Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

成人のせき

執筆者:

Noah Lechtzin

, MD, MHS, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

せきは、突然、肺から空気が強制的に排出されることです。せきは、医療機関を受診する理由として最も多いものの1つです。せきには、気道から異物を取り除く働きがあり、人はせきをすることで、吸い込んだ粒子から肺を守っています。人は意図的(自発的)にせきをすることもあれば、せきが自然(非自発的)に出ることもあります。(小児のせきも参照のこと。)

せきには様々な種類があります。せきは単独で出ることもあれば(乾性)、血やたんを伴うこともあり(湿性)、たんを伴うことを特に粘液分泌過多と呼ぶこともあります。たんは、粘液、壊死組織片、細胞などの混合物が肺によって吐き出されたものです。透明なこともあれば、黄色や緑色のこともあり、血がすじ状に混ざっていることもあります。

非常に激しいせきをすると、肋骨の筋肉や軟骨を痛めて、胸部に痛みが生じることがあり、この場合特に息を吸い込んだり、動いたり、再びせきをしたときに強く痛みます。せきは非常につらく、眠りの妨げとなることもあります。しかし、喫煙者にみられるように、数十年にもわたってせきの回数がゆっくりと増えている場合は、それにほとんど気がつかないこともあります。

原因

気道が刺激されると、せきが出ます。せきの原因として可能性が高いものは、せきの持続が3週間未満(急性)か3週間以上(慢性)かによって異なります。

一般的な原因

急性のせきで、最も一般的な原因としては以下のものがあります。

慢性のせきで、最も一般的な原因としては以下のものがあります。

あまり一般的でない原因

急性のせきで、あまり一般的でない原因としては、以下のものがあります。

  • 肺内の血栓(肺塞栓症

  • 異物(食べもののかけらなど)の吸入(誤嚥)

ただし、誤って何かを吸い込んでしまった人は通常、なぜ自分がせきをしているのか分かっており、認知症、脳卒中などのほか、記憶や認知、コミュニケーションが困難になる病気がある場合を除いて、せきの理由を主治医に伝えることができます。

慢性のせきで、あまり一般的でない原因としては、以下のものがあります。

  • アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬と呼ばれる血圧の薬の使用( 降圧薬

  • 肺の真菌感染症

認知症や脳卒中のある人では、ものを飲み込むことがしばしば困難になります。その結果、少量の食べものや飲みもの、唾液、胃内容物を気管に誤って吸い込んでしまうことがあります。こうした人々は、介護する人が気づかないうちに、少量の異物を繰り返し吸い込み、慢性的なせきをきたすことがあります。

喘息もせきの原因となります。まれに、喘息の主症状が喘鳴ではなくせきである場合もあります。このタイプの喘息をせき喘息と呼びます。

評価

すべてのせきが、医師による即座の診察を必要とするわけではありません。以下では、医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

せきがみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 息切れ

  • 喀血

  • 体重減少

  • およそ1週間以上続く発熱

  • 結核の危険因子(例えば、結核への曝露、HIVに感染している、またはコルチコステロイドなどの免疫系を抑制する薬を服用しているなど)

  • HIV感染症の危険因子(例えば、リスクの高い性行為または違法薬物の注射など)

受診のタイミング

警戒すべき徴候がみられる人は、直ちに医師の診察を受ける必要がありますが、警戒すべき徴候が体重減少だけの場合は例外です。その場合、1週間程度の遅れは問題になりません。何かを吸い込んだ可能性がある場合も、直ちに病院を受診する必要があります。

急性のせきがある人で警戒すべき徴候がない場合は、数日間様子を見てもよく、特に鼻づまりやのどの痛みがある場合は、原因として上気道感染症が疑われるため、せきが止まるか軽快するのを待ってもよいでしょう。

慢性のせきがある人で警戒すべき徴候がない場合は、頃合いを見て病院を受診する必要がありますが、1週間程度の遅れが問題になる可能性は低いです。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、せきの原因と必要になる検査を推測することができます( せきの主な原因と特徴)。

明らかな所見の中には、せきの原因となる複数の病気でみられることがあるため、あまり診断に役立たないものもあります。例えば、たんの色が黄色か緑か、または粘り気があるかないかは、細菌性感染症とその他の原因との区別には役立ちません。喘鳴は気管支炎、喘息、またはその他の病気でもみられることがあります。血を伴うせきは、気管支炎、結核、または肺がんのいずれでもみられる可能性があります。

icon

せきの主な原因と特徴

原因*

一般的な特徴*

検査

急性(3週間未満の持続)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪

喘鳴、息切れ、口をすぼめた呼吸

せきにはしばしばたんを伴う

すでにCOPDと診断されている人にみられる

医師の診察

ときに胸部X線検査と肺がどれぐらい機能しているかをみる検査(肺機能検査

異物

コミュニケーション、飲み込み、またはその両方に支障をきたす病気のある人が、突然せき込む

上気道感染症の症状がない

その他の点では健康な人

胸部X線検査

横になったとき、または眠りについて1~2時間後に悪化する息切れ

通常、聴診器で、肺の中に液体がたまっていることを示唆する音が聞こえる

通常、脚の腫れ(浮腫)

胸部X線検査

ときに血液検査を行い、心臓に負担がかかっているときに産生される脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)という物質を測定する。

ときに心エコー検査

発熱、けん怠感、たんを伴うせき(湿性咳嗽)、息切れ

突然鋭い胸痛が発生し、深く息を吸ったときに悪化する

聴診器で特定の異常な呼吸音が聞こえる

胸部X線検査

重篤な患者や病院で病気になった人には、たんと血液の培養検査

後鼻漏(アレルギー、ウイルス、または細菌による)

頭痛、のどの痛み、鼻づまり(鼻の粘膜の青白い腫れを伴う)

吐き気

のどの奥に垂れた鼻水が見えることがある

通常は医師の診察のみ

症状が改善するかを確認するため、ときに抗ヒスタミン薬や鼻閉改善薬を使用する

肺塞栓症(肺の動脈が血栓などにより突然詰まった状態)

突然鋭い胸痛が発生し、通常息を吸うときに悪化する

息切れ

心拍数と呼吸数の増加

しばしば肺塞栓症の危険因子(がん、寝たきりの人などで体を動かせない状態が続く、脚の血栓、妊娠、経口避妊薬もしくはその他のエストロゲン製剤の使用、最近の手術もしくは入院、または肺塞栓症の家族歴など)がある

特殊な肺の画像検査(CT血管造影、換気血流[V/Q]シンチグラフィー、肺動脈造影など)

上気道感染症(急性気管支炎を含む)

鼻水、鼻づまりがあり、鼻の内側の粘膜が赤い

のどの痛みと全身のけん怠感

医師の診察

慢性(3週間以上の持続)

呼吸器感染症が治癒しても残る気道の刺激感

乾いた、たんを伴わないせきが、呼吸器感染症が治癒した直後にみられる

鼻づまりものどの痛みもない

胸部X線検査

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬

乾いた、しつこく続くせき

ACE阻害薬の使用(この薬剤を使い始めて数日から数カ月以内にせきが生じる可能性がある)

症状が改善するかを確認するため、ACE阻害薬を中止する

誤嚥

飲食後の湿った音のするせき、明らかな嚥下困難、またはその両方

脳卒中や、コミュニケーションが困難になる病気(認知症など)がある人

胸部X線検査

ときに嚥下時のX線検査(嚥下造影[modified barium pharyngography])

気管支鏡検査

喘息(せき喘息)

様々な誘因(花粉やその他のアレルゲン、寒冷、または運動など)への曝露後に生じるようにみえるせき

喘鳴と息切れがみられることもある

肺機能検査

症状が改善するかを確認するため、サルブタモールなどの気管支拡張薬(気道を拡張する薬)を使用することもある

慢性気管支炎(喫煙者における)

2年以上連続し、1年のうち3カ月以上、ほぼ毎日たんを伴うせきがみられる(訳注:慢性気管支炎について、日本では、日本呼吸器学会 咳嗽に関するガイドライン第2版に『Fletcherの定義に基づいて、「慢性の咳、痰が少なくとも年に3か月以上あり、それが少なくとも連続2年以上認められ、この症状が他の肺疾患や心疾患を原因としない」と定義されている』と記載されています。)

頻繁なせき払いや息切れ

鼻づまりものどの痛みもない

COPDと診断されている人にみられる

胸部X線検査

肺がどれぐらい機能しているかを評価する検査

胸部や腹部に焼けつくような痛み(胸やけ)があり、特定の食べものを食べた後、運動中、または横になったときに悪化する傾向がある

口の中に酸味を感じる(特に起床直後)

声がれ

喘鳴

真夜中または早朝のせき

ときにせき以外の症状がない

ときに医師の診察のみ

症状が改善するかを確認するため、ときに胃酸を抑える薬(H2受容体拮抗薬またはプロトンポンプ阻害薬など)を使用する

ときに、食道や胃の中に内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器)を挿入する

ときに食道内にセンサーを留置して、酸性度(pH)を24時間モニタリングする

せき(ときに血を伴う)

体重減少、発熱、寝汗

頸部のリンパ節腫大(硬く、痛みは伴わない)

胸部X線検査

しばしば胸部CT検査

しばしば気管支鏡検査

後鼻漏(通常はアレルギーによる)

頭痛、のどの痛み、鼻づまり(鼻の粘膜の青白い腫れを伴う)

のどの奥に垂れた鼻水が見えることがある

ときに医師の診察のみ

症状が改善するかを確認するため、ときに抗ヒスタミン薬や鼻閉改善薬を使用する

ときにアレルギー検査

結核または真菌感染症

せき(ときに血を伴う)

体重減少、発熱、寝汗

結核患者への曝露

結核や肺の真菌感染症の流行地域への旅行や滞在

HIVに感染している、またはHIV感染の危険因子がある

胸部X線検査

ツベルクリン検査を行い、陽性であれば、たんの観察と培養

ときに胸部CT検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

まれな原因です。

CT = コンピュータ断層撮影

検査

検査が必要かどうかは、病歴聴取と身体診察の結果によって決まりますが、警戒すべき徴候の有無が特に重要になります。

警戒すべき徴候が1つでもあれば、通常以下のような検査を行います。

  • パルスオキシメーター(指に取り付けるセンサー)を用いた血液中の酸素レベル測定

  • 胸部X線検査

体重減少または結核もしくはHIV感染の危険因子がある場合は、ツベルクリン検査、胸部X線、ときに胸部CT(コンピュータ断層撮影)検査、たんの観察と培養(結核に対して)、血液検査(HIV感染に対して)を行うこともあります。

警戒すべき徴候がない場合、医師は検査を行わず、病歴と身体診察の結果に基づいて診断を下し、治療を開始することがよくあります。しかし、身体診察の結果から何らかの病気が疑われる場合でも、その診断を確定するために検査を行うことがあります( せきの主な原因と特徴)。

身体診察の結果からせきの原因が分からず、警戒すべき徴候もない場合、多くの医師はせきの一般的な原因である以下の2つの病気のうち、いずれかに対する治療薬を処方します。

  • 抗ヒスタミン薬/鼻閉改善薬の合剤、またはコルチコステロイドあるいはムスカリン拮抗薬の鼻腔スプレー(後鼻漏に対して)

  • プロトンポンプ阻害薬またはH2受容体拮抗薬(胃食道逆流症に対して)

これらの薬剤でせきが軽快すれば、さらなる検査は通常不要です。せきが軽快しない場合、検査結果から診断が示唆されるまで、医師は通常以下の順番で検査を行います。

  • 胸部X線検査

  • 肺機能検査により、喘息がないか確認する

  • 副鼻腔のCT検査により、副鼻腔の病気がないか確認する

  • 食道に胃酸を検出するセンサーを留置し、胃食道逆流症がないかを確認する

慢性のせきがある人に対し、医師は通常、胸部X線検査を行います。せきに血を伴う場合、医師は一般にたんのサンプルを検査室に送ります。検査室では、技師がサンプルから細菌を増殖させ(喀たん培養)、顕微鏡を用いてがん細胞がないか確認します(細胞診)。医師が肺がんを疑う場合(例えば、長期喫煙歴のある中年または高齢男性に、体重減少またはその他の全身症状がみられるとき)、しばしば胸部CT検査が行われ、ときに気管支鏡検査も行われます。

治療

せきに対しては、原因になっている基礎疾患を治療するのが最善の方法です。例えば、肺炎には抗菌薬が、COPDや喘息には気道を拡張する薬(気管支拡張薬)またはコルチコステロイドが用いられます。一般に、せきにはたんを吐き出し、気道をきれいにする重要な役割があるため、せきを抑えるべきではありません。しかし、せきがひどい場合、睡眠が妨げられる場合、特定の原因がある場合には、様々な治療が試みられます。

せきをしている人に対する治療には、基本的に次の2つのアプローチがあります。

  • せき止め薬(鎮咳薬)で、せきが出そうになる衝動を抑える

  • 去たん薬で、肺へと続く気道をふさぐ粘液を薄め、粘液をせきで吐き出しやすくする(しかしこれが有効であるという科学的根拠は少ない)

せき止め薬

せき止め薬には以下のものがあります。

  • オピオイド

  • デキストロメトルファン

  • ベンゾナテート(benzonatate

オピオイド系の薬剤は、脳のせき中枢の反応を減弱させることにより、せきを抑制します。コデインが、せきに最もよく使用されるオピオイドです。コデインや他のオピオイド系のせき止め薬は、吐き気、嘔吐、便秘を催すことがあり、依存を引き起こすこともあります。また、眠気を催すこともあり、特にアルコールを飲んだり、鎮静薬、睡眠補助薬、抗うつ薬、または特定の抗ヒスタミン薬など、集中力を低下させる他の薬剤を服用している人では注意が必要です。このように、オピオイド系の薬剤はいつも安全とは限らないため、これらの薬剤が使用されるのは、他の治療を行ってもせきが持続したり、睡眠が妨げられるといった、特殊な状況にかぎられます。

デキストロメトルファンは、 コデインとよく似ていますが、厳密にはオピオイドではありません。この薬剤も、脳のせき中枢を抑制します。デキストロメトルファンは、せきに効く多くの市販薬や処方薬に含まれている有効成分です。依存性はなく、正しく使用すれば眠気を催すことはほとんどありません。しかしながら、高用量で使用すると多幸感をもたらすことから、特に若い人の間で頻繁に乱用されます。過剰摂取すると幻覚、興奮のほか、ときに昏睡を起こすことがあります。セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれる、うつ病に対する薬を服用している人では、デキストロメトルファンの過剰摂取は特に危険です。

ベンゾナテート(benzonatateは、内服する局所麻酔薬です。この薬剤は、伸展刺激に反応する肺の受容体を麻痺させることで、せきを誘発する刺激への感受性を弱めます。

ただし一部の人、特にせきとともに大量のたんが出るような人では、こうしたせきを抑える薬の使用を制限する必要があります。

去たん薬

医師によっては去たん薬(粘液溶解薬とも呼ばれます)を勧めることがありますが、これは気管支の分泌物を薄めて軟らかくし、せきで吐き出しやすくする薬です。去たん薬はせきを抑えることはなく、こうした薬剤の有効性を示す科学的根拠はほとんどありません。最もよく使用される去たん薬は、グアイフェネシンという成分を含む市販薬です。

嚢胞性線維症の患者に、ドルナーゼ アルファ(吸入用の組換え型ヒトデオキシリボヌクレアーゼI)を用いると、慢性呼吸器感染症によって生じる膿の多い粘液を薄める効果が期待されます。この薬剤は、慢性気管支炎の患者には効果がないと考えられています。

同様に、食塩水の吸入またはアセチルシステインの吸入(長くて数日)も、異常に粘り気が強く厄介な粘液を薄めるのに役立ちます。

その他の薬剤

抗ヒスタミン薬は、気道の乾燥を招くため、鼻、のど、気管のアレルギーによるせきを除いて、せきを治療する効果はほとんどありません。気管支炎などの他の原因で生じるせきに抗ヒスタミン薬を使用すると、分泌物の粘り気が強くなり、吐き出しにくくなるため、有害なことがあります。

鼻づまりを楽にするフェニレフリンなどの鼻閉改善薬は、後鼻漏が原因のせきの緩和にのみ有用です。

その他の治療

気化器などを用いた蒸気の吸入は、一般にせきを緩和すると考えられています。ほかにもせき止めドロップなどの、局所的な治療がよく使用されますが、こうした治療が有効であることを示す確かな科学的根拠はありません。

要点

  • ほとんどのせきは、軽い呼吸器感染症または後鼻漏によるものです。

  • せきのある人で警戒すべき徴候には、息切れ、喀血、体重減少、およそ1週間以上続く発熱、HIVまたは結核感染の危険因子などがあります。

  • 診断は通常、病歴や身体診察の結果に基づいて下されます。

  • せき止め薬や去たん薬などの薬は、適切な場合にのみ使用します。例えば、せき止め薬は、せきがひどいときや、医師が勧めるときのみ使用します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP