Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肺の腫瘍の概要

執筆者:

Robert L. Keith

, MD, Division of Pulmonary Sciences and Critial Care Medicine, Department of Medicine, Eastern Colorado VA Healthcare System, University of Colorado

最終査読/改訂年月 2018年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

肺腫瘍には以下のものがあります。

たとえ良性の腫瘍でも、増殖して呼吸を妨げると問題が生じることがあるため、肺の腫瘍はすべて医学的な評価が必要です。

肺の腫瘍が良性であるか悪性であるかによって、治療法が異なります。

良性腫瘍

肺の良性腫瘍は、発生する組織によって以下のように分類できます。

  • 気管または気管支に発生するもの:過誤腫(最も一般的な肺の良性腫瘍)、気管支粘液腺腫(bronchial cystadenoma、主気管支またはより細い気管支に発生する)、筋芽細胞腫、乳頭腫

  • 肺組織に発生するもの:線維腫、過誤腫、平滑筋腫、脂肪腫、神経線維腫、神経鞘腫、硬化性血管腫

良性腫瘍は、腫瘍を構成する細胞の種類(平滑筋細胞、脂肪細胞、神経細胞など)に基づいて特定されます。過誤腫は、軟骨、脂肪、筋肉などの成熟した組織が少しずつ雑然と集まってできている独特の腫瘍です。

いくつかの肺の良性腫瘤は、肺細胞の新たな増殖(がん)ではなく、感染または免疫疾患(サルコイドーシスなど)による炎症によって引き起こされます。

良性腫瘍は、喘鳴、せき、または息切れ以外の症状を引き起こさないことが多く、これらの症状は腫瘍が気道を圧迫または閉塞したり、大きくなったりしたときに特によくみられます。

良性の肺腫瘍はほとんどの場合、胸部X線検査または他の画像検査が別の目的で行われたときに偶然診断されます。

ほとんどの良性腫瘍は治療されませんが、気道がふさがれないようにするため、手術による切除が必要になることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP