は、患者に力を抜かせて、医師が患者の関節を動かすこと(他動運動と呼ばれます)を試します。動かすと痛む場合は、関節の炎症が問題である可能性があります。他動運動でほとんど痛みがないのにその動きが妨げられる場合は、関節の拘縮(例えば、瘢痕組織によるもの)や、神経系の病気を原因とするけい縮や硬直によるこわばりが問題である可能性があります。他動運動でほとんど痛みがなく、その動きも妨げられない場合、医師は患者に対して、可能な限り努力して動かすように促します。それでも動かすのが困難で、依然として動きで痛まない場合は、真の筋力低下の可能性があります。

治療

  • ストレッチ運動と理学療法

  • ときに手術

可動域が制限されている関節では、ストレッチ運動と理学療法で、関節の柔軟性を最大にできます。

瘢痕組織により、関節の可動域が大きく制限されている場合は、手術が必要になることがあります。

筋力低下を改善する最もよい方法は、原因となっている病気を治療することですが、理想的な薬物治療がない場合でも、理学療法がとても役立つことがしばしばあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP