Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

腕、脚、心臓、脳の動脈瘤

執筆者:

Koon K. Teo

, MBBCh, PhD, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

動脈瘤は、動脈の壁にできる膨らみ(拡張)のことです。

大動脈分枝の動脈瘤も参照のこと。)

動脈瘤はいずれの動脈でも起こる可能性がありますが、大動脈(心臓から全身に血液を送り出す太い動脈)で最もよく起こります。大動脈は体幹部にあります。動脈瘤は体幹部以外の動脈、すなわち以下の部位の動脈にも発生することがあります。

  • 脚(太ももの大腿動脈、膝の裏側の膝窩動脈)

  • 心臓(冠動脈)

  • 首(頸動脈)

  • 脳(脳動脈)

頸動脈の動脈瘤はまれです。動脈瘤は若い人よりも高齢者に多くみられます。

原因

これらの動脈瘤の多くは、出生時からみられる(先天性の)動脈壁の脆弱化か、動脈硬化(血管壁にプラークや脂肪性物質が蓄積した状態)による動脈壁の脆弱化が原因です。他には刺傷や銃創によって生じたり、ヘロインなどの薬物を娯楽目的で静脈内に注射した後、動脈壁に細菌や真菌が感染して生じたりします。動脈の感染症は体の他の部位から始まるものが多く、典型的には心臓弁で生じ、その後動脈壁に広がります。

脳動脈瘤

動脈瘤は脳動脈にも発生することがあります。脳動脈瘤が破裂すると、脳組織への出血(脳内出血)が生じ、脳卒中が起こります。脳動脈瘤は脳の近くに発生し、通常は小さいため、診断法も治療法も他の動脈瘤とは異なります。破裂していない大きな脳動脈瘤は、頭痛、瞳孔の散大、体の片側の脱力や麻痺など、脳卒中の症状を引き起こすことがあります。

脳動脈瘤の診断は、特殊なCTまたはMRI検査によって下されます。これらの特殊な検査は、CT血管造影検査またはMRアンギオグラフィー検査と呼ばれています。

感染を起こした脳動脈瘤は特に危険で、早期に治療する必要があります。診断はCT血管造影検査、血液検査(C反応性タンパク値の上昇や赤血球沈降速度の上昇など炎症のレベル上昇を示す検査)、血液培養検査(血液のサンプルを検査室で培養して微生物の増殖を調べる検査)によって下されます。

治療としては、しばしば手術による動脈瘤の修復を行います。手術による修復では、クリップで動脈瘤を閉じる処置を行います。動脈瘤が元の動脈から飛び出している場所にクリップを設置します。ときに、体への負担が少ない治療法(コイル塞栓術)を行うことも可能です。コイル塞栓術では、合成樹脂でできた柔軟な細長いチューブ(カテーテル)を太ももから動脈に挿入します。カテーテルを、体の動脈を経由して脳動脈の動脈瘤がある場所まで押し進めます。細い金属製コイルをカテーテルを通して動脈瘤の開口部から中に送り込み、それにより動脈瘤に入る血流が遮断されることで、動脈瘤は縮小します。動脈瘤が感染している場合は、抗菌薬または抗真菌薬を投与します。

症状

膝窩動脈瘤および大腿動脈瘤のほとんどは無症状です。しかし、動脈瘤の内部に血栓ができることがあります。それらの血栓が剥がれ落ちると、血流に乗って移動して下腿(脚の膝より下の部分)や足の動脈に詰まる可能性があり(塞栓)、そうなると激しい痛みとしびれが突然起こり、足が冷たく青白くなることがあります。

頸動脈瘤からの血栓が脳の動脈に詰まると、脳卒中が起こります。

心臓の動脈(冠動脈)の動脈瘤から移動してきた血栓の欠片により、心臓発作の症状(胸痛、息切れなど)が起こる可能性があります。

大動脈や脳動脈の動脈瘤とは異なり、膝窩動脈、大腿動脈、冠動脈、頸動脈の動脈瘤が破裂することはまれです。

診断

  • 画像検査

脚や腕の動脈瘤は、動脈に拍動のあるかたまりを触診して診断することがあります。診断は超音波検査やCT検査で確定できます。心臓や脳の動脈瘤では、従来の血管造影CT血管造影MRI血管造影など、他の画像検査が必要になります。

治療

  • 手術またはステントグラフトによる修復

下半身にできた動脈瘤は、大きさがその血管の正常時の太さの2倍になった時点、または症状が現れた時点で修復を行います。腕にできた動脈瘤は、その血管内で血栓ができる可能性がより高いため、通常は症状がなくてもすぐに修復します。

直径が約2.5センチメートル以上の膝窩動脈瘤の場合、通常は直視下手術か動脈瘤内にステントグラフトを挿入する処置が行われます。ステントグラフトは合成素材の中空のチューブで、壁面は弾力性のあるメッシュです。メッシュの壁は、折りたためるストローのように小さくたたむことができ、細長いワイヤーに沿って動脈内に挿入することができます。動脈を通してステントを進め、動脈瘤まで到達させます。そこでステントグラフトを開くと、安定した血流の通り道が作られます。ステントグラフトは冠動脈瘤にも使用できますが、冠動脈瘤に対しては、ときとして冠動脈バイパス術が必要になります。大腿動脈瘤や頸動脈瘤は通常、手術で修復します。

感染した動脈瘤に対しては、一般的には抗菌薬または抗真菌薬による治療が必要になり、動脈瘤の位置、大きさ、感染症による損傷の程度に応じて、手術が必要になる場合もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP