Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

表在静脈血栓症

(表在性血栓性静脈炎)

執筆者:

James D. Douketis

, MD, McMaster University

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

表在静脈血栓症は、表在静脈に炎症と血栓が生じた状態で、通常は腕や脚で起こります。

  • 静脈の上の皮膚が赤く腫れて、痛みます。

  • 医師は症状がみられる部位を診察しますが、検査は通常不要です。

  • 病気が治まるまで、必要に応じて、痛みを軽減するために鎮痛薬を使用します。

静脈系の概要も参照のこと。)

表在静脈血栓症は脚の表在静脈(皮膚の直下に存在する)に最も多く発生しますが、鼠径部(そけいぶ)や腕の表在静脈にみられることもあります。腕の表在静脈血栓症は、通常は静脈内に針を刺したことが原因で発生します。脚の表在静脈血栓症は、通常は静脈瘤が原因で発生します。しかし、静脈瘤のほとんどの患者には、血栓症は起こりません。

静脈瘤は、ごく小さな傷が原因で炎症を起こすことがあります。ほとんど炎症が起こらない深部静脈血栓症とは異なり、表在静脈血栓症では急性の炎症反応が起こり、そのため血栓(血液のかたまり)が静脈壁にしっかりと付着して剥がれにくくなります。深部静脈と違って表在静脈は筋肉に取り囲まれていないため、血栓が押し出されることはありません。これらの理由から、表在静脈血栓症では、血栓が剥がれて塞栓を起こすことはほとんどありません。

遊走性静脈炎または遊走性血栓性静脈炎は、正常な静脈に表在静脈血栓症が繰り返し起こるものです。この静脈炎がある場合、内臓のがんなど、原因になっている重篤な基礎疾患が疑われます。遊走性静脈炎と内臓のがんが同時に発生している場合は、トルソー症候群と呼ばれます。

症状

炎症が起きている領域で痛みと腫れが急速に生じます。静脈の周囲の皮膚が赤く熱っぽくなり、触れるとひどく痛みます。中の血液が凝固するため、この状態の静脈は正常な静脈や静脈瘤のように軟らかくはなく、皮膚の下に硬いコードがあるように感じられます。このような静脈は全長にわたって硬い感触がすることもあります。

診断

  • 医師の評価

表在静脈血栓症は外見から診断できます。通常、検査は必要ありませんが、表在静脈血栓症が膝より上にあり、静脈瘤のない領域に突然発生した場合は、深部静脈に血栓がないか確認するため、しばしば超音波検査を行います。

治療

  • 痛みを緩和するため、患部を温め鎮痛薬を使用する

たいていの場合、表在静脈血栓症は自然に治癒します。患部を温め、アスピリンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)などの鎮痛薬を服用すると、通常は痛みの軽減に役立ちます。

炎症は数日で治まりますが、腫れと圧痛が完全に消えるには数週間かかることもあります。早期に症状を軽減するために、局所麻酔を行って血栓を除去し、圧迫包帯を使用し、数日間巻いたままにしておくことがあります。ときに、表在静脈血栓症が非常に広範囲にある場合は、血液の凝固を抑えるため、ヘパリンやその他の抗凝固薬も投与されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP