Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

動静脈瘻

執筆者:

James D. Douketis

, MD, McMaster University

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

動静脈瘻(どうじょうみゃくろう)とは、動脈と静脈との間にできた異常な連結部分のことです。

  • まれに、大きな動静脈瘻によって血液の流れが大きく変わり、その影響を受ける腕や脚で血流量の低下による症状が現れることがあります(盗血症候群)。

  • 聴診では血液が動静脈瘻を流れる際の特有の雑音が聞こえますが、しばしば画像検査が必要になります。

  • 動静脈瘻はレーザー療法で切除または除去することができるほか、ときには動静脈瘻に特殊な物質を注入して血流を遮断する場合もあります。

静脈系の概要も参照のこと。)

正常であれば、血液は動脈から毛細血管を通って静脈に流れますが、動静脈瘻があると、血液が毛細血管を通らずに直接動脈から静脈に流れます。動静脈瘻は以下のように分類されます。

  • 先天性:出生時にすでにあるもの

  • 後天性:出生後に発生するもの

先天性動静脈瘻はまれな病気です。

後天性動静脈瘻は、互いに並行する動脈と静脈が損傷を受けることで発生します。典型的なものは、ナイフや銃弾による貫通性の損傷です。動静脈瘻はすぐに生じる場合もあれば、数時間後に生じる場合もあります。血液が周辺の組織に漏れ出している場合は、患部が急速に腫れ上がります。

治療のため意図して作られる動静脈瘻

腎臓透析などの一部の治療では、毎回静脈に針を刺す必要があります。すると繰り返し針を刺すうちに、静脈に炎症が起こり、血栓ができることがあります。最終的には瘢痕(はんこん)組織ができ、静脈が破壊されることがあります。この問題を避けるために、腕の隣接している静脈と動脈の間に動静脈瘻を意図的に形成することがあります。この処置によって静脈が拡張し、容易に針を挿入できるようになり、血液の流れを速めることができます。血液の流れが速くなれば、血栓ができにくくなります。大きな動静脈瘻とは異なり、このような意図的に作られた小さな動静脈瘻によって心臓の問題が起こることはなく、必要がなくなれば閉じることもできます。

症状

先天性の動静脈瘻が皮膚の表面付近にあると、腫れて赤みがかった青色に見えることがあります。顔面など目立つ部位にある場合は、紫色がかって見えるため、見た目を気にする人もいます。

大きな後天性の動静脈瘻を治療せずに放置すると、強い圧力によって大量の血液が動脈から静脈網に流れ込みます。静脈壁はこの強い圧力に耐えられるほど丈夫ではないため、静脈壁が伸び、静脈は拡張して膨らみ、場合によっては静脈瘤のような状態になることもあります。さらに、血液は動脈を通る正常な経路よりも、拡張して抵抗の少なくなった静脈の方を流れます。その結果、血圧が低下するほか、ときに疲労、ふらつき、まれに失神が起こります。

この血圧低下を補うため、心臓はより速く力強く血液を送り出さなければならなくなり、心臓の拍出量が大幅に増加します。増大した負荷により心臓が酷使され、最終的には心不全が起こります。動静脈瘻が大きければ大きいほど、心不全が早く発生し、息切れや脚のむくみが起こります。

まれに、大きな動静脈瘻により、影響を受ける腕や脚へ流れる血液の量が大きく変わり(盗血症候群)、しびれ、痛み、筋けいれん、青色への変色が起こることや、重度の場合には皮膚のびらんが生じることがあります。

診断

  • 画像検査、通常は超音波検査

大きな後天性の動静脈瘻の上に聴診器をあてると、機械の音のような特徴的なブランコ雑音が聞こえます。この音は機械性雑音とも呼ばれています。

診断を確定して動静脈瘻の大きさを確認するには、ドプラ超音波検査を行います。大動脈と大静脈など、より深部の血管間での動静脈瘻の診断にはMRI検査が有用です。動静脈瘻が重篤で治療が必要になった場合は、血管に造影剤を注入する血管造影を行います。造影剤(染色剤と呼ばれることもありますが正しい名称ではありません)により、動静脈瘻がX線画像上でより明確に示され、医師はこれに基づき最良の治療選択肢を選択することができます。

治療

  • 先天性動静脈瘻では、血管内治療

  • 後天性動静脈瘻では、手術

先天性動静脈瘻は、症状が現れた場合にのみ治療が必要になるのが通常です。治療が必要な場合は、通常は動脈と静脈の間の異常な連結を遮断する血管内手術を行います。この手術では、細い柔軟なチューブ(カテーテル)を用いて、異常な連結部にコイルやプラグを注入します。動静脈瘻はときに皮膚表面から見えるものより大きいこともあるため、この治療法は熟練した血管外科医が行う必要があります。眼や脳を始めとする重要臓器の近くにできた動静脈瘻は、特に治療が難しくなる可能性があります。

後天性動静脈瘻は、大きな連結部が1つだけ生じるのが通常ですので、診断後はできるだけ早急に手術により修復することができます。手術では連結部を切断し、動脈と静脈の穴を縫合して閉じます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP