Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

腱炎と腱鞘炎(腱鞘滑膜炎)

執筆者:

Joseph J. Biundo

, MD, Tulane Medical Center

医学的にレビューされた 2020年 2月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典

腱炎とは、腱の炎症です。腱鞘炎(腱鞘滑膜炎)は、腱の周りを保護している被膜(腱鞘)の炎症を伴う腱炎です。

  • 原因は必ずしも分かるわけではありません。

  • 腱が痛み、特に動かすと痛みを伴い、ときには腫れることがあります。

  • 通常、診断は症状と身体診察の結果に基づいて下されます。

  • 副子の使用、患部を温めること、または冷やすこと、非ステロイド系抗炎症薬の服用が役に立ちます。

腱は、丈夫な組織でできた線維性の索で、筋肉を骨につないでいます。腱の中には、周囲を腱鞘で覆われているものもあります。(筋肉、滑液包、腱の病気に関する序 筋肉、滑液包、腱の病気に関する序 筋肉、滑液包、腱の病気には以下のものがあります。 ベーカー嚢胞 滑液包炎 線維筋痛症 腱炎と腱鞘炎(腱鞘滑膜炎) さらに読む も参照のこと。)

腱炎の原因は、多くの場合不明です。加齢により腱が弱くなり、損傷や炎症が起こりやすくなるため、腱炎は通常、中年か高齢の人に起こります。(腱の脆弱化は、腱障害と呼ばれ、通常は長い期間をかけて、小さな断裂が数多くできた結果起こります。脆弱化した腱は、徐々にまたは突然、完全に切れてしまうことがあります。)腱炎は、激しい運動をする若い人(このような人は 肩腱板腱炎 肩腱板腱炎 腱炎とは、腱の炎症です。腱鞘炎(腱鞘滑膜炎)は、腱の周りを保護している被膜(腱鞘)の炎症を伴う腱炎です。 原因は必ずしも分かるわけではありません。 腱が痛み、特に動かすと痛みを伴い、ときには腫れることがあります。 通常、診断は症状と身体診察の結果に基づいて下されます。 副子の使用、患部を温めること、または冷やすこと、非ステロイド系抗炎症薬の服用が役に立ちます。 さらに読む を起こすことがあります— 肩腱板損傷/肩峰下滑液包炎 肩腱板損傷/肩峰下滑液包炎 肩関節内で上腕を保持している筋肉(肩腱板の筋肉)には、挟み込み(肩関節インピンジメント症候群)、炎症(腱炎)、部分的または全体的な断裂が起こることがあります。 ( スポーツ外傷の概要も参照のこと。) 腕を頭上や後ろに動かしたときに肩が痛み、腕を動かしていないのに痛むこともあります。 運動が助けになります。 肩腱板は、肩甲骨に上腕骨頭をつなぎとめる筋肉で構成されています。肩腱板は肩関節を強化し、上腕の回転を補助します。 さらに読む も参照)や、反復作業をする人にも起こります。

特定の腱は、特に炎症を起こしやすい傾向にあります。

例えば 関節リウマチ 関節リウマチ(RA) 関節リウマチは炎症性関節炎の1つで、関節(普通は手足の関節を含む)が炎症を起こし、その結果、関節に腫れと痛みが生じ、しばしば関節が破壊されます。 免疫の働きによって、関節と結合組織に損傷が生じます。 関節(典型的には腕や脚の小さな関節)が痛くなり、起床時やしばらく動かずにいた後に、60分以上持続するこわばりがみられます。 発熱、筋力低下、他の臓器の損傷が起こることもあります。... さらに読む 関節リウマチ(RA) 全身性強皮症 全身性強皮症 全身性強皮症は、皮膚、関節、内臓の変性変化と瘢痕化、および血管の異常を特徴とする、まれな慢性 自己免疫リウマチ疾患です。 全身性強皮症の原因は不明です。 指が腫れる、間欠的に指が冷たくなり青く変色する、関節が永続的に(通常は曲がった状態で)固まる(拘縮)などの症状のほか、消化器系、肺、心臓、腎臓の損傷が発生することがあります。 多くの場合、患者の血液中には自己免疫疾患に特徴的な抗体が認められます。... さらに読む 全身性強皮症 痛風 痛風 痛風は、尿酸の血中濃度が高いこと(高尿酸血症)が原因で、尿酸の結晶が関節に沈着し蓄積する病気です。結晶が蓄積することで、関節とその周辺に痛みのある炎症の発作が起きます。 尿酸結晶が蓄積すると、関節や組織に激しい痛みや炎症が断続的に起こることがあります。 痛風性関節炎の診断を確定するために、医師は関節から関節液を採取し、尿酸結晶の有無を調べ... さらに読む 痛風 糖尿病 糖尿病 糖尿病は、体がインスリンを十分に産生しないかインスリンに正常に反応しないため、血中の糖分の濃度(血糖値)が異常に高くなる病気です。 排尿が増加し、のどが渇くほか、減量しようとしていなくても体重が減少することがあります。 神経を損傷し、知覚に問題が生じます。 血管を損傷し、心臓発作、脳卒中、慢性腎臓病、視力障害のリスクが高まります。... さらに読む 反応性関節炎 反応性関節炎 反応性関節炎(以前はライター症候群と呼ばれていた)は、 脊椎関節炎の1つで、関節や関節の腱付着部の炎症を引き起こします。しばしば感染に関連しています。 関節の痛みと炎症が、感染(通常は泌尿生殖器か消化管の感染)に反応して起こることがあります。 腱の炎症、発疹、眼の充血もよくみられます。 診断は症状に基づいて下されます。 非ステロイド系抗炎症薬、サラゾスルファピリジンと、ときに免疫系を抑制する薬(アザチオプリンやメトトレキサートなど)が症... さらに読む 反応性関節炎 (以前はライター症候群と呼ばれていた)など、一部の関節疾患によって腱鞘炎のリスクが高まります。 淋菌感染症 症状 淋菌感染症(淋疾、淋病)は淋菌 Neisseria gonorrhoeaeという細菌による性感染症で、尿道、子宮頸部、直腸、のどなどの粘膜や、眼の前部を覆う膜(結膜と角膜)を侵します。 通常は性的接触により感染します。 通常は、陰茎や腟から分泌物が生じたり、頻尿になったり、急に尿意を催したりします。 まれに、淋菌が関節、皮膚、心臓に感染することもあります。 分泌物の顕微鏡検査や培養検査、DNA検査のほか、尿のDNA検査によ... さらに読む 症状 の患者、それも特に女性では、通常、淋菌が肩、手首、手の指、股関節、足首、足の組織を侵して、腱鞘炎を引き起こすことがあります。

症状

炎症を起こした腱を動かしたり、押したりすると、通常は痛みを伴います。腱の近くの関節をたとえわずかでも動かすと、腱炎の程度に応じて痛みが起こる場合があります。ときには、炎症を起こした腱やその腱鞘が腫れて、熱感が生じます。

腱炎が長く続くと、カルシウムが沈着することがあります。これは、肩関節の周囲によく起こります。痛みに加えて、肩関節にこわばりや筋力低下を感じることがあります。動かすとポキッという音がしたり、引っかかることがあります。

診断

  • 医師による評価

  • ときに画像検査

通常、医師は症状と身体診察の結果に基づいて腱炎を診断できます。

治療

  • 安静または固定、温めるか冷やす、その後運動

  • 非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)

  • ときにコルチコステロイドの注射

安静または副子やギプスによる固定、患部を 温める 温熱療法 リハビリテーション専門の療法士は、痛みと炎症を治療します。このような治療によって患者は体を動かしやすくなり、全面的に リハビリテーションに取り組めるようになります。実際には以下のような技法が用いられます。 温熱療法 寒冷療法 電気刺激 牽引 さらに読む または 冷やす 寒冷療法(凍結療法) リハビリテーション専門の療法士は、痛みと炎症を治療します。このような治療によって患者は体を動かしやすくなり、全面的に リハビリテーションに取り組めるようになります。実際には以下のような技法が用いられます。 温熱療法 寒冷療法 電気刺激 牽引 さらに読む こと(どちらでも効果のある方)が、しばしば役立ちます。高用量の NSAID 非オピオイド鎮痛薬 基礎疾患を治療することで、痛みを解消したり最小限に抑えたりできるケースがあります。例えば、骨折をギプスで固定することや、感染を起こした関節に抗菌薬を投与することは、鎮痛に役立ちます。しかし、痛みの基礎疾患が治療可能な場合でも、痛みに速やかに対処するために痛み止め(鎮痛薬)が必要になる場合もあります。 ( 痛みの概要も参照のこと。) 医師が鎮痛薬を選択する際、痛みのタイプと持続期間、それぞれの鎮痛薬の便益とリスクを考慮します。ほとんどの鎮... さらに読む を7~10日間服用すると、痛みや炎症を軽減できます。

ときには、コルチコステロイド(ベタメタゾン、メチルプレドニゾロン、トリアムシノロンなど)と麻酔薬(リドカインなど)を腱鞘に注射することがあります。まれに、この注射の数時間後に痛みが現れることがありますが、その理由は、一時的に関節内や腱鞘内にコルチコステロイドの結晶ができるためです。この痛みは24時間以内には治まり、患部を冷やしたり、鎮痛薬を用いることで治療できます。

慢性の腱炎は、 関節リウマチ 関節リウマチ(RA) 関節リウマチは炎症性関節炎の1つで、関節(普通は手足の関節を含む)が炎症を起こし、その結果、関節に腫れと痛みが生じ、しばしば関節が破壊されます。 免疫の働きによって、関節と結合組織に損傷が生じます。 関節(典型的には腕や脚の小さな関節)が痛くなり、起床時やしばらく動かずにいた後に、60分以上持続するこわばりがみられます。 発熱、筋力低下、他の臓器の損傷が起こることもあります。... さらに読む 関節リウマチ(RA) で持続的に生じることがあり、炎症を起こしている組織を手術で切除しなければならないことがあります。術後には 理学療法 理学療法 (PT) 理学療法は、 リハビリテーションの中心となるもので、運動療法と整体を行います。関節や筋肉の機能を改善し、患者がより容易に立ち、バランスをとり、歩き、階段を昇れるようにします。理学療法では以下のような訓練が行われます。 関節可動域訓練 筋肉強化運動 協調・バランス運動訓練 歩行訓練 さらに読む が必要になることもあり、手術は、ときに肩関節の周囲など、長期にわたって腱炎を起こしている部位からカルシウムの沈着物を取り除いたり腱を修復したりするために必要になることもあります。ときとして、機能を制限している瘢痕を解放したり、腱にこすれている骨の一部を切除したりするために手術が行われることがあります。

肩腱板腱炎

肩関節を動かし、回旋し、一定の位置に保持する筋肉の腱(肩腱板)に、腱炎が起こることがあります。

肩腱板腱炎の症状は、重いものが突然発生することもあれば(特に身体活動の後)、軽いものが徐々に出現することもあります。

腱へのカルシウムの沈着がないかを調べるために、 X線検査 単純X線検査 X線は高エネルギーの放射線で、程度の差こそあれ、ほとんどの物質を通過します。医療では、極めて低線量のX線を用いて画像を撮影し、病気の診断に役立てる一方、高線量のX線を用いてがんを治療します(放射線療法)。 X線は単純X線検査のように単独で使用することもありますが、 コンピュータ断層撮影(CT)などの他の手法と組み合わせて使用することもあります。( 画像検査の概要も参照のこと。)... さらに読む が行われます。ときに MRI(磁気共鳴画像)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査は、強力な磁場と非常に周波数の高い電磁波を用いて極めて詳細な画像を描き出す検査です。X線を使用しないため、通常はとても安全です。( 画像検査の概要も参照のこと。) 患者が横になった可動式の台が装置の中を移動し、筒状の撮影装置の中に収まります。装置の内部は狭くなっていて、強力な磁場が発生します。通常、体内の組織に含まれる陽子(原子の一部で正の電荷をもちます)は特定の配列をとっていませんが、MRI装置内で生じるよう... さらに読む MRI(磁気共鳴画像)検査 超音波検査 超音波検査 超音波検査は、周波数の高い音波(超音波)を用いて内臓などの組織の画像を描出する検査です。プローブと呼ばれる装置で電流を音波に変換し、この音波を体の組織に向けて発信すると、音波は体内の構造で跳ね返ってプローブに戻ります。これは再度、電気信号に変換されます。コンピュータが、この電気信号のパターンをさらに画像に変換してモニター上に表示するとともに、コンピュータ上のデジタル画像として記録します。X線は使用しないため、超音波検査で放射線にさらされ... さらに読む 超音波検査 が役立ちます。

治療としては、 関節可動域の訓練 関節可動域訓練 理学療法は、 リハビリテーションの中心となるもので、運動療法と整体を行います。関節や筋肉の機能を改善し、患者がより容易に立ち、バランスをとり、歩き、階段を昇れるようにします。理学療法では以下のような訓練が行われます。 関節可動域訓練 筋肉強化運動 協調・バランス運動訓練 歩行訓練 さらに読む 非ステロイド系抗炎症薬 非オピオイド鎮痛薬 基礎疾患を治療することで、痛みを解消したり最小限に抑えたりできるケースがあります。例えば、骨折をギプスで固定することや、感染を起こした関節に抗菌薬を投与することは、鎮痛に役立ちます。しかし、痛みの基礎疾患が治療可能な場合でも、痛みに速やかに対処するために痛み止め(鎮痛薬)が必要になる場合もあります。 ( 痛みの概要も参照のこと。) 医師が鎮痛薬を選択する際、痛みのタイプと持続期間、それぞれの鎮痛薬の便益とリスクを考慮します。ほとんどの鎮... さらに読む (NSAID)の投与を行い、ときにはコルチコステロイドの注射を行います。まれに、カルシウムの沈着を取り除いたり、腱が断裂している場合は修復したりするために手術が行われることもあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP