Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ベーカー嚢胞

(ベーカー嚢腫;膝窩嚢胞)

執筆者:

Joseph J. Biundo

, MD, Tulane Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ベーカー嚢胞は、膝の裏側の関節包の延長部分にできる、関節液(滑液)で満たされた小さな袋です。

も参照のこと。)

ベーカー嚢胞は、関節液がたまって、膝の裏側の関節包から袋状に突出した結果生じます。関節液がたまる原因には、関節リウマチ変形性関節症、膝の使いすぎなどがあります。ベーカー嚢胞があると、しばしば膝の裏側に不快感が起こります。この嚢胞は、野球のボールほどの大きさになって、下の方に広がりふくらはぎの筋肉に入り込むこともあります。

嚢胞の中の液の量が急速に増えて内圧が高まると破裂することがあります。嚢胞から漏れ出た液によって周囲の組織が炎症を起こすことがあり、その結果、ふくらはぎの血栓に類似した症状が生じます(深部静脈血栓症[DVT])。さらに、ベーカー嚢胞の膨らみや破裂したベーカー嚢胞がまれに、膝の後ろを通っている膝窩静脈を圧迫するために、その静脈に実際に血栓性静脈炎を引き起こすことがあります。

診断

  • 医師による評価

  • ときに画像検査

通常、医師は、症状に関する具体的な質問を行い、膝の裏やふくらはぎの腫れに触れることによってベーカー嚢胞を診断することができます。

必要であれば、超音波検査MRI検査関節造影検査が診断に役立ち、嚢胞を深部静脈の血栓(DVT)と区別し、嚢胞の広がりを記録することができます。

治療

  • 関節穿刺とコルチコステロイドの注射

  • ときに、手術による嚢胞の摘出

  • 嚢胞が破裂した場合、痛み止め

関節炎による慢性の膝関節の腫れがあれば、ベーカー嚢胞を小さくしたり形成を予防したりするために、医師は針を刺して滑液を抜き(関節穿刺と呼ばれる処置)、長時間作用型コルチコステロイド(トリアムシノロンアセトニドなど)を注射することが必要になる場合もあります。他の治療法で効果がなければ、代わりに手術で嚢胞を切除します。

嚢胞が破裂した場合は、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)や、NSAIDが使用できない場合は別の痛み止めで痛みを治療します。嚢胞が破裂して膝窩静脈に血栓性静脈炎が起こった場合は、治療としては床上で安静にし、患部の脚を高い位置に上げ、患部を温め、抗凝固薬(ワルファリンなど)を投与します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP